調査リポート
» 2016年10月26日 21時48分 UPDATE

iPhone 7ユーザーの7割が防水性能を重視――MMDのスマホ購入調査

MMD研究所は「2016年4月〜9月スマートフォン購入に関する定点調査」の結果を発表。購入者の64.8%が「iPhone」と回答し、重視する項目上位は操作性やバッテリーとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、10月26日に「2016年4月〜9月スマートフォン購入に関する定点調査」の結果を発表した。調査対象は4月〜9月にスマートフォンを購入した15歳〜69歳の男女624人で、調査期間は10月7日〜10日。

 購入した端末のOSを聞いたところ64.6%が「iOS」、35.1%が「Android」と回答し、2015年10月の同調査と比較するとiOSの比率が17.9ポイント増加。購入時に重視した項目は、iPhone所有者は「操作性の良さ」が83.6%、「バッテリーの持ち」が79.4%、「画質の良さ」が78.4%だった。一方、Android所有者は「バッテリーの持ち」が84.9%、「操作性の良さ」が81.3%、「画面の大きさ」が75.8%となった。

Photo 購入したスマートフォンの購入比率
Photo 購入したスマートフォンの前年同期OS別比率
Photo スマートフォンを購入する際に、重視した項目 iOS
Photo スマートフォンを購入する際に、重視した項目 Android

 iPhone 6s以降のiPhone所有が最も重視した項目はどのシリーズも「操作性の良さ」となり、iPhone 7所有者は「防水機能」が74.7%、iPhone SEでは「端末の大きさ」が78.5%と端末の特徴を重視した結果となった。

Photo スマートフォンを購入する際に、重視した項目 iPhoneシリーズ別

 購入する際にキャリア変更をしたか聞いたところ30.7%が「変更した」と答え、2015年10月の同調査と比較すると7.8ポイント増加。現在利用している端末の前に利用していたのは「スマートフォン」が88.6%、「フィーチャーフォン」が11.4%で、2015年10月の同調査から「フィーチャーフォン」が15.6ポイント減少した。

Photo スマートフォン購入時のキャリア変更
Photo 以前使っていた端末

関連キーワード

スマートフォン | iPhone | 調査 | Android | iOS | MMD研究所


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう