ニュース
» 2016年07月14日 17時40分 UPDATE

サムスン、4K撮影もできる全天球カメラ「Gear 360」を7月15日発売 実売価格は4万円台後半

2016年2月にグローバル発表された全天球カメラ「Gear 360」が、いよいよ日本でも登場する。4K相当の解像度で360度動画を撮影できることが最大の特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 サムスン電子ジャパンは7月15日、全天球カメラ「Gear 360」を全国の家電量販店と主要なWeb通販サイトで発売する。価格はオープンプライスで、実売予想価格は4万円台後半となっている。

Gear 360(日本仕様) Gear 360(日本仕様)

 Gear 360は、195度魚眼レンズ付きの1500万画素カメラを2台備えており、カメラを1つ使った180度撮影と、2つ使った360度パノラマ撮影に対応している。特に動画では4K相当(3840×1920ピクセル)、静止画では3000万画素(7776×3888ドット、出力ベース)のパノラマ撮影が可能だ。レンズのF値は2.0で、暗い所でも比較的きれいに撮影できるようになっている。

カメラその1カメラその2 F2.0の195度魚眼レンズが付いた1500万画素カメラを2つ搭載。高解像度のパノラマ写真・動画を撮影することができる

 撮影は本体単体、あるいはGalaxyシリーズのスマホ(Galaxy S6 edge/S6、S7 edge)用のアプリ「Gear 360マネージャー」で行う。アプリでの撮影制御はBluetooth 4.1、映像伝送は無線LAN(IEEE 802.11a/ac/b/g/n)を使って行う。写真・動画をパノラマ変換する処理は原則として先述のGear 360マネージャーで行うが、PC用ソフトを使って変換することもできる(別途無料ダウンロード)。

 撮影データの保存にはmicroSDが必須で、最大200GBのmicroSDXCに対応する。加工したデータは「Facebook」「YouTube」「Googleストリートビュー」などにアップロードして共有することが可能。撮影した映像を「Gear VR」で楽しむこともできる。

Galaxy S7 edgeを使ってリモート撮影 「Gear 360マネージャー」をインストールしたGalaxy S7 edgeを使ってリモート撮影。撮影制御はBluetoothで、映像伝送は無線LANを使って行う

 ボディーはIP53等級の防滴・防塵(じん)性能を有しており、多少の水ぬれやほこり程度なら問題なく利用できる。バッテリーは1350mAhの脱着式で、予備バッテリーを持ち歩いて使うことも可能だ。バッテリーの充電は、本体のMicro USB端子から行う。

バッテリースロットなど バッテリーは着脱式で、microSDスロットやMicro USB端子と一緒の側面にある

 なお、日本向けのGalaxy 360は「Samsung」ロゴが「Galaxy」ロゴに置き換わっている。世界的に見ても、ある意味で「レア」なモデルとなりそうだ。

Galaxyロゴ 海外では「Samsung」ロゴになっている部分が、日本向けモデルは「Galaxy」ロゴに置き換わっている

期間限定の「Galaxy Cafe」でGear 360体験可能

 サムスン電子ジャパンでは、8月14日まで渋谷ロフト(東京都渋谷区)の2階にある「渋谷シティラウンジ」において期間限定カフェ「Galaxy Cafe」を開催している。ここではGalaxy S7 edge、Gear VRやGear 360を実際に体験することができる。

 営業時間は11時から23時までで、ラストオーダーは22時となる。

Galaxy Cafe 渋谷ロフトで開催中の「Galaxy Cafe」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう