トップ10
» 2017年12月27日 15時00分 公開

Mobile Weekly Top10:Pokemon GOの“分断”は解決できるか?/2018年のモバイル業界はどうなる?

iOS版「Pokemon GO」に「AR+」という新機能が実装されました。この機能を有効にして一定条件のもとポケモンをゲットすると新たなボーナスが付与されるのですが、Androidスマホを含む未対応機種ではそのボーナスがもらえません……。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2017年12月18日から12月24日までのアクセスを集計し、ランキング化しました。

AR+プロモーションコード iOS版(iPhone 6s以降)限定の「AR+」(写真=左)と、Android版限定の「プロモーションコード」(写真=右)

 アクセスランキングの1位8位は、iOS版のPokemon GO(ポケモンGO)に新たに実装された「AR+」に関する記事です。

 ポケモンにより「近づける」ようになるAR+は、「エキスパートボーナス」という新たなボーナス要素も内包しています。しかし、現時点ではiPhone 6s以降のiPhoneでのみ利用可能で、Android版では新たなボーナスの恩恵にあずかれません。また、スマートウォッチへの対応も実質iOS版のみです(Apple WatchはiOSデバイスでのみ使える)。

 AndroidスマホでPokemon GOをプレイしている人がプレイと機能の両面で“不利”な扱いを受けているともいえる状況ですが、逆にノベルティとしてアイテムなどを無料でもらえる「プロモーション」機能はAndroid版でのみ利用できる状況です(日本ではプロモーションを使ったアイテム配布の実施例はありませんが……)。

 このように、現状のPokemon GOは遊ぶプラットフォームによってある種の“分断”が起こってしまっています。

 iOS版アプリのAR+は、Appleの「ARKit」を使って実現しています。Androidでも特別なハードウェアを必要としない「ARCore」というAR技術が登場したため、時間がたてばAndroid版アプリにもAR+(とエキスパートボーナス)が実装される……と期待したいのですが、Android版のスマートウォッチ対応やiOS版のプロモーションコード対応が進まない現状を見ると不安に思ってしまいます。

 遊ぶプラットフォームが違ってもプレイ上の“不公平”が起こらない――そんなスマホゲームが理想だと思うのですが、難しいものなのでしょうか……?

MVNOの成長が鈍化? MM総研の「独自サービス型SIMの市場規模実績および予測」。2018年3月末の予測契約回線数を下方修正している

 2位には、石野純也さんの連載から「大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは『勝ち組』『負け組』が明確に」がランクインしました。

 2017年を思い返すと、夏商戦あたりから大手キャリアの「MVNO(≒格安SIM)対抗」が強まった印象です。その結果、「事業が順調なMVNO」と「事業が不調なMVNO」の色がハッキリと分かれ、前者においても純増の鈍化という影響が出てきています。

 そんな中、既にMVNOとして事業を展開している楽天は自社で通信網を構築する「MNO」になることを表明(参考記事)。新しい周波数帯(Band)の免許の割り当てを前提に、2019年中の事業開始を目指しています。

 2018年のモバイル通信業界には、何が待ち受けているのでしょうか……? 楽しみにしつつ、2017年最後の「Mobile Weekly Top10」を締めくくろうと思います。

関連キーワード

Mobile Weekly Top10 | Android | iOS | iPhone | ARKit | 格安SIMカード


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう