ニュース
» 2015年09月30日 11時30分 UPDATE

4.6型のコンパクトボディに2300万画素カメラを搭載――「Xperia Z5 Compact SO-02H」【画像追加】

コンパクトなボディに最先端のカメラやオーディオ機能を凝縮。華やかなイエローとピンクを含む4色で展開する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia Z5 Compact SO-02H」を、11月中旬に発売する。

photo
photo 「Xperia Z5 Compact SO-02H」。カラーはイエロー、グラファイトブラック、ホワイト、コーラルの4色

 Xperia Z5 Compactは、幅65ミリのコンパクトなボディに、4.6型のHD(720×1280ピクセル)液晶を搭載したモデル。背面のガラスはマットな質感を得られるフロスト加工を施した。側面の電源キーにはワンタッチでロックを解除できる指紋センサーを新たに搭載。カラーバリエーションはイエロー、グラファイトブラック、ホワイト、コーラルの4色。

 カメラやオーディオなど、ソニーの技術を盛り込んだ機能は、Xperia Z5と同等の進化を果たしている。

 CMOSセンサーを一新した2300万画素カメラは、0.03秒の高速オートフォーカスや、画質劣化を抑えながら最大5倍のズームが可能になった。「プレミアムおまかせオート」では、新たに彩度と明度を調整できる設定を用意した。動画撮影時の手ブレを抑える「インテリジェントアクティブモード」は、より高周波のブレを低減。広角25ミリ、有効約510万画素CMOSのインカメラも搭載する。

 オーディオ機能では、ソニー純正のヘッドセット「MDR-NC750」(ソニーストアで税別1万1800円)を利用することで、ハイレゾ音源の再生と、デジタルノイズキャンセリング機能が両立する。通常の音源をハイレゾ相当に変換する「DSEE HX」や、Bluetoothでハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質を保ったまま転送できる「LDAC」を継承している。

photo
photo
photophoto 片手にすっぽりと収まるサイズを実現している
photo Xperia Z5と同じく、光沢感を抑えたフロストガラスを採用している
photophoto 上下の側面。Micro USB端子はキャップレス防水を実現
photophoto 左側面にmicroSD+nanoSIMのスロット、右側面に指紋センサー兼電源キー、ボリュームキー、カメラキーがある

ドコモモデルとしての独自ポイントは?

 通信サービスは、キャリアアグリゲーションにより、LTEは下り最大225Mbpsの通信が可能だが、300Mbpsの通信はサポートしない。このほか、VoLTE(高音質通話とビデオコール)、おサイフケータイ、ワンセグ(視聴には付属の外付けアンテナが必要)も利用できる。フルセグとNOTTVには対応しない。

「Xperia Z5 Compact SO-02H」の主な仕様
機種名 Xperia Z5 Compact SO-02H
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8994/2.0GHz+1.5GHzオクタコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大200Gバイト)
ディスプレイ 約4.6型HD TFT液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 LTE:約1080分、3G:約700分、GSM:約640分
連続待受時間 LTE:約400時間、3G:約430時間、GSM:約360時間
バッテリー容量 2700mAh
メインカメラ 有効約2300万画素CMOS
インカメラ 有効約510万画素CMOS
ボディカラー イエロー、グラファイトブラック、ホワイト、コーラル
サイズ 約65(幅)×127(高さ)×8.9(奥行き)ミリ
重量 約138グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.