ニュース
» 2018年05月21日 18時43分 公開

QRコードで即時決済できるスマホ向け「ゆうちょ Pay」2019年2月に開始予定

ゆうちょ銀行はGMO ペイメントゲートウェイと連携し、2019年2月にスマートフォンを活用した決済サービス「ゆうちょ Pay」を開始予定。利用者がパートナー企業の端末に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取ると、口座から即時引き落としされる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ゆうちょ銀行は、5月18日にGMO ペイメントゲートウェイと連携して提供するスマートフォン向け決済サービス「ゆうちょ Pay」を発表。2019年2月にサービス開始を予定している。

Photo ゆうちょ Pay」イメージ

 ゆうちょ銀行と契約するパートナー企業での代金支払いの際、ゆうちょ銀行の口座を持つユーザーがQRコードを読み取ると、あらかじめ登録した口座から代金が即時引き落とされる。パートナー側も決済サービス専用の端末を用意する必要はなく、ダウンロードしたパートナー用アプリに金額を入力すれば利用者の請求が可能だ。

 利用には、初回のみアプリのダウンロードとゆうちょ銀行口座を登録。決済時はパートナー企業の端末に表示されたQRコードを読み取り、金額など内容を確認した上で暗証番号を入力すると決済される。決済完了通知は登録メールアドレスにも送付される。

 また、GMO ペイメントゲートウェイが提供する決済システムを導入済み、または導入を予定している金融機関とも連携を予定。ユーザーが銀行や地域を越えてサービスを利用できるよう、銀行間の相互連携を進めていく。対象金融機関は以下の通り。

  • 導入済み……横浜銀行、福岡銀行
  • 導入予定……熊本銀行、親和銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行
Photo 決済イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう