連載
» 2018年04月07日 10時00分 公開

FOMA初のスライドケータイ「FOMA D901i」(懐かしのケータイ)

FOMA初のスライドケータイとして登場した「D901i」。Dケータイとしては初めて「Symbian OS」を採用し、外部メモリをminiSDに変更するなど、さまざまな変更が加えられた製品でした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモの三菱電機製ケータイ「FOMA D901i」です。

「FOMA D901i」(閉じた正面)
「FOMA D901i」(開いた正面) 「FOMA D901i」

 2005年に発売されたD901iは、FOMAで初めてスライドボディーを採用したケータイです。

 「クイックスライド」機構によって、バネを利用してスムーズな開閉をアシストしつつ、勝手に開いてしまうのを防いでいたのが特徴でした。

「FOMA D901i」(閉じた背面)
「FOMA D901i」(開いた背面)

 ちなみに、後継機となるD901iS以降の端末では、ワンプッシュオープンスライド方式に変更されていましたが、2007年に発売されたD904iから再びクイックスライド機構が復活しました。

 三菱ケータイでは、外部メモリとして「メモリースティックDuo」を採用していましたが、D901iで初めて「miniSDメモリーカード」を採用。また、この機種から富士通との共同開発が始まり、端末ソフトウェアがSymbian OSベースとなり、メニュー構成なども一新されるなど、三菱ケータイとして大きな転換点となった製品でした。

キー回り

「FOMA D901i」の主な仕様

  • 発売日:2005年2月1日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:三菱電機
  • サイズ:約50(幅)×106(高さ)×25(奥行き)mm
  • 重量:約136g
  • メインディスプレイ:2.4型(240×320ピクセル)TFT液晶 26万2144色
  • アウトカメラ:有効/記録約200万画素スーパーCCDハニカム
  • インカメラ:有効約31万画素CMOS
  • ボディーカラー:シャイニーブラウン、スターリングシルバー、アズライトブルー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう