ニュース
» 2018年04月24日 10時43分 公開

ASUS、Android 8.1搭載のミッドレンジ「ZenFone Max Pro」をインドで発売へ

ASUSがインドで、新興市場向け「ZenFone Max Pro」を発表した。「Android 8.1」搭載で、背面カメラはデュアル、バッテリーは5000mAh。プロセッサはSnapdragon 636だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 台湾ASUSは4月23日(現地時間)、インドのデリーで開催したイベントで、インドを含む新興国市場向け新Android端末「ZenFone Max Pro」を発表した。インドネシアで4月25日に、インドで5月3日に発売する。インドでの販売価格は1万999ルピー(約1万8000円)から。

 zenfone 1

 同社初の「Android 8.1 Oreo」搭載端末になる。「ZenFone Max」の(新興国向け)ハイエンドモデルという位置付けで、バッテリー容量が5000mAhというのが1つの特徴だ。プロセッサは米QualcommのSnapdragon 636。

 zenfone 2 背面カメラはデュアル

 その他の主なスペックは、ディスプレイは6型フルHD(1080×1920ピクセル)、メモリは3GB/4GB、ストレージは32GB/64GBで、microSDスロット(2TBまで拡張可能)を備える。アウトカメラは1300万画素とボケ用の500万画素のデュアル、インカメラは800万画素。サイズは76(幅)×159(高さ)×8.46(奥行き)mm、重さは180g。色はグレーとブラックの2色。新興国市場向けらしく、デュアルSIMだ。

 zenfone 3 microSDとデュアルSIMのスロット

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう