ニュース
» 2010年09月06日 15時00分 公開

2010年PC秋モデル:マイレッツ倶楽部に“プレミアムなN”が登場──「Let'snote N9」

パナソニックは、9月6日に「Let'snote N9」の新モデルを発表。マイレッツ倶楽部では、ハイスペックモデルのほかに「プレミアムエディション」が用意された。

[ITmedia]

低価格で企業導入に適したLet'snote Nシリーズ

Let'snote N9

 今回登場したLet'snote N9は、ほかのLet'snote新モデルと同様に、CPUとHDD容量が強化された。CPUは従来モデルと同じTDP35ワットモデルながらCore i5-560M(2.66GHz、Turbo Boost Technology有効時で3.2GHz)に変更され、HDD容量は500Gバイトに増えている。出荷開始は9月11日で、価格は19万円前後。なお、Microsoft Office導入モデルは用意されない。

 標準で導入されるOSは64ビット版のWindows 7 Professionalで、初期設定時に32ビット版 Windows 7 Professionalが選択可能だ。チップセットはIntel QM57 Express、メモリ容量は標準構成で4Gバイト、最大6Gバイトと、そのほかのシステム構成は従来モデルと共通する。

 本体サイズは、282.8(幅)×209.6(奥行き)×23.4〜38.7(厚さ)ミリとLet'snote S9と同じだが、光学ドライブを搭載しないモデルなので、重さは約1.28キロと軽い。オプションの軽量バッテリーを搭載した状態では約1.12キロとさらに軽くなる。本体の重さは従来モデルと同じだが、バッテリー駆動時間は改善され、標準バッテリー搭載時で約14.5時間、軽量バッテリー搭載時で約7時間となった。

 本体搭載のインタフェースには、3基のUSB 2.0にギガビット対応有線LAN、アナログRGB出力、HDMI、PCカードスロット(TYPE II準拠)、SDメモリーカード(SDHC、SDXCにも対応)などを備える。また、無線接続では、Centrino Advanced-N+WiMAX 6250の内蔵で、IEEE 802.11 a/b/g/nとモバイルWiMAXが利用できる。

ついに“N”にも「プレミアムエディション」が登場

 Web販売限定のマイレッツ倶楽部で用意されるLet'snote Nシリーズは、従来「ハイスペックモデル」だけだったが、2010年冬モデルでは、プレミアムエディションが選べるようになった。

 プレミアムエディションでは、CPUが店頭モデルのCore i5シリーズではなく、Core i7-640M(2.8GHz、Turbo Boost Technology有効時で最高3.46GHz)を搭載、データストレージは256GバイトのSSDを採用。ワイヤレス接続も、IEEE 802.11 a/b/g/n、モバイルWiMAX、Bluetooth Ver.2.1+EDR(Class 2)に加えて、NTTドコモのFOMA HIGH-SPEEDデータ通信モジュールを搭載した「無線接続全対応」モデルが選べる。

 なお、プレミアムエディションのデータストレージはSSDのみで、HDD搭載モデルは選べない。また、従来のハイスペックモデルで選べた「無線接続全対応」構成はプレミアムエディションだけとなる。

Let'snote 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
N9 CF-N9 1スピンドル CPU、HDD、バッテリー強化 Core i5-560M(2.66GHz) 4GB(DDR3) 500GB 64ビット版(32ビット版)7 Professional 19万円前後

Let'snote 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU オフィス 重量
N9 CF-N9 12.1型 1280×800 Intel QM57 Express ─            CPU統合 ─            約1.28キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう