ニュース
» 2016年05月10日 14時09分 UPDATE

「Gear VR」プレゼントも:防水対応の5.5型「Galaxy S7 edge」が日本でも登場――KDDIが5月19日に発売

KDDIが「Galaxy S7 edge SCV33」を発売する。より精密にAFができる「デュアルピクセルセンサー」をアウトカメラに採用。LTEは「3CA」により下り最大370Mbpsまで高速化した。期間中に予約をしたユーザーに「Gear VR」(約1万5000円)をプレゼントする特定も用意する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが5月10日、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy S7 edge SCV33」を発表。5月19日に発売する。あわせて、5月12日から5月18日までの期間にGalaxy S7 edgeを予約して購入をすると、VR(バーチャルリアリティ)コンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」をプレゼントするキャンペーンも実施する。

 価格は新規契約、機種変更、MNPいずれも一括で9万8280円(税込、以下同)。毎月割が月2070円適用され、これの24回分を引いた実質価格は4万8600円。

Galaxy S7 edge 「Galaxy S7 edge SCV33」
Galaxy S7 edge 期間内に予約購入すると、「Gear VR」が確実にもらえるキャンペーンも実施

 Galaxy S7 edgeは、ディスプレイ左右がカーブしている「デュアルエッジスクリーン」を採用した、サムスンのフラッグシップモデル。ボディーカラーはブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールドの3色。ピンクゴールドは海外で4月に追加されたカラーで、韓国に続いての採用となる。なお、海外で販売されているシルバーチタニウムとゴールドプラチナは含まれない。

 ディスプレイはWQHD(1440×2560ピクセル)表示対応の5.5型有機ELを搭載。左右の端まで画面が広がっているため、5.5型ながら幅は73ミリにとどめ、一般的な5型〜5.2型スマホと同等のサイズを実現した。有機ELの特性を生かした「Always On Display」を新たに採用し、画面が消灯しているときでも時刻やカレンダーを表示できる。

 画面の端を使ってさまざまな操作ができる「エッジスクリーン」には、最大10個のアプリや、「自分撮りをする」「○○に電話をする」などの操作をショートカットとして置ける。また、エッジスクリーン部分を懐中電灯、コンパス、定規などに使える「クイックツール」も用意した。

Galaxy S7 edge
Galaxy S7 edge
Galaxy S7 edge

 1220万画素のアウトカメラには、1つ1つの画素が「撮像」と「位相差AF(オートフォーカス)」を兼ねる「デュアルピクセルセンサー」を採用。より正確かつ高速にAFが可能になったほか、F1.7のレンズと合わせて、「Galaxy S6 edge」よりも2倍明るく撮影できるという。被写体の目を大きく、顔をスリムに撮影できる「美顔モード」も新たに搭載した。500万画素のインカメラには、ディスプレイを光らせることでフォトライトとして活用できる機能も追加した。

 バッテリー容量は、Galaxy S6 edgeの2600mAhから3600mAhに増量。ワイヤレス充電もサポートしており、日本ではQi規格を利用できる。約110分でフル充電が可能な急速充電(Quick Charge 2.0)にも対応している。プロセッサはQualcommのSnapdragon 820、メモリは4GB、ストレージは32GB。ホームボタンには指紋センサーも搭載した。

 Galaxy S6 edgeでは見送られた防水(IPX5/8)と防じん(IP6X)、外部メモリスロットが復活。外部接続端子にキャップのない“キャップレス防水”となっているほか、端子付近に水滴が付いていると自動で検知して、充電しようとすると「拭いてください」というポップアップが出るよう工夫した。外部メモリは最大200GBのmicroSDXCを利用できる。

 ゲームアプリを1箇所に集約させる「ゲームランチャー」をホーム画面上に用意し、各ゲームへ簡単にアクセスできる。ゲーム中に通知のポップアップを止めたり、ゲームのプレイ動画を録画したりすることもできる。言語は日本語、英語、韓国語のほか、新たに中国語とポルトガル語にも対応した。

 日本向けの機能としてワンセグ/フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)、au VoLTEを利用できる。ネットワークは、3つの周波数帯を束ねる「3CA(キャリアアグリゲーション)」に対応。一部エリアに限られるが、2GHz、2.5GHz、2.5GHz帯の3つの周波数帯を使うことで、理論値で下り最大370Mbpsの高速通信が可能になる。370Mbpsは東京都渋谷駅周辺エリアから開始し、愛知県名古屋駅周辺、大阪府梅田駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大する予定。ただし駅構内では利用できない場合があるとのこと。

Galaxy S7 edgeGalaxy S7 edge ピンクゴールド(海外版)

 au +1 collectionブランドから、閉じた状態でも小窓から操作ができる「S VIEW COVER」(ブラックとホワイト)、閉じた状態でも各種情報を表示できる「CLEAR VIEW COVER」、ハードカバーなどを販売する。

Galaxy S7 edge
「Galaxy S7 edge SCV33」の主な仕様
機種名 Galaxy S7 edge SCV33
メーカー サムスン電子
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996(4コア、2.2GHz+1.6GHz)
メインメモリ 4GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大200Gバイト)
ディスプレイ 約5.5型有機EL
解像度 1440×2560ピクセル
連続通話時間 約1480分(VoLTE)
連続待受時間 約530時間(LTE/WiMAX 2+)
バッテリー容量 3600mAh
アウトカメラ 有効約1220万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー ブラックオニキス、ホワイトパール、ピンクゴールド
サイズ 約73(幅)×151(高さ)×7.7(奥行き)ミリ
重量 約158グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう