ニュース
» 2016年04月13日 15時54分 UPDATE

精子の状態をiPhoneでセルフチェック――リクルートが「Seem」をテスト販売

リクルートは、スマートフォンと専用アプリで自分の精子の濃度と運動率を測れるサービス「Seem(シーム)」を提供開始。スマートフォン顕微鏡レンズが入った「Seemキット」を期間限定でテスト販売する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートライフスタイルは4月12日、スマートフォンで自分の精子の状態をセルフチェックできる「Seem(シーム)」について発表した。

 本サービスはスマートフォン顕微鏡レンズと専用のiPhoneアプリを利用し、精子の濃度と運動率が簡単に測れるというもの。男性不妊専門医の監修の下、臨床試験を経て開発し、4月末から東京都内・近郊の一部クリニックや薬局で「Seemキット」を期間限定テスト販売する。

 セルフチェックは、まず射精1回分の精液を採取用カップに入れて液化するまで15分待ち、採取棒を使ってスマートフォン顕微鏡レンズの上に精液を1滴乗せる。レンズをiPhoneにセットして専用アプリで動画を撮影するとプログラムで自動解析し、精子の濃度と運動率を確認できる。

 Seemを通じて、同社は男性の医療機関受診のきっかけをつくり、男性の妊活・不妊治療に対する意識や行動変化の実現を目指すとしている。

Seem セルフチェックの手順
Seem iPhoneアプリで測定結果を確認できる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう