レビュー
» 2016年02月26日 21時50分 UPDATE

Mobile World Congress 2016:超狭額縁のスーパーミドルレンジスマホ――写真で解説する「Xperia XA」

ソニーモバイルコミュニケーションズがMWC 2016で発表した「Xperia X」シリーズの中で、中価格帯を狙った「スーパーミドルレンジモデル」が「Xperia XA」だ。日本での発売予定はないが、気になる人もいると思うのでご紹介する。

[井上翔,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが「Mobile World Congress(MWC) 2016」に合わせて発表した「Xperia X」シリーズ。その中で、中価格帯で展開するモデルが「Xperia XA」だ。

 Xperia XAは、「スーパーミドルレンジモデル(超中位モデル)」と位置付けられ、上位2機種と比較するとコストパフォーマンスを重視した仕様となっている。従来のXperiaでは「Xperia M」シリーズと似た位置づけだ。

 従来のXperia Mシリーズと同様に、Xperia XAも日本では発売しない予定だ。しかし、「日本メーカーが、日本で発売しないスマホ」に興味を持つ人も多いはず。そこで本稿では、MWC 2016で展示されている同機のレビューを簡単にお伝えする。

Xperia XA 「Xperia XA」(ホワイト)

 Xperia XAを手にすると、まず額縁の狭さに驚くはずだ。上位機種の「Xperia X」「Xperia X Performance」も十分狭額縁なのだが、XAのそれはより狭く感じる。とある日本のMVNO(仮想移動体通信事業者)の幹部が物差しで額縁のサイズを計測していたが、そうしたい気持ちは十分に分かる。

 画面部には、上位機種と同様にXperiaスマホでは初となるカーブガラスを採用し、アルミニウムで作られた丸みを帯びた側面フレームも相まって柔らかい印象を受ける。なお、ディスプレイは上位機種と同じ5型だが、解像度がHD(720×1280ピクセル)に抑えられている。また、背面はメタルではなく樹脂素材となっている。そのせいか、上位機種と同じカラーラインアップながら色味が若干異なっている。

Xperia Z5と並べる Xperia XAと筆者の「Xperia Z5」を並べる。XAのほうがより狭額縁だ
Xperia XA(ホワイト)Xperia XA(グラファイトブラック) ホワイト(写真=左)とブラック(写真=右)
Xperia XA(ライムゴールド)Xperia XA(ローズゴールド) ライムゴールド(写真=左)とローズゴールド(写真=右)
カーブガラス 上位機種と同様に、カーブガラスを採用

 左右側面の機能配置はXシリーズの上位機種とほぼ同様だ。左側面にはnanoSIMとmicroSDのスロットがある。右側面には、電源キー、ボリュームキー、カメラ(シャッター)キーを備える。ただし、電源キーには指紋センサーを備えておらず、日本でも「Xperia Z4」まで使われたアイコニックな丸いデザインとなっている。

左側面 左側面にはnanoSIMとmicroSDのスロットがある
右側面 右側面には電源キー、ボリュームキー、カメラ(シャッター)キーを備える。電源キーは少し“懐かしい”アイコニックなデザインとなっている

 本体上面・下面の機能配置もXシリーズの上位機種とほぼ同様だ。本体上面には集音マイクとイヤフォンマイクジャック、本体下面にはスピーカー、受話マイクとMicro USB端子を備える。なお、上位2機種は本体正面にステレオスピーカーを備えているが、XAに関しては本体下面の1つ、つまりモノラルスピーカーとなる。

上面 上面には集音マイクとイヤフォンマイクジャックを配置
下面 下面にはスピーカー、受話マイクとMicro USB端子を配置(固定展示機で撮影したため、Micro USB端子は盗難防止装置でふさがれている)

 カメラ機能は、センサーの画素数がアウトカメラが約1300万、インカメラが約800万と、上位機種と比較すると若干劣る部分がある。アウトカメラについては、上位機種の「先読みオートフォーカス(Predictive Hybrid Autofocus)」は使えないが、位相差オートフォーカス(AF)とコントラストAFを組み合わせてピント合わせの時間を短縮する「ハイブリッドAF」には対応する。

カメラのユーザーインタフェース カメラのユーザーインタフェースは、上位2機種と基本的には同じ。ただし。先読みAFには対応しない

 Xperia XAのOSは、上位機種と同様にAndroid 6.0となる。MWC 2016での展示機もAndroid 6.0を搭載していた。なお、上位機種ではグローバル版にもオリジナルの日本語入力ソフト「POBox Plus」を搭載する予定だが、XAには最初から搭載されていない。ただし、画面表示言語として「日本語」は用意されている。

展示機のOSはAndroid 6.0となっていた 展示機のOSはAndroid 6.0となっていた
Xperia XAにはPOBox Plusはない Xperia XAは「POBox Plus」を搭載していない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.