ニュース
» 2018年02月13日 11時33分 公開

「Apple Watch」、LTEモデル好調で2017年の出荷が前年比54%増──Canalys調べ

Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」の2017年通年の出荷台数は約1800万台だった。9月発売のLTEモデルが好調で、累計出荷台数はほぼ900万台。第4四半期のApple Watchの出荷台数は、IDCによるとスイス時計の総輸出数より多かった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」の2017年通年の出荷台数は、前年比54%増の約1800万台だった──。調査会社Canalysが2月6日にそう発表した。

 2017年第4四半期(10〜12月)は前年同期比32%増の800万台で、これはAppleにとってだけでなく、ウェアラブル端末メーカー全体にとって1四半期の出荷台数として過去最高だった。

 watch 1 Apple Watch Series 3

 昨年9月に発売したLTE通信サポートの「Apple Watch Series 3」が好調だった。同モデルの発売からの累計出荷台数はほぼ900万台で、2017年の出荷台数の約半数を占める。米国や日本でホリデーシーズンに在庫を確保したことが大きかったとCanalysは分析する。

 watch 2 「Apple Watch」の年間出荷台数推移(資料:Canalys)

 米調査会社IDCのアナリスト、フランシスコ・ジェロニモ氏によると、第4四半期のApple Watchの出荷台数は、スイス時計協会(FH)が発表した同四半期のスイス製時計の輸出台数を超えたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう