ニュース
» 2016年05月12日 12時45分 UPDATE

ソフトバンク、「Xperia Z5」をAndroid 6.0にバージョンアップ

ソフトバンクの「Xperia Z5」が、Android 6.0にバージョンアップする。「Now on Tap」などOS自体の新機能のほか、メーカー独自のソフトウェアの改善も実施する。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは5月12日、「Xperia Z5」のOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後のOSはAndroid 6.0で、ビルド番号は「32.1.D.0.297」となる。

ソフトバンクの「Xperia Z5」(表面)ソフトバンクの「Xperia Z5」(裏面) 今回、Android 6.0にバージョンアップする「Xperia Z5」。ソフトバンク向けモデルはグローバルモデルとほぼ同じ外観が特徴(写真はGreen。OSはAndroid 5.1.1の状態)

バージョンアップの概要

 Xperia Z5にOSバージョンアップを適用すると、表示中の画面に関連する情報をすぐに検索できる「Now on Tap」機能、より深い端末スリープが可能になる「Dozeモード」、利用頻度の低いアプリの電力消費を制限する「App Standby」、利用する機能の権限をアプリ実行中に決められる仕様変更など、Android 6.0で追加・変更された機能を利用できる。また、主に以下の項目において機能改善・仕様変更が行われる。

  • 「Xperiaホーム」におけるエフェクト機能の追加
  • 通知鳴動のON/OFF切り替えを「クイック設定」から行うように変更(要設定)
  • テザリングのON/OFF切り替えが「クイック設定パネル」でも可能に(要設定)
  • 「POBox Plus」の入力学習機能のON/OFFを切り替え可能に
  • アプリ履歴画面の視認性向上
  • スクリーンショットの画像ファイルを通知画面で削除可能に
  • カメラのUIの変更(モード切り替えを画面のスワイプで可能に)
  • カメラアドオンの追加
  • 「アルバム」のフルスクリーン表示時の回転方法を選択可能に
  • 「ライフログ」が「SmartBand 2 SWR12」に対応
  • 「Movie Creator」の画像選択画面が独自レイアウトに
  • 「ポッドキャスト」ウィジェットが追加
  • 「ビデオ」のメニューにオンラインヘルプの項目が追加
  • Xperiaオリジナルの「ダイヤル/連絡先」アプリの機能改善
  • ソフトバンクの「あんしんバックアップ」アプリの仕様変更
  • MHL(HDMI)出力における5.1チャンネルサラウンド再生の非対応化
  • NFCを使ったXperia同士の「ワンタッチ設定」の非対応化

バージョンアップの方法

 OSのバージョンアップは端末単体、またはWindows PCと接続して行う。所要時間は最大で80分程度かかる。いずれの方法でも本体内のデータは保持されるが、念のためにデータのバックアップをしておくことをお勧めする。

 端末単体でのバージョンアップは、端末設定で「端末情報」→「システムアップデート」→「ソフトウェア更新」と選ぶと開始できる。データのダウンロードは無線LAN(Wi-Fi)またはモバイル回線で行う。なお、のバージョンアップデータをモバイル回線でダウンロードした場合のパケット通信料金は無料となる。

 Windows PCでのアップデートは、「PC Companion」をインストールしたPCとXperiaをMicro USBケーブルで接続して行う。PCにはインターネット接続が必要となる。

 なお、以下の設定については、OSバージョンアップ後に初期(出荷時)状態に戻るので、再度設定を行う必要がある。

  • STAMINAモード
  • 「音と通知」の一部(着信音量、ヘッドフォン最適化、ワイヤレス再生品質、マイク感度、DSEE HXの設定)
  • 「連絡先」の一部(ICE情報の設定、連絡先フィルターの表示条件)
  • 「電話」の一部(通話履歴フィルター、スマート検索)
  • 使い方ガイド(常時表示設定が「表示しない」に戻る)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう