ニュース
» 2016年01月07日 06時00分 UPDATE

SIM通:新スマートウォッチ「ZenWatch 2」iOS連携性能レビュー

iPhoneなど、iOS端末でも利用できるとあり、注目を集めている「ZenWatch 2」。今回はそのiOS連携を中心にレビューしたいと思います。

[SIM通]
SIM通

 ASUS JAPANが2015年11月13日に発売した「ZenWatch 2」はAndroid Wear搭載のスマートウォッチで、Android端末とiPhoneなどのiOS端末(iOS8.2以降)でも利用できるとあり、注目を集めています。今回はそのiOS連携を中心にレビューしたいと思います。

ZenWatch 2

GoogleのiOSアプリ「Android Wear」でiPhoneとペアリング

「Android Wear」でiPhoneとペアリング

 iPhoneとのペアリングはGoogleのiOSアプリ「Android Wear」をダウンロードして行います。AndroidスマートフォンのASUS Zenfone 5などではASUSの独自アプリを使うことでZenWatch 2をカスタマイズしたり、文字盤を細かくデザインしたりできますが、iOS版のアプリではそういった機能が使えず一部機能のみ使用可能となっています。

 ASUSの公式発表によると、以下4つの機能が利用できるとのこと。

  • 通知の受信
  • 一部の音声アクション
  • Google Nowの一部
  • 着信
ZenWatch 2をiPhone 6s Plusと連携させて便利だった機能は?

 iPhoneでZenWatch 2を利用する場合、具体的にどんなことができるのでしょうか。実際にZenWatch 2をiPhone 6s Plus(iOSのバージョンは9.1)と連携させて便利だった機能を紹介します。

SNSの通知や話題のニュースを受信

 ZenWatch 2の通知はバイブが振動してわかるようになっています。

「メール」や「LINE」では送信者と先頭の10文字程度がわかる

 「メール」や「LINE」ではメッセージの送信者と先頭の10文字程度がわかり、Twitter関連アプリ「Echofon」を使えばリプライで来たツイートやリツイートの内容を通知してくれます。同じように「Facebook Messenger」の通知もしっかり受信します。

「Yahoo!リアルタイム検索」では話題のキーワードをプッシュ配信

 「SmartNews」では号外の通知が届き、「Yahoo!リアルタイム検索」では話題のキーワードをプッシュ配信したりと、常に最新の情報が手元で受け取れるため、カバンやポケットなどからiPhoneを取り出すことが減りました。

検索は指を使わず自分の声で

 ZenWatch 2に「OK google」と話しかけると音声入力画面に切り替わり、そのまま続けて調べたいキーワードを話すことで検索が可能となります。

調べたいキーワードを話すことで検索が可能

 例えば、「おすすめのクリスマスイルミネーション」と音声入力すると、すぐに“おすすめのクリスマスイルミネーション”とテキスト変換され、Googleの検索結果を表示します。

検索結果をタップするとサイトのURLがiPhoneへ通知

 気になった検索結果をタップするとサイトのURLがiPhoneへ通知され、iPhoneですぐにサイトを開けます。入力するのが手間な長いキーワードを調べるときに重宝しそうです。また、検索キーワードに関連した画像が検索結果の背景に表示してくれるのも面白いポイント。通常のスマホ検索よりも気が利いているように思います。

 他にも「OK Google」の機能は、Googleカレンダーに登録している予定を表示してくれたり、天気を表示してくれたりします。この使用感はAndroid端末で使っているのと同じ感覚ですが、利便性は圧倒的にZenWatch 2利用時に軍配があがります。

 ちなみにAndroid OSの場合ですとメモ機能が便利。音声でメモしたい内容を話すとテキスト化して保存し、それをGmail宛に自動的に送信してくれます。iOSでは使用不可能なのが残念なところですが、今後対応してくれることに期待したいですね。

映画館などで使える便利機能「シアターモード」

 映画館など、通知による点灯がはばかれる場所で便利なのがシアターモードです。初期設定だとZenWatch 2は腕を傾けるとディスプレイが点灯。映画鑑賞中に腕を動かすだけでディスプレイが光ってしまうのは迷惑ですよね。

シアターモード

 そんな時はシアターモードにすることで通知を受信せず、画面点灯もしなくなります。右側面の物理ボタン(クラウンボタン)を押せばすぐにシアターモードを解除できるので、映画鑑賞後はすぐにスイッチをONに。電源を落とさなくて済むのも便利なポイントです。

充電はマグネット式の専用USBケーブルで

 ZenWatch 2は旧型のZenWatchと違い、マグネット式の専用ケーブルで行います。

充電はマグネット式の専用USBケーブルで

 従来、USBケーブルを本体に挿してで充電を行っていましたが、マグネット式のケーブルになったことで、さらにラクにできるようになりました。充電端子部分は大変スリムなため、本体を装着した状態でもでき、約36分で約50%のバッテリー充電になるのだとか。

iPhoneをバッグに入れて持ち歩いている人にはピッタリ

 Android OSと違いiOSでは一部機能が使えないものの、ウェアラブル端末の持つ便利さを十分享受できていると思います。通知を振動にて知らせてくれるため、iPhoneで手帳型のケースを使っている人やiPhoneをバッグの中に入れて持ち歩いている人でも、ZenWatch 2があれば大事な通知を見逃すこともありません。あくまでスマホとの組み合わせでの使用となりますが、ウェアラブルデビューとしてもよさそうです。

(文:アスカ)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2016 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.