ニュース
» 2017年04月25日 14時20分 UPDATE

ドコモ「spモードメール」アプリを終息へ 「ドコモメール」への移行を推奨

ドコモの「spモードメールアプリ」が、2018年4月23日をもってサポートを終了することになった。同社では、代替サービスである「ドコモメール」への移行を推奨している。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは、2018年4月23日をもってAndroid端末用の「spモードメールアプリ」のサポートと配信を終了する。同日以降も同アプリを使ったメールの送受信は可能だが、「Google Play」または「docomo Application Manager」を使ったダウンロードは不可能となり、アプリの継続利用はサポート対象外行為となる。

spモードメールアプリ spモードメールアプリ

 Android 4.0以降を搭載するドコモブランドのスマホ(GALAXY NEXUS SC-04Dを除く)・タブレットでは、「ドコモメールアプリ」への移行が推奨されている。同アプリは、docomo Application Managerを使ってインストールできる。利用に当たっては、spモードメールを「ドコモメール」(クラウド保存タイプのspモードメール)に移行する必要がある。移行以前に受信したメールについては、ドコモメールアプリにインポート(移行)することも可能だ。

ドコモメールアプリ 現行のドコモメールアプリ。一部を除くAndroid 4.0以降を搭載するドコモスマホ・タブレットで利用可能だ。

 SC-04DやAndroid 4.0以前を搭載するスマホ・タブレットなど、ドコモメールアプリに対応しない端末では、spモードメールをドコモメールに移行した上で、WebブラウザやIMAPに対応するメールアプリを使って引き続きメールの送受信ができる。ただし、事前に「dアカウント」を取得した上で、spモードで接続中のスマホ・タブレットから「dアカウント利用設定」を有効にする必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう