ニュース
» 2016年04月25日 16時53分 UPDATE

スマホ所有率は64.9%、格安SIMメインは5.6%――MMD研が調査

MMD研究所の調査によるとスマホの所有率は前年より2.4ポイントアップし、64.9%に。格安SIMをメインで利用しているユーザーは5.6%だった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、4月25日に「2016年4月携帯電話端末購入に関する定点調査」の結果を発表した。調査対象は15歳以上の男女6588人で、調査期間は4月14日〜4月21日。

 調査によると、現在利用している端末の割合はスマートフォンが61.4%、フィーチャーフォンが33.2%、所持していないが5.3%となった。スマホとケータイの比率を過去の調査と比較すると、スマホが64.9%、フィーチャーフォンが35.1%となり、2015年の調査と比較すると1ポイント増加した。

 現在メインで利用している端末は、NTTドコモが36.5%、KDDI(au)が32.7%、ソフトバンクが21.6%。格安SIMは5.6%となり、2015年10月と比較すると1.6ポイント、2014年4月と比較すると5ポイント増えている。

 格安SIMをメインで使っているユーザー351人に端末の入手方法を聞いたところ、「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」が38.5%、「格安SIMとセット販売で購入」が25.4%、以前から使っていた端末を利用しているのは、iPhone/Androidスマートフォンを合わせて19.1%だった。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

2016年4月携帯電話端末購入に関する定点調査

スマートフォン所有比率は64.9%、前年より2.4ポイントアップ

15歳以上の男女6,588人を対象に、現在利用している携帯電話端末を聞いたところ、スマートフォンが61.4%、フィーチャーフォンが33.2%となった。尚、5.3%の人は携帯電話を持っていないと回答した。

Photo

携帯電話を持っていない人を除き、スマートフォンとフィーチャーフォンの比率を過去の調査と比較すると、スマートフォンが64.9%、フィーチャーフォンが35.1%となる。昨年の調査と比較すると1.0ポイント増えており、一昨年の調査からから8.4ポイント増えた結果となった。

Photo

メインで格安SIMを利用している割合5.6%

携帯電話端末を所有している15歳以上の男女6,236人を対象に、現在メインで利用している携帯電話端末を聞いたところ、「docomo」が36.5%、「au」が32.7%、「SoftBank」が21.6%と続いた。尚、格安SIMをメインで使っているという回答は5.6%となった。

Photo

これを過去の調査と比較すると、2015年10月と比較すると1.6ポイント、2014年4月と比較すると、5.0ポイント増えている結果となった。

Photo

格安SIMメイン利用者、約2割が以前から使っていたスマートフォン端末を利用

格安SIMをメインで使っていると回答した15歳以上の男女351人を対象に、現在利用している携帯電話端末の入手方法を聞いたところ、「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」が38.5%、「格安SIMとセット販売で購入」が25.4%と続いた。また、以前から使っていたスマートフォンを利用するという回答は「以前から使っていたiPhone」で6.0%、「以前から使っていたAndroidスマートフォン」で13.1%と合わせて19.1%となった。

Photo

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう