レビュー
» 2017年07月27日 06時00分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:2017年夏のスマホカメラ四天王「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」徹底比較(風景、料理、夜景編) (1/3)

2017年夏のスマホカメラ最強を決めるレビュー。今回ノミネートしたのは「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」。今回は風景、料理、夜景の画質チェックしていく。

[荻窪圭,ITmedia]

 2017年夏のスマホカメラ四天王「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」徹底比較、の後編。風景や料理、夜景といった人物以外の作例で画質をチェックした。また、Xperia XZ Premiumのセンサーが読み出し速度の高速化によってローリングシャッターゆがみを軽減したというので、そちらもチェックしてみた。

スマートフォンカメラ比較 左からXperia XZ Premium、Galaxy S8+、P10 plus、AQUOS Rの4台。どれもハイエンド機だけに大きめ

風景編

 では風景編から行こう。

 まずはこちらをどうぞ。雷門がメンテ中でちょっと寂しいけどご容赦を。4枚を縮小して1つにまとめてみた。1台だけ大きく違うのが分かると思う。写っている範囲が違うのだ。AQUOS Rである。

スマートフォンカメラ比較 4モデル並べて風景比較。画角やコントラストに注目

 どのくらい広い範囲が写っているかはレンズで決まる。広い範囲が写っていれば「より広角」ということで、「画角が広い」なんて言う。画角の広さは慣習的に35mmフィルム換算の焦点距離で示すわけで、その数字が小さい方が広い範囲が写ると思っていい。

 Xperia XZ Premiumは25mm相当、Galaxy S8+は26mm相当、P10 Plusは27mm相当と微妙に違いつつ似た数値におさまっているのに対し、AQUOS Rは22mm相当とひとまわり広い範囲が写るのだ。

 これはすごい。日常を記録するなら広角の方がたくさんの情報が入っていいし、人と背景を一緒に撮るなら広角の方がいいし、広角の方が遠近感が強く出るので楽しい。

 今、インスタなんかを見ていると広角が流行しているわけで、その点、目の付け所がシャープだなあと思う次第である。

 では1つずつ。Xperia XZ Premiumは約1920万画素。前モデルより少し減ったとはいえ、十分に高画素で、ディテール描写もしっかりしている。センサーが少し大きめなのもよい。

スマートフォンカメラ比較 プレミアムおまかせオートでの撮影画面。自動的に風景と認識された
スマートフォンカメラ比較 描写力は高くてしっかりしている。これはよい写り

 Galaxy S8+は約1200万画素。撮影時のモニターが見やすくていい。

スマートフォンカメラ比較 Galaxy S8+の撮影画面
スマートフォンカメラ比較 周辺部の画質がちょっと落ちているが、これだけ撮れれば十分

 P10 Plusも画素数は1200万画素だが、ダブルレンズカメラによるディテールの描写力はいかに。

スマートフォンカメラ比較 P10 Plusの撮影画面。撮影はデフォルトで
スマートフォンカメラ比較 コントラストがあって曇天下ながらけっこうはっきり写っているのがいい

 AQUOS Rは約2260万画素と今回の4機種の中では最高画素数。他より広角だが画素数が多いので情報量的にはすごいはず。また、マルチAF機能で中央以外の被写体にも自動的にピントを合わせてくれる。

 多くのスマホカメラは顔検出しない限り中央にフォーカスを合わせるので、メインの被写体が端にいるときはタッチAFを使わざるを得ないが、AQUOS Rは中央以外も見てくれる。これはいい。

スマートフォンカメラ比較 AQUOS Rの撮影画面。5つのAF枠があり、青くなっているところにピントが合う
スマートフォンカメラ比較 AQUOS Rの広角番長っぷりはすごい。これだけ広い範囲が写るのだから

 続いて青空の写りも見てみよう。いつものガスタンクだ。

 まずは色や階調のチェック。ここでもAQUOS Rだけすごく広い範囲が写っていてすごいのだが、それはそれとして、色を見てみよう。

 同じ青空でもけっこう違うのが面白いところ。Xperia XZ Premiumはコントラストがしっかりしておりガスタンクの陰影もきれいに出ている。

 ガスタンクの色が肉眼で見た色に近いのはXperia XZ PremiumとP10 Plusだ。AQUOS RとGalaxy S8+はちょっとクールめ。

スマートフォンカメラ比較 青空や階調表示に特徴が出る

 ではディテールの描写力を見てみよう。中央部、後ろに隠れているガスタンクのあたりを拡大表示してみた。

 奥のガスタンクの手すりや避雷針(だよね)を支えているワイヤがちゃんと描写されているか、そらにノイズは乗ってないか、ガスタンクのエッジに不自然さはないか、あたりがチェックポイントだ。

 AQUOS Rは残念ながら細いワイヤが見えてない。ディテール描写力が高いのはXperia XZ Premiumだった。Galaxy S8+はちょっとシャープネスがきつめ。P10 Plusはディテールはやや甘いところもあるが不自然なシャープネスもかかっておらず、ナチュラルでいい。

スマートフォンカメラ比較 拡大表示してディテール描写力チェック!

 意外に差は出るモノなのである。では元画像もどうぞ。

スマートフォンカメラ比較 Xperia XZ Premium
スマートフォンカメラ比較 Galaxy S8+
スマートフォンカメラ比較 P10 Plus
スマートフォンカメラ比較 AQUOS R

 という感じで、風景チェックでは、Xperia XZ Premiumが優秀。AQUOS Rは画素数を増やしすぎたかな、というところか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう