ニュース
» 2018年01月26日 16時54分 公開

KDDI、パートナー企業とコラボしたホームIoTサービス「with HOME」提供開始

KDDIは、パートナー企業とコラボレーションしたホームIoTサービス「with HOME」をスタート。auの契約者以外でも「with HOMEデバイス」の購入や基本料金などの支払いでサービスを利用できるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、1月30日から多業種のパートナー企業と共同で企画・開発したコラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」を提供する。

Photo ラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」

 KDDIは既にホームIoTサービス「au HOME」を提供しているが、with HOMEを活用することで、他社もau HOMEのプラットフォームを使ってホームIoTサービスを提供可能になる。

 スマートフォンと対応デバイスを活用し、外出先から自宅の鍵・窓の開閉状況や家族・ペットの状況、家電の操作や電気使用量の確認、自宅にいる家族とのコミュニケーション、スマートスピーカー「Google Home」との連携などができる。

 初期費用は2000円(税別、以下同)で基本使用料は490円、加えて「with HOMEデバイス」の機器代金が必要。販売形態はパートナー企業が「with HOME」を販売する販売代理モデルと、パートナー企業のサービスとして提供する卸モデルの2つを用意する。サービス申し込みは各パートナー企業に行うが、一部の企業は1月30日にオープン予定の「with HOME」Webサイトからも申し込みできる。

Photo 利用イメージ

 取り扱いを行うパートナー企業は下記の12社。

  • アキュラホーム
  • 飯田産業
  • いろは
  • シーファイブ
  • J・AHBnet ※主宰: アキュラホーム(全国の工務店・ビルダーによるネットワーク)
  • 中部テレコミュニケーション(ctc) ※2月以降提供開始予定
  • テソロ
  • 鳥取ガス ※2月以降提供開始予定
  • ナイス ※2月以降提供開始予定
  • ナイスコミュニティー
  • 伏見管理サービス
  • ビッグローブ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう