レビュー
» 2017年11月29日 06時00分 公開

「ポケモンGO」がiPhone Xに最適化 操作性は変わった?

「Pokemon GO」アプリがiPhone Xの画面に最適化された。操作性や表示はどう変わるのか? 新バージョンと前バージョンを見比べてみた。

[田中聡,ITmedia]

 11月21日から順次、「Pokemon GO」アプリのアップデートが開始された。新バージョンはAndroidが「0.83.1」、iOSが「1.53.2」。注目は、iOS版が「iPhone X」の画面解像度に最適化されたこと。

Pokemon GO、iPhone X アップデートにより、iPhone Xの画面いっぱいに表示できるようになった「Pokemon GO」

 これまでのPokemon GOは、アプリ画面のアスペクト比が16:9だったため、iPhone Xでは上下に黒い帯が表示されていたが、新バージョンだとiPhone Xの画面いっぱいに表示される。

 では操作性はどうか。気になるのはポケモンを捕獲するとき。従来バージョンだと、モンスターボールはディスプレイ面の最下部よりも少し上に表示されるので、片手でも投げやすかった。

 新バージョンでは、モンスターボールが画面の最下部に表示されるが、モンスターボールは画面のどの場所に触れても投げられるので、片手での操作性への影響はない。しかし、画面下部にあるホーム画面に戻るためのバーとモンスターボールが重なって表示されるため、画面下部に表示されているボールに触れながら投げると、誤ってホーム画面に戻ってしまう恐れがあるので注意したい。

【訂正:11月30日10時43分 初出時に、片手での操作性について誤解を招く記述がありましたので、加筆修正しました】

Pokemon GO、iPhone X 画面下部のバーに触れてホーム画面に戻らないよう注意

 また、あらためてアップデート前後の画面を見比べると、新バージョンのポケモン捕獲画面は、従来の画面を拡大したもので、ポケモンとモンスターボールは大きく表示される。これはこれで見やすいが、「ホウオウ」など元が大きなポケモンだと、画面からはみ出してしまうかも?

Pokemon GO、iPhone X 左がアップデート後、右がアップデート前のPokemon GO(以下同)。アップデート後の方が、捕獲画面ではポケモンやモンスターボールが大きく表示される

 その他の画面は表示領域が増えて、スクロールせずにより多くの情報を見られるようになる。例えば捕獲したポケモンの詳細は、1画面に「わざ」まで表示される。ポケモン一覧は従来よりも1行多く表示される。画面下部に表示される「×」などのアイコンは、より下の方に表示されるので片手でやや押しにくくなったが、これは致し方ないか。

Pokemon GO、iPhone X ポケモンの詳細画面は、新バージョンだと「わざ」の名前もスクロールなすで確認できる
Pokemon GO、iPhone X マップも広範囲を表示できるようになった
Pokemon GO、iPhone X 戦績の画面では、最近行ったジムもギリギリ見えるように
Pokemon GO、iPhone X ポケモン一覧は、1行多く表示できるようになった
Pokemon GO、iPhone X タマゴの画面は逆に余白ができてしまった
Pokemon GO、iPhone X ショップの画面も多く表示される
Pokemon GO、iPhone X 図鑑もご覧の通り

 操作性はやや変わるが、利便性が上がった新バージョンのiPhone X向けPokemon GO。これまでは上下に帯があったので、まるでiPhone 7や8でプレイしている感覚だったが、ようやくPokemon GOでも「iPhone Xを使っている」と実感できそうだ。

Pokemon GO、iPhone XPokemon GO、iPhone X スクリーンショットはこんな感じ。画面の切り欠きの部分ももちろん表示される

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう