ニュース
» 2017年10月19日 13時00分 公開

ドコモ、先読みして提案できる「AIエージェントサービス」2018年春に提供

NTTドコモはユーザーが必要とする情報を理解し、適切なタイミングで提案する「AIエージェントサービス」を2018年春に提供。サービスの一部を先行体験できる取り組みを2017年10月下旬から順次展開する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、10月18日にユーザーが必要とする情報を理解し、適切なタイミングで提案するスマートフォン・タブレット向け「AIエージェントサービス」を発表。2018年春に提供を開始する。

 本サービスは「AIエージェントAPI」などを活用し、「しゃべってコンシェル」の機能をより付加価値の高いサービスへ進化させたもの。例えば天気や運行情報を理解した上で早めにアラームを鳴らす、ユーザーの代わりにネットショッピングで買い物を行う、旅行の予約に加えて旅先の天気や周辺情報を知らせるなど、ユーザーにとって専門性の高いサービスを提供。「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」の取り組みを通じ、20を超えるパートナー企業との連携を目指す。

 サービスの展開に先駆けて、しゃべってコンシェルの機能を2017年10月下旬に拡充し、「dヒッツ」「ラジコ」の一部機能が声で操作できるようになる。また「dグルメ」「dリビング」と連携し、一部機能を対話で利用できるアプリ「おしゃべり」を2017年11月下旬にリリース。2018年1月以降には離れた場所からでもこれらの機能を利用できる「ドコモ シンプルマイク01」を販売する予定だ。

Photo 対象コンテンツイメージ

 対応機種は「しゃべってコンシェル」と「おしゃべり」がAndroid 5.1以上を搭載したスマートフォン・タブレット。音声起動機能は「arrows NX F-01J」「V20 PRO L-01J」「Xperia XZs SO-03J」「Xperia XZ Premium SO-04J」「AQUOS R SH-03J」「Xperia XZ1 SO-01K」「Xperia XZ1 Compact SO-02K」「arrows NX F-01K」「arrows Tab F-02K」「V30+ L-01K」「JOJO L-02K」「dtab d-01K」。なお2016年冬モデル以降の一部機種で提供している「音声起動」だが、今後は対象機種を拡大していく予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう