ニュース
» 2016年07月13日 14時00分 UPDATE

価格は3万円台:モトローラ、LTE/3Gの同時待受が可能な「Moto G4 Plus」を7月22日に発売

モトローラのSIMロックフリースマホ「Moto G4 Plus」が7月22日から順次発売される。国内では初めて、LTEと3Gの同時待受が可能。価格は16GBモデルが3万2800円(税別)、32GBモデルが3万5800円(税別)。

[平賀洋一,ITmedia]

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは7月13日、2枚のSIMで同時待受ができるSIMロックフリースマートフォン「Moto G4 Plus」を7月22日から順次発売すると発表した。

Moto G4 Plus モトローラ製の「Moto G4 Plus」。カラーはブラックとホワイトの2色

 シネックスインフォテックを通じてMVNOや家電量販店で販売し、予約は同日から受け付ける。価格は16GBモデルが3万2800円(税別)、32GBモデルが3万5800円(税別)。Amazon.co.jp、BIGLOBE、DMM mobile、楽天ブックスで取り扱うことが決定している。

Moto G4 Plus

 これまでも2枚のSIMを装着できるスマホはあったが、片方が2G(GSM)対応のため、国内ではどちらか1枚をオフにするなど切り替え操作が必要で、2回線の同時待受はできないモデルがほとんどだった。Moto G4 PlusはLTEと3G回線の同時待受(DSDS:デュアルSIMデュアルスタンバイ)が可能で、通話定額込みの大手キャリアSIMと格安SIMを組み合わせるなどの使い方が可能になる。対応するLTEの周波数帯域は、Band 1、3、5、7、8、19、20、28で、NTTドコモとソフトバンク(Y!mobile)のSIMカードを装着して通信できる。

Moto G4 Plus 2つのSIMカードを挿して、3G/LTEの同時待受が可能なので、国内でも通信キャリアのSIMで通話をし、MVNOのSIMでデータ通信をするといった使い方ができる

 ディスプレイは5.5型フルHD(1080×1920ピクセル)液晶を搭載。レーザーAF(オートフォーカス)と位相差AF搭載の1600万画素アウトカメラと、500万画素のインカメラを採用。プロセッサは8コアのQualcomm Snapdragon 617「MSM8952」(1.5GHz駆動)で、ストレージ/メモリの構成は16GB+2GBまたは32GB+3GB。最大128GBまでのmicroSDも使用可能だ。

 容量3000mAhのバッテリーは高速充電機能「TurboPower」に対応し、15分の充電で最大6時間駆動できるという。その他、ディスプレイ下には指紋認証センサーも搭載した。ボディーカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

Moto G4 Plus
Moto G4 Plus
「Moto G4 Plus」の主な仕様
機種名 Moto G4 Plus
メーカー Motorola
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952/1.5GHz 8コア
メインメモリ 2GB/3GB
ストレージ 16GB/32GB
外部メモリ microSDXC(最大128GB)
ディスプレイ 約5.5型フルHD TFT液晶
解像度 1080×1920ピクセル
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー ブラック、ホワイト
サイズ 約76.5(幅)×152.9(高さ)×7.87(奥行き※最厚部9.78)mm
重量 約157g
ネットワーク LTE:Band 1(2100MHz)、3(1800MHz)、5(850MHz)、7(2600MHz)、8(900MHz)、19(850MHz)、20(800MHz)、28(700MHz)、TD-LTE 840MHz
3G:Band 1(2100MHz)、2(1900MHz)、5(850MHz)、8(900MHz)、19(800MHz)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.