ニュース
» 2017年09月01日 15時22分 公開

NTTコム、LINE上で格安SIMの疑問に回答 AIエンジン「COTOHA」を活用

NTTコムが、LINE公式アカウントにAIエンジン「COTOHA」を活用。格安SIMやOCN モバイル ONEについてサポートする機能を8月31日から提供している。オリジナルキャラクター「リス太」と会話ができる。

[田中聡,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは、LINE公式アカウントにAIエンジン「COTOHA」を活用し、格安SIM全般やNTTコムのモバイルサービス「OCN モバイル ONE」をサポートする機能を8月31日から提供している。

 公式アカウントと友だちになると、格安SIMについての質問に答えてもらえるAI対話機能や、OCN モバイル ONEオススメのプランを提案してくれる診断機能を24時間365日利用できる。その際、オリジナルキャラクター「リス太」が会話をする。

cotoha LINE公式アカウント上での利用イメージ

 AI対話機能では、「格安スマホとは?」「SIMとは?」といった基本的な質問にも答えてくれるほか、リス太と簡単な日常会話もできる。なお、他社MVNOやキャリアとの比較についての質問には答えられず、AIで解決できない場合は有人のオペレーターを案内される(有人オペレーターの対応時間は日曜祝日以外の10時〜19時)。会話がかみ合わなくなったら「リセット」を押すと、再び会話をゼロから始められる。

 診断機能では、3〜6つの質問に答えると、OCN モバイル ONEオススメのプランを提案してくれる。セット販売している端末もリコメンドしてくれる。

cotoha 主な機能

 NTTコムは「自分に合ったプランが分からない」「有人の窓口に何を聞いていいか分からない」といった人に対して、手軽に相談や問い合わせをしてもらうために、今回のサービスを開始したと説明している。

 COTOHAは、110万語の日本語データーベースや日本語処理技術を活用したコミュニケーションエンジン。不足している情報をユーザーに質問したり、応答を学習したりすることで、応答能力が強化されるのが特徴。

cotoha AIエンジン「COTOHA」導入の背景
cotoha COTOHAとは

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう