ニュース
» 2008年05月07日 15時00分 UPDATE

2008年PC夏モデル:ホワイトの花柄が新鮮な10周年記念モバイルノート――「VAIO type T」

「VAIO type T」の店頭モデルはHDD容量と無線LAN機能を強化。直販モデルはVista Ultimate(SP1)や新デザインの天板が選択可能になった。

[ITmedia]

新柄追加で直販モデルのデザインは全11種類に

tm0507typet01.jpg 「VGN-TZ73B」

 「VAIO type T(TZ)」は、VAIOの国内販売10周年記念モデルとして、2007年5月に登場したモバイルノートPC。初代VAIOノート「PCG-505」に採用された液晶ヒンジ部分のシリンダーデザインを導入しているのが特徴だ。5月17日に発売される予定の2008年夏モデルについては、店頭販売向けモデルは基本スペックの底上げ、直販モデルは新デザインの追加がトピックになる。

 店頭モデルは従来機種と同様、1製品だけのラインアップだ。新モデルの「VGN-TZ73B」は、1.8インチHDDの容量を80Gバイトから100Gバイトに、無線LAN機能をIEEE802.11a/g/b準拠からIEEE802.11n/a/g/b準拠(11nはドラフト)に強化している。ほかのモデルと同様、プリインストールOSのWindows Vista Home PremiumはSP1対応となった。オフィススイートはOffice Personal 2007を備えている。

 それ以外の主な仕様に変更はない。メモリは2Gバイト(PC2-4200 DDR2 SDRAM)、ディスプレイは1366×768ドット表示の11.1インチワイドクリアブラック液晶(ピュアカラー)、チップセットはIntel 945GMS Express、光学ドライブはDVD-R DL対応のDVDスーパーマルチドライブだ。無線LAN以外の通信機能は、1000BASE-Tの有線LAN、Bluetooth 2.0+EDRを備えている。

 本体サイズは277(幅)×198.4(奥行き)×22.5〜29.8(高さ)ミリ、重量は約1.22キロだ。バッテリー駆動時間は、標準バッテリー使用時で約11時間、オプションの軽量バッテリーで約5.5時間、オプションの大容量バッテリーで約16.5時間となっている。

tm0507typet02.jpg 新柄のナチュラルフラワー

 ソニー直販のVAIOオーナーメードモデルでは、プリインストールOSにVista Ultimate(SP1)が選べるようになったほか、1.8インチHDDの代わりに64GバイトSSD、DVDスーパーマルチドライブの代わりに最大250Gバイト2.5インチHDDを搭載できる。1.8インチHDDの容量は120Gバイトも選択可能だ。

 また、プレミアムデザイン天板の新柄としてホワイトを基調にベージュで花柄をあしらった「ナチュラルフラワー」が追加された。プレミアムデザイン天板は、1200dpiの印刷解像度で天板にUVインクダイレクトプリントを行い、その上にトップコートを施すことで、印刷品位と耐食性に配慮している。新柄の追加によって、VAIO type Tの天板は5種類のプレミアムデザインもしくは6種類のカラーから選べるようになった。

tm0507typet03.jpgtm0507typet04.jpgtm0507typet05.jpgtm0507typet06.jpg 既存のプレミアムデザインも選択できる。左から、モードメッシュ、エレガントフラワー、ロマンティックフロスト、モダンテキスタイル

VAIO type T店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO type T VGN-TZ73B 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo U7600(1.2GHz) 2048MB 100GB Home Premium(SP1) 25万円前後
VAIO type T店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
VAIO type T VGN-TZ73B 11.1インチワイド 1366×768 Intel 945GMS 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.22キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう