ニュース
» 2018年07月31日 06時00分 公開

ドコモとJapanTaxiが資本・業務提携 タクシーの支払いに「d払い」導入

NTTドコモとJapanTaxiは、7月30日に資本・業務提携契約を締結。JapanTaxiのQRコード決済機能を搭載した広告タブレットへ「d払い」など新しい決済手段を導入するほか、両社の技術を組み合わせたサービスの開発検討を行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモとJapanTaxiは、7月30日に資本・業務提携契約の締結について発表した。

 JapanTaxiは、タクシー配車アプリ「全国タクシー」が500万ダウンロード、車両登録数は6万台以上とタクシー配車アプリとして国内トップシェアを獲得。ドコモは中期戦略「beyond宣言」に基づき、ICTを活用した豊富なソリューションで「AIタクシー」や「dカーシェア」などモビリティ分野でサービスを提供してきた。

Japan Taxi NTTドコモとJapan Taxiのニュースリリース

 両社はこれまで、「全国タクシー」とドコモのAIエージェントサービス「my daiz」の連携など、サービスの価値向上のための取り組みを行ってきた。資本・業務提携契約の締結に伴い、両社の連携をさらに強化していく。

 具体的には、JapanTaxiのQRコード決済機能を搭載した広告タブレットへ「d払い」を導入する。また、ドコモが提供する「近未来人数予測」などの技術と、JapanTaxiが展開する配車プラットフォームと広告プラットフォームなどを組み合わせたサービスの開発検討も行う。

Japan Taxi Japan Taxiの広告タブレット。JapanTaxi Walletを使ってQRコードを読み取れば、降車前にタクシー料金を支払える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう