ニュース
» 2017年09月26日 16時15分 公開

楽天がFREETELのMVNO事業を買収 プラスワンは端末事業に専念

楽天が、プラスワン・マーケティング(FREETEL)のMVNO事業を買収。プラスワンは11月1日から分割会社になり、端末事業に専念する。

[田中聡,ITmedia]

 楽天が9月26日、プラスワン・マーケティング(FREETEL)のMVNO事業を買収することを発表した。楽天はプラスワンを11月1日から分割会社とし、その対価として5億2000万円を支払う。

楽天FREETEL 楽天の案内

 プラスワンはMVNO事業と端末事業を展開してきたが、このうちのMVNO事業を楽天に譲渡する形。同社は「楽天モバイルを運営する楽天へ承継することが、今後も安定したサービスを長期的にお客さまへ提供できると判断した」とコメントしている。

楽天FREETEL プラスワン・マーケティングの案内

 プラスワンのモバイル事業は楽天が承継するが、既存ユーザーは11月1日以降もFREETELのサービスは使い続けられる。11月1日以降、FREETEL SIMの契約先は楽天になるが、ユーザーが特別な手続きをする必要はない。またAPN設定の変更も必要ない。FREETEL SIMで適用されているキャンペーンは継続される。

 継承対象となるのはFREETEL SIMとその付帯サービス(スマートコミコミプランなど)、YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL、ニコニコSIM(仮)powered by FREETELで、旧サービスのfreetel mobileやプリペイドSIMは対象外。

 ただし11月1日以降に新規でFREETELブランドのサービスを契約できるかは未定(楽天、プラスワン)とのこと。

 今回の買収により、プラスワンは端末事業により注力し、コストパフォーマンスに優れたモバイル端末を国内外へ提供していくとしている。既存のスマートフォンをはじめとするモバイル端末の販売や、海外事業も継続する。同社は2017年に国内で新機種を発表してないが、近日中に新機種を発表する計画があるという。

楽天FREETEL FREETELの公式サイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう