ニュース
» 2016年05月11日 12時02分 UPDATE

ドコモが「iコンシェル」を拡充――音声操作や簡易防犯などが可能に

ドコモが7月から「iコンシェル」の機能を拡充する。音声操作、タブレットの向けアプリ、防犯機能などを提供。提供情報も増やしていく。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、7月から「iコンシェル」の機能を拡充する。

 iコンシェルは、ユーザーが今いる場所や時間に合わせて、天気や交通などの生活に役立つ情報を配信するサービス。月額100円(税別)の料金はそのままで、機能を拡充する。

 音声認識を活用し、「会話モード」と呼びかけると、情報検索や機能の呼出し、対話などが可能になる。

iコンシェル 「○○線、遅れてる?」「今日の天気、教えて」といった質問ができる

 Android 5.0以降のタブレット用に「iコンシェル ホーム」アプリを提供する。家族での利用を想定したもので、天気・気象情報、鉄道運行情報、道路交通情報、スケジュール、買い物メモ、占い、チラシ情報、地域行政情報などを常時表示する。iPad向けアプリの提供は検討中とのこと。

iコンシェル タブレット用のアプリ

 ユーザーが住んでいるエリアのスーパーのチラシ情報や、健康、福祉、助成金、子育てなど55項目の地域行政情報も閲覧できる。

iコンシェル チラシや行政の情報も入手できる

 簡易防犯機能として、留守中の部屋のみまもりや、外出時に子供の帰宅確認などもできる「るすばん機能」も提供する。留守中に侵入者の動きを検知すると、自宅に設置したタブレットやスマートフォンのインカメラが撮影した画像をクラウドに保存し、外出時に通知を受け取れる。クラウドへの保存には「フォトコレクション」の契約が必要になる。

iコンシェル 自宅に設置したタブレット(やスマートフォン)を「るすばんモード」にしてインカメラで撮影
iコンシェル 侵入者を検知すると、スマートフォンに通知が行く

 家族など複数のメンバーで利用してスケジュールやメモなどをリアルタイムに共有することも可能になる。

 対応機種はAndroid 4.4以降またはiOS 8.3以降のスマートフォンとタブレット。

iコンシェル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう