ニュース
» 2017年06月05日 19時58分 UPDATE

デンソーウェーブ、配送ドライバー向けタフネスAndroid端末「BHT-1600」発売

デンソーウェーブはAndroid 6.0を搭載し、配送ドライバーに向けたスマートフォンタイプのハンディターミナル「BHT-1600」を発売。IP67準拠の耐粉塵・防滴性能や耐落下性能を備え、配送現場での情報活用や作業の効率化に貢献する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 デンソーウェーブは、6月1日に配送ドライバーに向けたスマートフォンタイプのハンディターミナル「BHT-1600」を発表した。

Photo ハンディターミナル「BHT-1600」

 本製品には国内外の物流業界ユーザーからの声をもとに開発したプロテクターを実装し、配送現場での情報活用や作業の効率化を目指す。Android 6.0を搭載し、4G LTEの高速データ通信やGPS機能と直感的な操作が可能。業務に必要なアプリに限定した運用ができるnon-GMS(Google Mobile Service)モデルで、保護等級IP67に準拠した耐粉塵(じん)・防滴性能や耐落下性能を備えている。

 4.7型HD(720×1280ピクセル)ディスプレイには、スクラッチに強く傷が付きにくい「Dragontrail」を採用した。手の小さいユーザーや、軍手をしたままでも簡単にバーコード/QRコードの読み取り画面を押しやすい位置に配置できる「ソフトウェアトリガーキー」を搭載。バッテリーが切れても交換中にデータを保持できる機能を有し、ICカード認証による利用者制限も行える。

 軽量な「ベーシックモデル」は6月9日、1.8mからの落下にも耐えられる堅牢(けんろう)性を重視した「プロテクタモデル」は7月中旬に発売予定。海外でも万全の現地サポートや修理を提供する。

Photo 保護等級IP67に準拠した耐粉塵・防滴性能や耐落下性能を備えている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう