レビュー
» 2016年06月09日 21時13分 UPDATE

「HUAWEI P9」のカメラはどこまでキレイに撮れる?――iPhone 6sと比べてみた

「HUAWEI P9」は、Huaweiとライカが共同で開発した1200万画素のデュアルカメラを搭載している。画質が向上したことはもちろん、画素ピッチが大きくなったことで暗い場所でもより鮮やかに撮影可能になった。iPhone 6sと作例の画質を比較してみた。

[田中聡,ITmedia]

 Huaweiの新型スマートフォン「HUAWEI P9」が、日本でも正式に発表された。本機の特徴は、何といってもライカと共同で開発した1200万画素のデュアルカメラを搭載していること。RGBセンサーとモノクロームセンサーを組み合わせることで、より鮮やかに、かつディテールも精緻に描画できることを特徴としている。

HUAWEI P9 「HUAWEI P9」

 4月のロンドンでの発表会ではiPhone 6sを引き合いに出して、その画質の良さをアピールしていたが、実際はどうなのか? ロンドンでの発表時に、現地の街中やホテルでP9とiPhone 6sで何枚か撮影をしたので、その違いを見てみたい。なお、確認したのは4月時点であり、現在とは一部ソフトウェアが異なることをご了承いただきたい。

 まず気になったのが、暗い場所でどれだけ明るく撮影できるか。P9のモノクロセンサーはカラーフィルターがない分より多くの光を取り込めるほか、各センサーの画素ピッチが1.25マイクロメートルで、iPhone 6sの1.22マイクロメートルよりも大きい。画素ピッチが大きいほどより多くの光を集められるので、暗所での撮影で有利になる。なおF値はP9とiPhone 6sどちらも2.2。ちなみにサムスン電子の「Galaxy S7 edge」は、1.4マイクロメートルというさらに大きな画素ピッチを実現している。このタイミングならS7 edgeとも比較したいところだが、これは後日試してみたい。

 iPhone 6sのカメラも明るく撮影できることで定評があるが、下の写真を見比べると、P9の方がより明いことが分かる。道路はP9の方が不自然にならない程度に明るいし、建物もiPhone 6sでは黒くつぶれてしまっているところが、P9はしっかりと描写できている。もちろんノイズも抑えられている。また、P9の方がiPhone 6sより画角が広いことも確認できた。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの。P9の方が道路も建物も鮮明に写せている

 こちらは確かにP9の方が明るいが、ショーウィンドウに並んでいる商品は、照明が当たっていてもともと明るいので、P9の方が白飛びしてしまっている。ショーウィンドウ内はiPhone 6sの方が自然だ。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの。こちらはP9がやや“明るすぎる”印象

 レンガや建物はどちらも明るく写せているが、P9は赤みが、iPhone 6sは青みが強く、色味の違いが出た。レンガはP9の方が鮮やかで、後ろの白い看板はP9の方が白く描写できているので、P9の方が見たままの色を出せているといえる。その次の建物の写真は、拡大するとiPhone 6sの方がノイズが目立つ。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの。P9のレンガの方が深みのある色だと感じる
HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの。iPhone 6sの方がややノイズが目立つ

 室内の写真はどうか。下記はホテルの廊下を撮ったもので、P9の方が明るく赤みが強いが、iPhone 6sも暗いというほどではなく、影が強調されたメリハリのある一枚になっている。どちらかが良いかは好みの問題ともいえそうだ。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの

 メニューの写真はP9の方が見たままに近く、iPhone 6sはメニュー内のカラフルな色に引っぱられてしまい、ホワイトバランスが少しおかしくなっている。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの

 エッグベネディクトの写真は甲乙付けがたいが、卵のてっぺんやお皿の花の白い部分など、ホワイトバランスはやはりP9の方が正確だと感じる。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの

 こちらは韓国で撮影した屋外の写真。P9ではうっかりサイズの比率を4:3から16:9に変更してしまったが、16:9では写真の上下が切り取られてしまう。空はiPhone 6sの方が鮮やかだが、P9の方が見たままの色に近い印象だ。

HUAWEI P9HUAWEI P9 左がP9、右がiPhone 6sで撮影したもの。こちらはiPhone 6sの方が鮮やかに映し出せている

 P9全体の傾向として、暗い場所でも不自然にならない程度に明るく撮影できること、ホワイトバランスの調整に優れていること、肉眼で見たままと近い状態を描写できること……が挙げられる。日本での発売後もあらためてレビューしたいが、デュアルレンズは単なるキワモノではなく、しっかり機能していることが分かった。

モノクロ撮影やフィルムモードも利用できる

 P9はモノクロームセンサーを専用で1つ搭載しており、質感の高いモノクロ写真を撮影できることも特徴だ。他のスマホでも撮影した写真をモノクロ加工することはできるが、スマホで専用のモノクロセンサーを搭載しているのはP9が初めてと言っていいだろう。

 余談だが、撮影モードをオートにして右側(フォトライト寄り)のレンズを指で触れると画面に指が写るが、モノクロ撮影にして左側のレンズを指で触れると指が写る。なのでデュアルレンズの右側がRGBセンサー、左側がモノクロームセンサーであることが分かる。

HUAWEI P9 デュアルレンズの右側にRGBセンサー、左側にモノクロームセンサーを搭載している
HUAWEI P9HUAWEI P9 左がオート、右がモノクロで撮影したもの。照明が反射している微妙なグラデーションもしっかり表現できている

 写真の色味を変えて撮影できる「フィルムモード」も用意。「標準」のほか「鮮明な色」「ソフトな色」を利用できる。カラフルで派手な写真を残したければ「鮮明な色」、色を抑えて締まりのある写真を残したければ「ソフトな色」を活用するといいだろう。

HUAWEI P9HUAWEI P9HUAWEI P9 左から「標準」「鮮明な色」「ソフトな色」で撮影
HUAWEI P9HUAWEI P9HUAWEI P9 P9の撮影画面。右にフリックするとモード、左にフリックすると設定が現れる。モノクロ撮影は「モード」内だが、フィルムモードは「設定」内にあり、少々分かりづらい。動画撮影は1080×1920ピクセル/60fpsまで対応している

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう