調査リポート
» 2018年08月10日 19時40分 公開

動画SNS「Tik Tok」の認知度は38.2%、利用率は5.8% MMD調べ

MMD研究所は、動画SNS「Tik Tok」に関する調査を実施。認知度は38.2%、利用率は5.8%となり、利用用途は「動画の投稿・視聴のどちらもしている/していた」が最も多いという結果となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、8月10日に「Tik Tokに関する調査」の結果を発表した。対象はスマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女1738人で、調査期間は7月13日〜7月20日。

 「Tik Tok」は、若者を中心としたスマートフォン向け動画共有サービス。撮影したショートムービーを音楽やエフェクトで加工・編集して投稿できる。Tik Tokを「現在利用している」は5.8%、「利用したことはあるが、現在は利用していない」は3.4%、「どんなものかわかるが、利用したことはない」は13.2%で、認知度は38.2%。年代別で見ると「現在利用している」の割合が最も高いのは10代で13.6%、次いで20代の13.0%だった。

Photo

 用途は「動画の投稿・視聴のどちらもしている/していた」が45.6%で最多となり、次いで「動画を視聴のみしている/していた」が36.2%、「動画を投稿のみしている/していた」が18.1%だった。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう