ニュース
» 2015年10月09日 19時55分 UPDATE

KDDI、iOS版「GLOBAL PASSPORTアプリ」の機能を拡充 海外旅行サポート機能が充実

KDDIは、iOS版の「GLOBAL PASSPORTアプリ」をバージョンアップした。渡航前の準備から帰国まで、旅行のあらゆる場面をサポートする機能が充実している。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIは10月9日、iOS版の「GLOBAL PASSPORTアプリ」をバージョンアップし、機能を拡充した。主なアプリの機能は以下の通り。

「アプリからのお知らせ」

 海外渡航時のフライト情報などを登録すると、パスポートの期限確認(後述)、渡航先の出入国に必要な書類の書き方など、旅程に合わせた役立つ情報を通知してくれる機能だ。

旅程入力画面入国カード画面 旅程の登録画面(写真=左)と入国カードの書き方の表示(写真=右、写真は韓国の入国カードの場合)

「パスポート情報登録」

 手持ちのパスポート(旅券)の情報を登録しておくと、期限確認をしてくれるだけでなく、出入国書類の書き方に登録情報を反映して例がより分かりやすくなる。パスポート情報は、手入力のほかに、カメラで撮影したパスポート画像を読み取って自動入力することも可能だ。

パスポート入力画面 パスポート情報の入力画面。カメラを使った自動認識も可能だ

「かんたん検索/保存」

 国や都市名を入力すると、その場所の観光、おみやげ、為替、天気などを検索し、表示したページをアプリ内に保存できる。保存したデータはオフラインでも閲覧できるので、航空機内などネット接続ができない環境下でもチェック可能だ。

渡航先入力画面検索結果画面 国・都市名を入力し、調べたいことを選択・入力すると(写真=左)、Google検索結果が表示され、調べたい情報にアクセスできる(写真=右)
内容表示画面オフライン保存一覧 調べた情報は、保存ボタンをタップすると、オフラインで閲覧可能(写真=左)。保存したページは一覧表示できる(写真=右)

「海外での定額自動判定」

 海外ローミング中に、接続中のネットワークが「海外ダブル定額」に対応しているか否かを自動判定し、表示してくれる。また、手動で渡航先の海外ダブル定額対応状況や各種料金の確認もできる。

海外料金検索 海外ローミング対象国・地域の「海外ダブル定額」対応状況や各種料金の検索ができる
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.