ニュース
» 2016年05月11日 11時19分 UPDATE

高速カメラやハイスピードIGZO搭載の「AQUOS Xx3」、ソフトバンクから登場

ソフトバンクがシャープ製の「AQUOS Xx3」を6月上旬以降に発売する。丸みを帯びた優しいデザインに変更。滑らかな表示が可能な「ハイスピードIGZO」や、「GR certified」取得の約2260万画素カメラを搭載する。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが、シャープ製の新型スマートフォン「AQUOS Xx3」を6月上旬以降に発売する。

 デザインやスペックは、同日にドコモが発表した「AQUOS ZETA SH-04H」と同等。3辺狭額縁の「EDGEST」スタイルから丸みを帯びたフォルムになった。カラーはホワイト、アクアブルー、アンバーブラックの3色展開。

AQUOS Xx3AQUOS Xx3 「AQUOS Xx3」

 ディスプレイはフルHD(1080×1920ピクセル)対応の5.3型液晶。1秒間に120コマを描写して滑らかにスクロールできる「ハイスピードIGZO」を搭載し、画面のスクロールや映像などを滑らかに再生できる。ユーザーのライフスタイルに合わせ、就寝時にブルーライトをカットする機能も用意した。

 約2260万画素のアウトカメラは、リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certified」も取得している。高精細なセンサーを生かし、約3倍〜8倍のデジタルズーム時に、超解像技術を応用して画質劣化を抑えた撮影もできる。約0.4秒の高速起動と約0.02秒のハイスピードAFにも対応し、よりスピーディーなピント合わせが可能になった。インカメラは有効約500万画素で、画角約85度の広角撮影が可能。

 側面には指紋センサーを搭載しており、触れるだけでロックを解除ができる。本体を持ったまま手首をひねることで、1つ前に表示していたアプリに戻れる「ツイストマジック」、画面が自動でスクロールして電子書籍やブラウザなどを便利に閲覧できる「スクロールオート」も新たに用意した。

 スマートフォンからユーザーに話しかけてくれる「エモパー」は「4.0」に進化。「エモパーヘルスケア」として、毎日の歩数、体重、睡眠などの健康維持に役立つ情報を伝えてくれる。エモパーが話した後に「詳しく」「検索して」と注文することで、より詳しく確認したり、Webサイトで検索したりできる。

 通信サービスは下り最大262.5Mbps/上り最大37.5Mbpsに対応。IPX5/8の防水、IP5Xの防塵(じん)もサポートしており、充電端子にキャップのない“キャップレス防水”となっている。ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)も利用できる。

「AQUOS Xx3」の主な仕様
機種名 AQUOS Xx3
メーカー シャープ
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820 MSM8996/2.2GHz 2コア+1.6GHz 2コア
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 約5.3型フルHD TFT液晶
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 約1690分(FDD-LTE)、約1790分(3G)、約800分(GSM)
連続待受時間 約545時間(FDD-LTE)、約540時間(AXGP)、約620時間(3G)、約585時間(GSM)
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 有効約2260万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー ホワイト、アクアブルー、アンバーブラック
サイズ 約73(幅)×149(高さ)×7.6(奥行き)ミリ
重量 約155グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう