連載
» 2017年08月12日 10時00分 UPDATE

懐かしのケータイギャラリー:国内初のBluetooth対応 ジョグダイヤル付きストレートケータイ「C413S」

ソニー端末の代名詞「ジョグダイヤル」を備え、久々のストレート端末として登場した「C413S」。ワイヤレスでつないだPCでインターネットを利用できる、国内初のBluetooth対応ケータイでした。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、auのソニー(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「C413S」です。

「C413S」(アンテナをしまった表面)
「C413S」(裏面) 「C413S」

 C413Sは、国内で初めてBluetoothに対応したケータイです。当時のソニー端末は折りたたみ型が多かったのですが、久々にストレートタイプのボディーで登場しました。ソニー端末の代名詞ともいえるジョグダイヤルも搭載しています。

「C413S」(アンテナを広げた表面) 通信するときはアンテナを展開
ジョグダイヤル ソニー製ケータイではおなじみだったジョグダイヤル

 国内初ということもあり、Bluetoothの対応プロファイルは少なく、現在では一般的なBluetoothデバイスの1つとなった「Bluetoothヘッドセット」は使えませんでした。

 ではどのようなことができるのかといえば、C413S同士でBluetooth接続して占いを始めとする内蔵アプリを楽しむこと、アドレス帳・スケジュールを送受信することや、PC・PDAと接続してダイヤルアップ接続でインターネットに接続することぐらいです。

右側面

 ソニーのノートPC「VAIO C1」と組み合わせて、外出先でワイヤレスでインターネットというのは、モバイル好きの憧れのスタイルでした。

 ちなみに、発売直後の2001年10月には、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが設立されたため、ソニー製として最後のau端末となりました。

「C413S」の主な仕様

  • 発売日:2001年6月中旬
  • キャリア:au
  • メーカー:ソニー
  • サイズ:約44(幅)×127(高さ)×19(奥行き)mm
  • 重量:約90g
  • メインディスプレイ:半透過型STNカラー液晶 256色(120×160ピクセル)
  • ボディーカラー:ホワイト、バイオレット、ピンク(限定色)

関連キーワード

ソニー | Bluetooth | au


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう