ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゆうちょ銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゆうちょ銀行」に関する情報が集まったページです。

au/UQ mobileのAndroidおサイフケータイで「iDアプリ」が利用可能に
今までau/UQ mobileのAndroidおサイフケータイでは使えなかった「iDアプリ」。その利用がついに“解禁”された。iDアプリでのセットアップが必要だったカードを持っているau/UQ mobileのAndroidおサイフケータイユーザーには朗報である。(2022/4/28)

あの企業はどの市場に?:
東証再編「骨抜きになった」との批判も 社長はどう回答?
東証市場は「プライム」「スタンダード」「グロース」に再編されましたが、「本当に市場の活性化につながるのか」「経過措置によって骨抜きになったのでは」などの批判の声も。山道裕己社長は、どう回答しているのでしょうか。(2022/4/13)

au PAY、ゆうちょ銀行やイオン銀行などでチャージ可能に
au PAYは、3月24日からゆうちょ銀行、イオン銀行、静岡中央銀行、大垣共立銀行、鳥取銀行の口座からau PAY 残高へチャージ可能に。これにより計126の金融機関へ対応となる。(2022/3/24)

BANK Payっていったい何だ? 単なるQRコード決済ではないその秘密
BANK Payというサービスをご存じだろうか? よくある説明だと、「PayPayのようなQRコード決済の1つ。ただし、利用すると銀行口座から即座に料金が引き落とされる」なんて書かれている。これは間違いではないが、BANK Payの一つの側面しか見ていない。(2022/3/18)

DXには「必ずデジタル通貨の二ーズがある」 DCJPY開発のディーカレットDCP社長
国内でも民間デジタル通貨が相次いで開発されている。中でも、メガバンクはじめ国内大手企業が名を連ねる「デジタル通貨フォーラム」が進めるのが「DCJPY(仮称)」だ。(2022/3/10)

存続を危ぶむ声:
お賽銭が消える ゆうちょ銀行「有料化ショック」
金融機関で多数の硬貨を預ける際にかかる手数料について、1月からゆうちょ銀行が導入に踏み切った。大手銀行などが手数料を導入していく中で、手数料がかからないゆうちょ銀は「最後の砦(とりで)」のような存在だっただけに、硬貨を扱う機会が多い店舗や団体からは困惑の声が広がる。(2022/3/4)

つり銭とおさい銭を無償交換「コインチェンジ」 大阪・大東の野崎観音と商店街で
金融機関で硬貨の入金や両替の有料化が進む中、大阪府大東市の慈眼寺と野崎参道商店街が「コインチェンジ」という新たな取り組みを始めた。さい銭の預け入れに苦慮するお寺とつり銭不足に悩む店舗がコストを抑えるため助け合おうという新戦略だ。(2022/2/22)

「Pocket Change」サービス再開、日本円硬貨の取扱いは終了に
 情報通信業のポケットチェンジ(東京都港区)は2月9日、長期メンテナンスを実施していた「Pocket Change」のサービス提供を再開すると発表した。また、サービス復旧時より日本円硬貨の取扱いを終了する。(2022/2/14)

困惑の声:
駄菓子屋や弁当屋など ゆうちょ銀行、硬貨の預け入れ手数料に困る人々
売り上げや「小銭貯金」でためた硬貨を預けるとお金が減る――。今年1月、ゆうちょ銀行が硬貨を預け入れる際に手数料を設定したことで、沖縄県内で数百円の弁当を販売する店や子ども相手の駄菓子屋などから困惑の声が上がっている。(2022/2/7)

不正送金問題のゆうちょ「mijica」カード、7月末でサービス終了決定 新カードへの移行を案内
ゆうちょ銀行が、不正送金問題のあったVisaデビット・プリペイドカード「mijica」の提供を7月31日で終了する。今春にはmijicaに変わるデビットカードの発行を始めるとしている。(2022/2/4)

PayPay、三菱UFJ銀の口座から直接チャージできるように メガバンク3行に対応完了
PayPayはQRコード決済サービス「PayPay」に、三菱UFJ銀行の預金口座から残高を直接チャージできる機能を追加した。これまでみずほ銀行、三井住友銀行には対応していたものの、三菱UFJ銀はメガバンク3行で唯一未対応だった。(2022/2/3)

人気企業の今昔:
学生に人気の企業ランキング 10年間トップ10入りしている企業は?
学情は、「就職人気企業ランキング」の結果に関して、2014〜23年卒の10年分を比較した。毎年、人気企業が入れ替わりを見せるなか、10年間トップ10に入り続けた唯一の企業は?(2022/2/2)

「両替手数料に困っていませんか?」 小銭を手放したい神社が新サービス、お釣りが欲しい商店とマッチング
手数料負担軽減のために小銭を手放したい神社が、同じく手数料を減らすため小銭が欲しい商店に無料の両替サービスを始める取り組みが話題になっている。(2022/1/31)

小銭貯金どうすれば:
ゆうちょ銀行の有料化に波紋 森永卓郎氏「『庶民は来るな』と言っているに等しい」
ゆうちょ銀行で、硬貨を入金などする際、枚数に応じて手数料がかかるようになり、小銭の処理方法に困惑する人が続出しているようだ。(2022/1/29)

両替端末「Pocket Change」が長期メンテに 硬貨預け入れ有料化の影響か
Pocket Changeが、現金を電子マネーに変換できる端末「Pocket Change」の長期メンテナンスを始めた。銀行が硬貨の取扱手数料を有料化したことで端末に硬貨を大量投入するユーザーが増え、障害が急増しているという。(2022/1/27)

「ゆうちょPay」機能追加等実施、すべての店頭決済でゆうちょPayポイントが貯まる
 ゆうちょ銀行は、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」において、1月26日と2月1日に機能追加などを行う。これにより、すべての店頭決済でゆうちょPayポイントを貯めることが可能となる。(2022/1/26)

大手企業74社が参画 ステーブルコインDCJPYで円がデジタル化、何が変わる?
長らく「仮想通貨は決済には使えない」といわれてきた。しかし、国内大手企業74社が参加するデジタル通貨フォーラムが進める円建ステーブルコイン「DCJPY」が登場すれば、さまざまな決済に使われるだけでなく、取引の自動化にもつながる可能性がある。デジタル通貨フォーラムの山岡浩巳座長に聞いた。(2022/1/26)

「ゆうちょPay」が機能拡充 全ての店頭決済でポイント付与
スマホ決済サービス「ゆうちょPay」が、1月26日から2月1日にかけて機能を拡充。口座登録時の認証方法を追加し、全ての店頭決済で「ゆうちょPayポイント」を付与する。あわせて口座貸越サービスも提供開始する。(2022/1/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
このままでは“一億総非正規”待遇に!? 郵政は「正社員の休みを減らし格差解消」
「非正規社員の賃金が上がる」と期待が寄せられた同一労働同一賃金。しかし日本郵政グループは、正社員と非正規社員の格差是正を求める訴訟の結果、「正社員の休みを減らし格差を解消する」という提案を出した。こうした事例から、日本企業にはびこる“経営者問題”の根深さが見えてくる。(2022/1/14)

ゆうちょ銀行、現金での払い込みを110円値上げ 駅やファミマのATMも特定の時間は有料に
厳しい経営環境などが背景にあります。(2022/1/6)

郵便局で個人情報紛失が発覚 計21万4000人分、規定の保存期間・場所を誤認し廃棄した可能性
日本郵便とゆうちょ銀行は、情報流出の可能性を「極めて低い」とみています。(2021/12/15)

年末も20%〜50%還元のお得な施策が続く スマホ決済12月のキャンペーンまとめ【2021年12月5日】
2021年12月もスマホ決済キャンペーンが充実しており、ボーナス商戦を盛り上げそうだ。au PAYでは、最大20%還元の「たぬきの大恩返し 冬」も見逃せない。d払いは最大50%を抽選で還元するキャンペーンも行う。(2021/12/5)

楽天カード、ゆうちょ銀行デザイン 発行開始
 楽天カードは12月1日、ゆうちょ銀行と連携し、新たに「楽天カード ゆうちょ銀行デザイン」「楽天カード ゆうちょ銀行お買いものパンダデザイン」の申し込み受け付け、発行を開始した。両カードの発行を記念したキャンペーンなども、同日より実施する。(2021/12/2)

1年を振り返る:
イメージダウンした「不祥事ランキング」2021 2位は「森喜朗氏の女性蔑視発言」、1位は?
広報・メディア対応の専門誌『広報会議』は、2021年の「イメージダウンした出来事」のランキングを発表した。1位になったのは?(2021/12/1)

「超PayPay祭」は28日まで、高還元率の施策にも注目 スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月22日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。年末にかけて楽天ペイ、楽天Edy、楽天ポイントのキャンペーンも充実している。(2021/11/22)

10%〜50%還元の施策がめじろ押し スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月14日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。d払いは、初めて利用する人に向けて50%を還元するキャンペーンを継続している。(2021/11/14)

10%〜50%還元の施策がめじろ押し スマホ決済キャンペーンまとめ【2021年11月4日】
2021年11月も年末まで実施されるキャンペーンや、初回利用者を呼び込むキャンペーンなどが続く。PayPayは、11月28日まで開催している「超PayPay祭」に注目。d払いは、初めて利用する人に向けて50%を還元するキャンペーンを継続している。(2021/11/4)

20〜50%還元が継続、「超PayPay祭」も注目 スマホ決済10月のキャンペーンまとめ
2021年10月のスマホ決済キャンペーンも、20〜50%還元のものが目立つ。10月18日〜11月28日に開催される大規模キャンペーン「超PayPay祭」では、多数の加盟店がクーポンを配信し、オンラインショップでもキャンペーンを行う。ドコモはd払いを初めて利用すると50%を還元するキャンペーンを実施している。(2021/10/5)

振込手数料競争勃発、GMOあおぞら、住信SBI銀が追加値下げ 最安は75円に
10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。(2021/9/30)

PayPayは最大10万円還元、20%〜50%還元も充実 スマホ決済9月のキャンペーンまとめ
2021年9月もスマホ決済キャンペーンラッシュが続く。ネットユーザー必見なのが、1等で100%還元となる「秋のペイペイジャンボ(オンライン)」。初回利用でユーザーを呼び込もうとするキャンペーンも充実している。(2021/9/6)

GMOあおぞら銀、振込手数料さらに値下げ86円に スタートアップ企業向け特典も
GMOあおぞら銀行は8月31日、他行宛ての振込手数料をさらに値下げし、個人の場合で86円とすると発表した。これまでの発表の中では、住信SBIネット銀行の88円を抜いて最安値となると見られる。(2021/8/31)

ゆうちょ銀行、振込手数料一律165円に値下げ ただし11月1日から
ゆうちょ銀行は11月1日から、インターネットバンキングに限り振込手数料を一律165円に値下げする。従来は、5万円未満が220円、5万円以上が440円だった。(2021/8/24)

ゆうちょPayで5%還元キャンペーン 普及は進むか?
ゆうちょ銀行と日本郵便は9月1日から、郵便窓口でゆうちょPayを利用すると、決済金額の5%をポイント還元するキャンペーンを開始する。特にエントリーなどは必要なく、期間は12月31日まで。還元上限額は、月間300ポイントまでとなる。(2021/8/18)

郵便局で「ゆうちょPay」5%還元キャンペーン 9月1日から12月31日まで
ゆうちょ銀行と日本郵便は、9月1日から12月31日まで「郵便局でゆうちょPayキャンペーン」を開催。郵便局の郵便窓口(ゆうゆう窓口を含む)でゆうちょPayを利用すると、支払金額の5%相当分のゆうちょPayポイントを還元する。(2021/8/18)

銀行とセキュリティ 6人に1人がパスワード使い回し
キャッシュレス決済利用者からは、キャッシュレス決済サービスとの連携が豊富なネット銀行が高い支持を得ている。一方で、過半数がセキュリティに不安を持つが、パスワード管理はリスク高い状況続く。(2021/7/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
来年から「一部上場企業」は無くなります……呼び名変更「プライム」化で何が変わるのか
東京証券取引所は2022年4月4日に、これまでの「東証第一部」「東証第二部」「マザーズ」「ジャスダック」といった市場区分から、「プライム」「スタンダード」「グロース」という新たな市場区分へ移行する。「現在、東証一部に上場している銘柄がスタンダート市場に入ってしまうのか」という点と、「東証第一部に連動している株式指数のTOPIX(東証株価指数)はどうなるのか?」という点に注目したい。(2021/7/23)

Kyash イオン銀行口座の新規登録、入金を再開
決済サービスを運営するKyash(東京都港区)は、提供するデジタルウォレットアプリ「Kyash」において、7月20日からイオン銀行口座の新規登録や入金を再開する。(2021/7/21)

ゆうちょ銀行は後日対応:
LINEMOが「口座振替」での支払いに対応 サービス申し込み時のみ受け付け
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の月額料金が、口座振替でも支払えるようになった。ただし、サービスの申し込み時のみ選択可能で、契約後に選択することはできない。また、ゆうちょ銀行への対応は後日となる。(2021/7/6)

22年1月17日から:
ゆうちょ銀、一部ATMで手数料導入 駅やファミマなど、平日夜や休日は1回110円
ゆうちょ銀行は、駅やファミマなどに設置しているゆうちょATMで、2022年1月17日から手数料を導入する。平日夜や休日に預け入れ、払い戻しをすると、1回当たり110円(税込)の手数料がかかる。(2021/7/3)

ゆうちょPay、払込票の支払いで最大10%還元のキャンペーン
ゆうちょ銀行は、コード決済サービスゆうちょPayを使い、公共料金などの払込票を読み取って支払うと、最大10%のポイント還元を行うキャンペーンを行う。7月1日から2022年3月31日までの期間中に、1000円以上の支払いを行うと、ゆうちょPayポイントを100ポイント付与する。一人、月間1回まで。(2021/6/28)

「ドコモメール公式アカウント」提供開始 フィッシング詐欺対策で送信元を明示
NTTドコモは、新機能「ドコモメール公式アカウント」を提供開始。申込企業や団体の公式アカウントから送信されたメールだと明示し、送信元を容易に判別できるようにしてフィッシング詐欺メールを防ぐ。(2021/5/25)

顧客からの申し出で発覚:
元郵便局長が10億円詐取か 日本郵便、相次ぐ不祥事で「社員に対するコンプライアンスの徹底」を連発
長崎市内にある郵便局の元局長が顧客から10億円詐取した疑い。被害にあった顧客には基本的に全額補償するとしている。日本郵便では不祥事が相次いでいる。(2021/4/7)

「ドコモ口座」事件の教訓はこれからのキャッシュレス業界をどう変えるか
「ドコモ口座」にまつわる一連の事件が明らかにした、キャッシュレス業界、特に銀行側の課題とは。地銀再編をうたう菅義偉内閣の動きは銀行のモバイル改革を後押しするのか。キャッシュレス業界に詳しいライターの鈴木淳也氏が考察する。(2021/2/9)

「ドコモ口座」と銀行口座の連携、2月に再開へ 本人確認を強化
NTTドコモは1月29日、決済サービス「ドコモ口座」で2020年9月に受け付けを停止していた銀行口座のひも付けや、銀行口座からのチャージの手続きを2月3日に順次再開すると発表した。(2021/1/29)

ドコモ口座、2月3日から銀行口座からのチャージを順次再開
NTTドコモは、2月3日から銀行口座の新規登録と銀行口座からのチャージを順次再開。「オンライン本人確認システム(eKYC)」「dアカウントの連絡先携帯電話番号登録」などを導入し、安全にサービスを利用できる準備が整ったため。(2021/1/29)

PayPay、ゆうちょ銀行口座からのチャージを再開 1月20日から
PayPayは、1月20日13時からゆうちょ銀行との接続を再開する。新たに金融機関口座を登録する場合は、事前に本人確認(eKYC)の手続きが必要で、接続再開に先駆けて本人確認(eKYC)の事前受付を開始している。(2021/1/15)

ゆうちょ銀のVISAデビット「mijica」終了へ 「即時振替サービス」は順次再開
ゆうちょ銀行が、不正利用が相次ぎ停止していた、他社の電子決済サービスと同行の口座を連携する「即時振替サービス」を順次再開すると発表。Visaデビット・プリペイドカード「mijica」は、2022年春以降にサービスを終了する。(2021/1/8)

mijicaは2022年春をめどにサービス終了:
ゆうちょ銀行が1月13日9時に「即時振替サービス」を再開 メルペイやLINE Payへのチャージから
ゆうちょ銀行が、1月13日9時からスマホ(ネット)決済サービス向けの「即時振替サービス」を順次再開することになった。まず「メルペイ」と「LINE Pay」の残高チャージから再開し、その他のサービスについても準備ができ次第再開する。別途不正出金問題が発生したVisaプリペイドカード「mijica」については、ブランドデビットカードに置き換える形で2022年春までにサービスを終了する。(2021/1/8)

新サービスに機能を移行:
ゆうちょ銀行「mijica」サービス終了、不正出金・不正アクセス問題で
ゆうちょ銀行は1月8日、不正な送金や個人情報の流出の被害が発生していたデビット・プリペイドカード「mijica」のサービスを終了すると発表した。(2021/1/8)

「eKYC」「2要素認証」「2段階認証」は万全? スマホ決済や携帯のセキュリティ対策をおさらい
2020年に銀行口座からキャッシュレス決済事業者への不正出金が一斉に判明した問題で、銀行や決済サービス事業者がセキュリティ対策を強化した。その中で、頻繁に話題に出てくるのが「2要素認証」と「2段階認証」、そして「eKYC」だ。不正へのセキュリティ対策として、万全ではないし唯一の解でもないが、各社が採用を進めるこれらの技術についてまとめた。(2021/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。