ニュース
» 2017年08月08日 19時17分 UPDATE

ドコモ、LTEを活用した機内Wi-Fiの実証実験に成功

ドコモが、LTE技術を活用した航空機内のWi-Fiサービスの実証実験に成功した。航空機と地上で直接通信を行う「地対空通信方式」を採用し、VHF帯TD-LTEの無線通信システムを宮城県に構築。実測で下り27Mbpsの速度が出た。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは8月1日、LTE技術を活用し、航空機内のWi-Fiサービス高速化の実証実験に成功した。国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所(ENRI)、全日本空輸(ANA)、パナソニック、ジャムコとの協業によって実現した。

ドコモ機内Wi-Fi 実証実験のイメージ

 この実験では、航空機と地上で直接通信を行う「地対空通信方式」を採用。ドコモはVHF帯TD-LTEの無線通信システムを宮城県に構築し、岩手県、宮城県、福島県の上空エリアで実験局免許を取得した。その上で、ENRIが所有する実験用航空機「よつば号」に、パナソニックが開発した航空機用端末装置を搭載して、ANAが作成した立体的な検証飛行ルートに基づき、ジャムコがよつば号を運航した。

 無線通信システムの基地局は、高度最大8700m、半径最大93kmの上空エリアをカバーし、時速430kmの航空機で下り最大27Mbpsの通信に成功した。機内Wi-Fiサービスの利用を想定したインターネット通信、メールやメッセージの送受信、ライブ映像の視聴、電子雑誌の閲覧が、地上にいるときと同様に利用できたという。

 現在商用化されている機内Wi-Fiサービスは衛星通信を採用しているが、地対空通信は、航空機側に設置する装置がより小型になるメリットがある。

ドコモ機内Wi-Fi 実験機の「よつば号」
ドコモ機内Wi-Fi よつば号に搭載したアンテナ
ドコモ機内Wi-Fi 機内に設置した実験装置
ドコモ機内Wi-Fi 地上(宮城県)に設置した実験アンテナ
ドコモ機内Wi-Fi 機内での実験の様子
ドコモ機内Wi-Fi 機内で試したコンテンツサービス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう