レビュー
» 2017年05月29日 06時00分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:スーパースローモーション撮影が楽しい! 基本性能も向上した「Xperia XZs」のカメラ (1/4)

「Xperia XZs」は、ちょっと触っただけで「あ、良くなった」という体感があったのだ。なんか気持ちよく撮れる。今回は、基本性能、先読み機能、ゆがみ軽減、スーパースローモーション撮影を中心に見ていく。

[荻窪圭,ITmedia]
Xperia XZs

 Xperia史上最強カメラが登場した……って、考えてみたら、毎年毎年カメラ性能は上がっていくのが通例だから、最新モデルが常に史上最強カメラじゃないと困るよね。

 でも今回の「Xperia XZs」は、ちょっと触っただけで「あ、良くなった」という体感があったのだ。なんか気持ちよく撮れる。

 具体的にはレスポンスはよくなったし、ぱっと画面を見たときの画質も鮮やかだし、オートでのヒット率も高くて、撮った後で「あれ?」ってことが少なくなった。

 けっこう進化したのは確かなのだ。進化点の詳細は別記事を見てもらうとして、XZsのカメラのポイントは3つあるので、そこを重視してレビューしていきたい。

  • 基本性能……オートでの画質やレスポンスの向上
  • 先読み撮影機能と高速読み出しによるゆがみ軽減
  • スーパースローモーションのスーパーっぷり

 である。順番に行くべし。

基本性能編その1:オートだけでOKな感じになってきた

 ロック状態で本体側面のシャッターボタンを長押しすると、カメラがクイック起動する。従来と同じだが、クイック起動機能を「カメラ起動+撮影」にして速度を測ったら、押し始めてから撮影されるまで約1秒。カタログ上は最速で約0.5秒という。私が試したのは室内でのストップウォッチ撮影という比較的条件が悪かったので1秒だが、それでも十分快適だ。

Xperia XZs 側面のシャッターボタンで撮るときはこんなスタイルで

 撮影モードは、M(マニュアル)、プレミアムおまかせオート、動画、その他の4つ。プレミアムおまかせオートで撮ってみる。長年撮ってた黄色い滑り台はもうないので、別の滑り台を。

Xperia XZs 画面上に撮影モードで左右のフリックで切替。シャッターボタンで撮影。もちろん側面のキーも使える。

 HDRは必要に応じてオートでかかるので、撮るときは気にしない。

Xperia XZs ちょっとハイライト部が明るいかなと思うけど、ディテールはちゃんと出ているし、色も鮮やかで問題なし

 次は恒例となったガスタンクを。iPhone 7 Plusと一緒にどうぞ。

Xperia XZs Xperia XZs
Xperia XZs iPhone 7 Plus

 iPhoneよりちょっと広角。発色はXZsの方がずっと鮮やか。まあiPhoneの方が現実的といえばそうなんだが。ディテールの描写力はXZsの方が上。

 前モデルのXZに比べて画素数が少し減って(2300万→1920万)、画角も24mm相当から25mm相当へ変わったが(イメージセンサーサイズは同じ1/2.3型)、それは画質に影響したのか。それも気になるので、2016年11月にXperia XZのレビューで撮影した写真と見比べてみた。ディテール描写チェックのため、ガスタンク上のアンテナを等倍表示して比較。

Xperia XZs 左がXperia XZ。右がXperia XZs

 思ったより違う。2300万画素のXZより1900万画素のXZsの方がディテールに不自然さがなくて、細かいところもつぶれずにちゃんと出ているのが分かるかと思う。画素数だけで見ちゃいけないのである。

 あといくつか写真でチェック。まずは明暗差が極端に大きな風景。

Xperia XZs 実にバランス良くて緑もきれい。これはよい

 もう1つは色鮮やか作例ってことで毛糸。

Xperia XZs 手芸屋さん店頭の毛糸がきれいだったので撮ってみた

 バランスよく鮮やかに撮れているのが分かる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう