ニュース
» 2011年03月03日 04時56分 UPDATE

iOS 4.3アップデート、米国時間の3月11日から配信開始

米Appleが現地時間の3月2日、プレスイベントを開催し、「iPad 2」を発表した。その発表会の中で、iOSのアップデートにも言及。iOS 4.3アップデートは、iPad、iPhone、iPod touch向けに、米国時間の3月11日から配信する。

[園部修,ITmedia]

 米Appleが3月2日(現地時間)、「iPad 2」を発表した。iPad 2は、米国で3月11日に発売する。これに合わせて、既存のiOSデバイス向けのiOS 4.3アップデートも、3月11日から配信を開始する。対象機種はiPad、iPhone 3GS、iPhone 4(GSM版)、そして第3世代と第4世代のiPod touch。なお日本では、時差の関係でアップデートファイルの配信が12日になる可能性がある。

 iOS 4.3では、WebブラウザSafariのJavaScriptの処理速度が、Nitro JavaScript Engineにより、iOS 4.2と比べて約2倍に高速化する。またiTunes Home Sharingをサポートし、デバイス内のiTunesライブラリの共有が可能になる。Wi-Fiネットワーク内にあるMacやPC内の楽曲をiPadやiPhoneで再生できるのはもちろん、映画なども他のデバイスと共有して再生・視聴が可能だ。

 iPadでは、iOS 4.2で仕様が変更された、スライドスイッチの動作をユーザーが設定できるようになる。iOS 4.2では、これまで回転ロックスイッチだったものがミュートスイッチに変わったが、iOS 4.3ではどちらかをユーザーが選択できる。

 AirPlayの機能も拡張され、写真アプリからの動画再生をサポート。その場で撮った映像をすぐにAirPlay経由でApple TVが接続されたテレビなどに出力できるようになる。このほかAirPlayに対応したアプリからのストリーミングや、Safariの画面のストリーミングなども可能になる。

 iPhone 4では、CDMA版のiPhone 4にも搭載されているパーソナルホットスポット(モバイルWi-Fiルーターのように動作するWi-Fiテザリング)モードが用意される。ただしこの機能は日本では利用できない。パーソナルホットスポット機能では、Wi-Fi経由で最大3台、それにBluetoothとUSB経由で合計5台までのデバイスを接続可能。Wi-Fiを使用しなくなると自動的にオフになる機能も備える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-