ニュース
» 2008年01月29日 15時55分 UPDATE

2008年PC春モデル:CPU性能を底上げした約10時間駆動の1スピンドルPC――「Let'snote LIGHT CF-T7」

12.1インチ液晶ディスプレイ搭載の1スピンドルノートPC「Let'snote LIGHT CF-T7」は、超低電圧版Core 2 DuoのCPUクロックを高速化している。

[ITmedia]

堅牢性を維持しつつ、Core 2 Duoの動作クロックを向上

tm0801t7_01.jpg 「Let'snote LIGHT CF-T7」

 パナソニックの「Let'snote LIGHT CF-T7」シリーズは、1024×768ドット表示の12.1インチ液晶ディスプレイを搭載し、光学ドライブを内蔵しない1スピンドル構成のモバイルノートPC。2008年春モデルは、店頭モデルのCPUを超低電圧版Core 2 Duo U7500(1.06GHz)から同U7600(1.2GHz)に、直販限定ハイスペックモデルのCPUを超低電圧版Core 2 Duo U7600(1.2GHz)から同U7700(1.33GHz)に高速化した。

 プリインストールOSはWindows Vista Businessだが、ほかのLet'snote LIGHT春モデルと同様、Windows Vista BusinessとWindows XP Professional(SP2)のリカバリDVD-ROMが付属しており、Windows XP環境へのダウングレードが容易に行える。

 そのほかの仕様に変更はない。基本スペックは、グラフィックス機能統合型のIntel GM965 Expressチップセット、標準1Gバイトのメインメモリ(最大2Gバイト)、80GバイトのHDDで構成される。通信機能は、IEEE802.11a/g/bの無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、FAXモデムを備えている。標準バッテリーの駆動時間も通常モデルで約10時間、超低電圧版Core 2 Duo U7700と160Gバイトを採用した直販限定ハイスペックモデルで約9時間と変わりがない。

 ボディは2007年秋冬モデルで一新された設計を継承。キーボードの全面防滴や天板への100kgf加圧振動、動作時76センチ落下試験(底面)、非動作時30センチ落下試験(26方向)の実施など、従来と同等の堅牢性を確保している。本体サイズは272(幅)×214.3(奥行き)×24.9〜45.3(高さ)ミリ、重量は約1179グラムだ。

 発売予定日は2月15日からで、店頭モデルは予想実売価格が22万円前後、Office Personal 2007 with PowerPoint 2007モデルが25万5000円前後となる。Web限定モデルでは、従来モデルと同じ全11色のカラーバリエーションが用意されている。

Let'snote LIGHT CF-T7シリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Let'snote LIGHT CF-T7 CF-T7CW5AJR 1スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo U7600(1.2GHz) 1024MB 80GB Business 22万円前後
CF-T7CW5NJR 1スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo U7600(1.2GHz) 1024MB 80GB Business 25万5000円前後
Let'snote LIGHT CF-T7シリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU Office 2007 重量
Let'snote LIGHT CF-T7 CF-T7CW5AJR 12.1インチ 1024×768 Intel GM965 チップセット内蔵 約1.179キロ
CF-T7CW5NJR 12.1インチ 1024×768 Intel GM965 チップセット内蔵 約1.179キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう