レビュー
» 2018年04月19日 11時15分 公開

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:連休目前! 春の花をキレイに撮るコツ (1/3)

まもなく大型連休。サクラの季節は終わりつつあるけれど、これから咲くキレイな花もある。ということで、キレイな花を撮るためのコツをまとめてみるのである。

[荻窪圭,ITmedia]

 さて、今年(2018年)は例年より早くソメイヨシノが咲いて、あっという間に散ってしまったので、困った人も困ってない人もいっぱい出ていそうな春でありましたが、「一度決めた予定は遂行する!」ということで、葉桜の下で当初の予定通り「花見(と称した宴会)」をした皆様も含め、いかがお過ごしでしょうか?

 ……てな感じで、そんなことは忘れてiPhoneで「花」を撮る話を。4月や5月は新緑と花の季節。なので、桜は散っていても、キレイな花はたくさんあるのである。

 春なので、超初心者向けに花をキレイに撮るテクニック、行きます。

iPhoneで春を捉えるのである iPhoneで春をキレイに捉えるのである

ポイント1:光の向き

 花を見て「あ、キレイ、撮ろう」と思ったら、最初にすべきは光の向きのチェック。

 花じゃないけれど、同じ生け垣(でいいのか?)を別方向からiPhoneで撮った写真を見比べてみよう。

生け垣その1 生け垣その1
生け垣その2 生け垣その2

 1枚目は順光、2枚目は逆光の状態で撮ったもの。同じ葉っぱでも、光が表から当たっているか裏から当たっているかで、色が全然違う。

 表から日差しが当たってる方が良いのか、裏から当たってる方が良いのか、それはもうケースバイケースなので何とも言えない。

 ただ、花の場合は日陰よりは日なたの方が華やかになって良いわな。

日陰の花 日陰の花
日なたの花 日なたの花

花が暗いときはプラス補正!

 でも、撮りたいと思った花にちょうど良く光が当たってたら世話はない。「こういう構図で撮りたいけれど、花が暗くなっちゃう……」って場合は、「明るさの補正」(露出補正)を掛けてやると良い。

 どういうときに暗くなっちゃうかというと、大体「撮りたいモノ(≒花)より背景の方が明るい時」にそうなる。

 例えばこんな感じに。

カメラを向けたらシダレザクラが暗い カメラを向けたらシダレザクラが暗い

 カメラを向けたら、シダレザクラが暗い。そんな時は、明るく撮りたい所をタップして、指をスライドすると明るさを調整できる。

タップしてスライド 明るく撮りたい所をタップして、指をスライドして明るさ調整

 調整するとこうなります。

調整後のシダレザクラ 明るさを調整した後のシダレザクラ

この通り、明るく華やかになった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう