ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子雑誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

磯部孝のアパレル最前線:
ワークマンの靴専門店、業界一強「ABCマート」の牙城を崩せるか
ワークマンは4月1日、スピンアウトさせた新業態「ワークマンシューズ」が、大阪市の商業施設「なんばCITY」オープンした。日本のシューズ市場はエービーシー・マート一強の時代が続いている。その理由とは?(2022/5/24)

Q&A 総務・人事の相談所:
パフォーマンスが下がった社員 賃金は下げられる? 人間の心理「損失回避」に注意
「わが社には病気を患ったのを境に成果が下がった社員がおります。このような場合、賃金を下げる制度というものはありませんでしょうか?」 人事評価のプロの回答は?(2022/5/16)

20〜30代に聞く:
女性の転職理由1位 東京「年収アップ」、大阪「ワークライフバランス」
キャリアデザインセンターが運営するWebマガジン「Woman type」は、東京および大阪に在住&勤務する20〜30代の女性を対象に仕事や金銭感覚について調査。転職理由や貯蓄額に地域差が見られた。(2022/4/28)

磯部孝のアパレル最前線:
東京・銀座にダイソー、ワッツ、スリーコインズが続々出店 採算は取れるのかシミュレーションしてみた
2020年から始まった新型コロナウイルスの感染拡大から2年がたつ。新型コロナウイルスは街の景色をもすっかり変えてしまった。東京・銀座も例外ではない。現在でも日本一高額な土地の代表格である銀座に、現在100円均一ショップの出店が増え始めている。(2022/4/21)

非正規は行き止まりか:
「企業が正社員を非正規に置き換えている」は本当なのか?
非正規労働者が増えているといわれていますが、地方色の衰退と関係があると筆者は指摘。正社員が減っているからではないという。どういうことなのか?(2022/4/12)

磯部孝のアパレル最前線:
“恐竜”が出迎えるイトーヨーカ堂の新フロアが面白い! エンタメは大型商業ビジネスの切り札となるか
住みたい街ランキングの上位にランクインしたこともある「武蔵小杉」にある商業施設「グランツリー武蔵小杉」。そこで今、子どもたちを夢中にさせている売り場がある。2021年11月に登場した「TOYLO PARK(トイロパーク)」だ。(2022/3/31)

Q&A 総務・人事の相談所:
賃上げは毎年必要か? 「やるべき」と言い切れる、これだけの理由
中小企業でも賃上げは毎年必要でしょうか──。この質問に対し、人事評価専門のコンサルティング、神田氏の答えは「毎年行うことをお勧めします」。理由は大きく2つあるいいます。(2022/3/30)

30%がメタバースでの“お砂糖”経験あり―― 既に身近になりつつある「メタバース恋愛」の驚くべき実態とは【バーチャル美少女ねむ寄稿】
“お砂糖”“お塩”って知ってる?(2022/3/18)

磯部孝のアパレル最前線:
安さが売りだった「しまむら」を変えた! 子ども服「バースデイ」のあなどれない実力
出生数の減少に歯止めが止まらない中、ベビー・子ども服関連で快進撃を続けているチェーン店がある。それが、しまむらグループのバースデイだ。(2022/3/8)

統計を読む:
氷河期世代という物語 「非正社員が多い」は幻想か?
1993年〜04年に学校卒業期を迎えた世代、いわゆる「氷河期世代」。バブル崩壊後の不況で正社員になれず、非正社員でいる人が多いといわれますが、この物語は本当なのでしょうか。統計をひも解いてみると……?(2022/3/6)

dマガジン&Fujisan.co.jpが「3.4 雑誌の日」キャンペーン 最大3400ポイントを付与
NTTドコモの電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」と、富士山マガジンサービスが「3.4 雑誌の日」キャンペーンを開催。最大3400ポイントのdポイントや定期購読1年分をプレゼントする。(2022/3/1)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業代」を稼ぐため、わざと残業? 社員を納得させる、残業の減らし方
社員の残業が多くて困っています。正直なところ、残業手当を目当てに行う「生活残業」ではないかと疑っています。何か解決策はないでしょうか。(2022/2/16)

Q&A 総務・人事の相談所:
業績が苦しくても、ボーナスを絶対に支給すべき理由 どうやって実現?
「コロナの影響で売り上げが落ち込んでいて、次回賞与の支給を見送ろうと考えていますが、問題ないでしょうか」──この質問に、筆者は「法律的には問題はありませんが、経済的には問題があります」といいます。どういうことでしょうか?(2022/1/21)

【漫画】4歳息子が初めておばあちゃんに手紙を書いたら…… おばあちゃんの斜め上な行動につい笑ってしまう
男の子に起こった悲劇。(2022/1/7)

Q&A 総務・人事の相談所:
「社員が低い目標ばかり立ててきます」 目標管理のコツ、どうすればいいでしょうか?
昨年から目標管理を導入しましたが、社員が達成率を上げようとして、低い目標ばかり立ててきます。どのようにすればいいでしょうか。(2022/1/7)

磯部孝のアパレル最前線:
ユニクロもついに値上げか? 食品メーカーが次々決断する中、アパレルだけが踏み切れない“不自然”な理由
食品、日用品を中心に値上げの動きが急速に高まっている。緊急事態宣言が解除され、アパレル消費に復活の兆しが見え始めている中で冷や水を浴びせかねない今回の値上げ圧力。しかし、アパレルでは、簡単に値上げ宣言しにくいのが現状だ。その理由について筆者はこう分析する。(2022/1/4)

実写版「カウボーイビバップ」の打ち切りが決定 ファンの反応に温度差「ですよねー」「まだ見たかった」
日米Twitterでトレンド入り。(2021/12/10)

パグ「あ、だめ尊い……待って、す、好きいぃ…!」 推しの柴犬を前に限界を迎えたパグの動きがかわいすぎる
推しを目の前にしたときの行動は犬も人間も同じなのかもしれない……。(2021/11/29)

「ピクサーのアニメ映画人気ランキング」 トップ2は、おもちゃのシリーズ作品が獲得
「好きなピクサーアニメ映画」に関する調査を実施した。3位は「リメンバー・ミー」が獲得する結果に。トップ2はシリーズ作品が獲得した。(2021/11/20)

dマガジン、700誌が3日間読み放題の「雑誌ヨみまくり3DAYS」 11月30日まで
NTTドコモは、電子雑誌の読み放題サービス「dマガジン」7周年を記念した「雑誌ヨみまくり3DAYS」を開催。dマガジンのアプリをインストールすれば、700誌以上が3日間無料で読み放題となる。(2021/11/18)

磯部孝のアパレル最前線:
宣言解除でアパレル業界の復活なるか 秋冬商戦で問われる企業の力
コロナ禍で人流に変化がおきて生活者のライフスタイルも変わった。生活者のライフスタイルの変化に対応できた企業と出遅れた企業とでは業績に差が生まれたように思う。アパレル業界が打破しなければならないポイントや対応策について考えてみたい。(2021/10/27)

月刊乗り鉄話題(2021年10月版):
開業57年の大変化(?) 東海道新幹線の“働く人”向け新車両「S Work車両」、早速乗って分かったこと
東海道新幹線にビジネスパーソン向けの新車両「S Work車両」ができました。ビジネス向け? 私には関係ないや、と思った方ちょっとお待ちを。いろいろいいこともありそうですよ。(2021/10/14)

磯部孝のアパレル最前線:
小売り覇権に陰り? 丸井の衣料PB撤退が意味するもの
店舗ブランド「OIOI(マルイ)」としておなじみで首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する丸井。その丸井がプライベートブランド(PB)事業からの撤退を決めた。(2021/10/1)

経営者・岡田武史【後編】:
岡田武史監督に聞くリーダー論 私利私欲でメンバーを外したことは一度もない
日本代表を2回もサッカーワールドカップに導いた希代の名監督・岡田武史。日本代表監督と会社の経営者という2つの立場を経た今気付いた、チーム作りと会社作りの共通点、マネジメントの極意とは――。日本代表監督時代を振り返りながら、“指導者・リーダーとしての岡田”に迫る。(2021/9/24)

経営者・岡田武史【前編】:
岡田武史監督が選んだ経営者という生き方 FC今治を通じて“チーム日本”を引っ張る
あの「岡ちゃん」は今、経営者になっている――。サッカーワールドカップ日本代表の監督を2度務めた岡田武史。なぜ、岡田武史は経営者になったのか。「これからは物質の豊かさではなく心の豊かさを追う時代」だという岡田。本人に話を聞いた。(2021/9/22)

平野ノラ、“インテンスメイク”でガチなゲロマブいい女に 「アンジーみたいね!」「クールビューティー!」
バブリーメイクがアップデートされてる。(2021/9/9)

App Store、公正取引委員会の調査結果を受けリーダーアプリから外部リンクが可能に
日本の公正取引委員会が行っていた競争阻害行為の有無について調査が終了し、Appleと合意に達した。今回の決定は日本だけでなく世界中の開発者に適用される。(2021/9/2)

前年比4.8%増:
これがDXと呼べるか不明だが、出版業界は新たなフェーズに入ったようだ
2020年度の紙と電子、両方あわせた推定販売額が、1兆6168億円となんと前年比4.8%増となったようだ。(2021/9/1)

YouTubeだけじゃない:
別所哲也に聞く「企業ブランディングに映像が求められる理由」 急速に立ち上がった新市場
俳優の別所哲也氏が主催し、21年で23回目を迎えた国際短編映画祭SSFF。企業のブランディングを目的とした映像だけを集めた部門BRANDED SHORTSには、コンサルティングブランドであるデロイト デジタルが今年からパートナーとしてスポンサードしている。ビジネス業界と映像業界との距離の変化を捉えていきたい。(2021/9/2)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)

磯部孝のアパレル最前線:
堅調ZOZOに死角はあるのか 若年層を取り込む「本田翼」CM戦略と「ツケ払い」から考える
ZOZOTOWNを運営するZOZOが好調だ。直近の22年3月期の第1四半期 (21年4〜6月)の商品取扱高は1067億円(前年同期比11.9%増)、営業利益125億円(同20.8%増)と、ステイホームによるデジタルシフトという高いハードルに対して2桁増だった。(2021/8/25)

目指すは上場:
育児中の主婦が立ち上げた「子ども向け英語スクール」は年商7000万円に成長 教育ビジネスの勝ち組に「異色の戦い方」を聞いた
今、ひそかに注目を集める、子ども向け英語スクールがある。SUNNY BUNNY Language Educationは、もともと2006年に当時2歳の娘を育てていた羽織愛氏が立ち上げた親子英語サークルが母体だ。設立7年で年商は7000万円、売り上げを伸ばし続ける教育ビジネスの勝ち組だ。大手企業も進出する教育ビジネスの中で、どのような戦略を実行してきたのか。代表の羽織氏に聞いた。(2021/8/23)

既存の学校教育はオワコン:
ホリエモンが教育ビジネスに取り組む真意 「あと何年かで“ゼロ高出身のスーパースター”が出てくる」
堀江貴文氏が主宰するサポート校「ゼロ高等学院」は、座学ではなく行動を目的として新たな学習形態を提供している。さらに堀江氏を顧問に迎えたプリスクール「ZERO International Preschool」が9月に開園。3歳から6歳を対象に生徒の募集を始めていて、堀江氏もオンラインを中心にカリキュラムに助言していくという。堀江氏の展望を聞いた。(2021/8/21)

ポストコロナの報酬戦略:
給与を社員本人が決める会社 なぜ“崩壊”しないのか?
報酬制度の在り方は、企業の競争力に影響を与えます。テレワーク時代にはこの傾向が一層強まるでしょう。では、どのような報酬制度を導入すれば、効果があるのでしょうか。(2021/8/10)

インプレスが調査:
電子書籍の市場規模は大きく拡大する一方、マンガアプリは伸び悩む 要因は?
20年度の電子書籍の市場規模や利用率、利用実態を調査。コロナ禍や大ヒットした作品の影響で市場は伸びた。多くの人が利用している電子書籍サービスやアプリは何か。(2021/8/5)

磯部孝のアパレル最前線:
コロナ禍でも改革断行で黒字転換のアダストリア 多ブランド展開で進める“差別化”と“課題”
グローバルワーク、ニコアンド、ローリーズファームなどを展開するカジュアル衣料大手アダストリアの22年2月期第1四半期(21年3〜5月)の決算が好調だ。(2021/8/3)

愛する妹に「24時間後に死ぬ呪い」をかけた兄 恐ろしい死神との契約から始まる漫画がやさしい世界
死神さん……!(2021/7/24)

箱状に加工され仮想現実で暮らす「人」たち 現実にやってきた人に世界を案内して回る漫画が優しいディストピア
「外」の世界を楽しむ仮想現実の住人たちがかわいい。(2021/7/22)

磯部孝のアパレル最前線:
フランス司法当局がユニクロなど捜査 新疆問題で表面化する日本アパレルが抱えるジレンマ
7月2日、フランスの司法当局は「人道に対する罪の隠匿」の疑いでユニクロのフランス法人など4社の捜査を始めた。(2021/7/15)

磯部孝のアパレル最前線:
アウトドアブーム再来 バブル崩壊後に起きた1次ブームとの違い、今のトレンドは?
現在はアウトドアブームだという声が聞こえてくる。実は、過去にもアウトドアブームが巻き起こっていたのをご存じだろうか。(2021/6/30)

磯部孝のアパレル最前線:
コロナ禍で“家で着る服”が超細分化? 各社の新ブランドから透ける“苦渋の決断”
コロナ禍がダメ押ししたような形で続くアパレル不況。そうした中でも売り上げが好調なカテゴリーが「家着スタイル」と呼ばれる新たなファッションキーワードだ。(2021/6/23)

会社と“個人SNS”の関係:
フジテレビの女子アナ“ステマ”疑惑が突き付ける「※ツイートは個人の見解です。」のウソ
『週刊文春』4月22日号で発覚した、8人のフジテレビ女性アナウンサーの“ステマ”疑惑。そもそも何が問題だったのか。そして、フジテレビ以外の企業にもそのような問題が発生する芽はないのか、考えてみたい。(2021/6/12)

磯部孝のアパレル最前線:
おしゃれの象徴だったアパレルの「買い物袋」 有料化から1年で各社の対応に差が
2020年7月から全国一斉にレジ袋有料義務化が始まった。導入からおよそ1年が経過し、マイバッグやエコバッグ使用の浸透度合いやアパレル業界の対応、今後の課題感について取り上げてみたい。(2021/6/3)

創作クラスタよ、2021年も「祭り」が来たぞ 物語創作にお役立ちなフィルムアート社のkindle本58冊が半額に
祭りだ!(2021/6/2)

磯部孝のアパレル最前線:
無印やユニクロの在庫管理はどう? アパレル業界が抱える「サイズ展開」と「需要予測」のジレンマ
アパレル市況は相変わらず厳しい。そんな中でも、カテゴリーにとらわれない拡張路線を走る良品計画の21年8月期第2四半期決算から課題点についてみていきたい。(2021/5/19)

磯部孝のアパレル最前線:
渋谷に異変? イケアやダイソーの出店で「ファッションの街」に何が起きているのか
若者の街として長く親しまれている東京・渋谷の景色が大きく変わろうとしている。ファッション文化を輩出してきた街に今、何が起きているのか……(2021/4/30)

磯部孝のアパレル最前線:
ユニクロ一強のカジュアル市場に一石を投じたワークマン アパレル業界は「安さ」が全てなのか
作業服専門店からカジュアル市場への参入を図り、ユニクロ一強の市場に一石を投じたワークマンは、強烈なインパクトを放った。しかし筆者は「安さは企業の親切であるかのように語られるべきではない」と懸念を示す(2021/4/21)

磯部孝のアパレル最前線:
ジーユーがベビー服市場に参入 西松屋や赤ちゃん本舗の牙城を崩せるか
市場規模1兆円も満たないベビー服市場にジーユーが参戦した。ターゲットボリュームの減少以外の理由として指摘しておきたいのは、ベビー服市場が持つ特異性と専門性だ。(2021/3/24)

すでに完成してる! 11歳の山口らいら、大人びた表情が小学生とは思えない美を放つ
圧倒的美。(2021/3/13)

磯部孝のアパレル最前線:
ユニクロ・ワークマン参入で危機 AOKIの“4800円スーツ”は起死回生の一手となるか
リモートワークの普及とともに「常時オフィス出勤」というこれまでの常識が通じない現在、ビジネススーツ業界にも新しい潮流がうまれて来ている。(2021/3/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。