ニュース
» 2017年05月24日 11時15分 UPDATE

ドコモも「Xperia XZs」を5月26日に発売 3キャリアから出そろう

ドコモが「Xperia XZs」を5月26日に発売する。国内ではauとソフトバンクを加えた3キャリアが扱う。「Motion Eyeカメラシステム」の搭載でカメラ機能が進化した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、5月26日にソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia XZs SO-03J」を発売する。カラーバリエーションはブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの4色展開。Xperia XZsはドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが取り扱う。

Xperia XZs ドコモの「Xperia XZs SO-03J」

 デザインや基本スペックはXZを継承しており、ディスプレイは5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶、プロセッサはQualcommのSnapdragon 820、内蔵ストレージは32GB、バッテリーは2900mAhと同じだが、メインメモリは3GBから4GBへ拡張された。電源キーには指紋センサーを搭載。おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ、IP68の防水・防塵(じん)にも対応している。通信速度は3波のキャリアアグリゲーションと256QAMの技術により、理論値で下り最大500Mbpsをサポートする。

 Xperia XZと同様、高輝度なメタル素材「ALKALEIDO(アルカレイド)」を採用しているが、Xperia XZsではサンドブラスト加工を施してマットな質感に仕上げた。

Xperia XZs
Xperia XZs カラーはIce Blue、Warm Silver、Black、Citrusの4色。Citrusは日本独自のカラーだ

 有効約1920万画素CMOSのアウトカメラには、ソニーのメモリ積層型CMOSセンサー(Exmor RS for mobile)を用いた「Motion Eyeカメラシステム」を採用。最大960コマ/秒のスーパースローモーション撮影と、あらかじめ画像を保存することで1回のシャッターで4枚を撮影する「先読み撮影」が可能になった。また従来より5倍速く画像を読み込んで撮影時のゆがみを抑えられるようになった。

 カメラの画素数はXperia XZの2300万から1920万に減ったが、センサーサイズは1/2.3型と変わっていないため、1画素あたりのサイズが約19%(1.12μm→1.22μm)大きくなり、より多くの光を取り込めるようになった。これにより、暗い場所でも明るく撮影しやすくなる。インカメラは1320万画素CMOSを搭載している。

Xperia XZs
Xperia XZs
Xperia XZs
Xperia XZs
Xperia XZs
Xperia XZs
「Xperia XZs SO-03J」の主な仕様
機種名 Xperia XZs SO-03J
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 7.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820
メインメモリ 4GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.2型フルHD
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 約1220分(LTE)、約850分(3G)、約740分(GSM)
連続待受時間 約590時間(LTE)、約650時間(3G)、約480時間(GSM)
バッテリー持ち時間 約95時間
バッテリー容量 2900mAh
アウトカメラ 有効約1920万画素CMOS
インカメラ 有効約1320万画素CMOS
ボディーカラー アイスブルー、ウォームシルバー、ブラック、シトラス
サイズ 約72(幅)×146(高さ)×8.1(奥行き)mm
重量 約161g

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう