ニュース
» 2011年10月09日 10時30分 UPDATE

MOA 2011 WORLDWIDE GRAND FINAL:KATANA JAPAN、奮戦す! (1/4)

秋葉原の日本決勝、インドネシアはジャカルタのアジア太平洋州決勝を勝ち進んだKATANA JAPANが、台北の地で世界のトップを目指す。強豪欧米のオーバークロッカーを粉砕できるか!

[長浜和也,ITmedia]

9時間休みなしに戦え!

 2011年10月5日、台湾の台北市で、MSIが主催するオーバークロック大会「Master Overclocking Arena 2011」(MOA 2011)の世界決勝が行われた。日本からは、MOA 2011 アジア太平洋大会で逆転優勝を遂げた「KATANA JAPAN」のCAL930氏とGyrock氏が参戦した。

 MOA 2011世界大会決勝は、欧州、北米などの各地域決勝を勝ち抜いた16チームが参加し、SUPER PI 32M、3DMark11 (Performance)、3DMark2001 SE(!)のベンチマークテストを戦い、その総合スコアで競う。オーバークロックキング競技で重要になるシステム構築もふくめ、大会は朝の9時から夕方18時まで、実に9時間という長い時間をかけて行われる。

 大会は、競技で使うパーツを選ぶくじ引きから始まる。ここでひいた番号を割り当てられた主要パーツを用いてシステムを構築する。MSIが提供するパーツは以下の通りになる。

パーツ 製品名
CPU Core i7-2600K
マザーボード Z68A-GD80(G3)
グラフィックスカード N580GTX Lightning
メモリ Kingstone HyperX T1 DDR3-2133 2Gバイト×2枚
HDD Wentern Digital VelociRaptor WD30000HLFS
電源ユニット Thermaltake Toughpower 1350W
キーボード Tt eSPORTS Challenger Pro
マウス Tt eSPORTS Black Gaming Mouse

 アジア太平洋州決勝で、KATANA JAPANはこのくじ引きで“七夕の7でフィーバー”を引き当てた。KATANA JAPANのくじ担当のGyrock氏が今回ひいたのは“5”だった。引き当てたパーツセットを手にした各国チームは、割り当てられたテーブルに向かい、まずは、1時間30分に及ぶセッティングに取り掛かる。

 システムを組み上げてPCに電源を入れたKATANA JAPANは、いきなりトラブルに遭遇する。BIOS起動段階でPCが落ちてしまうのだ。KATANA JAPANは、マザーボードが原因と考え、予備に交換するが、それでも状況は改善しない。MSIスタッフのアドバイスで、マウスを接続するUSBを変更すると一時的に改善した。さらに、マウスを差さないと症状がでない。そこで、BIOS設定段階まではマウスを使わず、OSが起動したら、マウスを差すことでこのトラブルを回避した。しかし、この段階でセッティングフェーズは残り10分に過ぎなかった。

kn_moafianl_02.jpgkn_moafianl_03.jpgkn_moafianl_04.jpg くじを引いたGyrock氏が顔をしかめる(写真=左)。引いたのは5番だった(写真=中央)。くじで割り当てられた2基のCPU、グラフィックスカード、メモリ、HDD、そしてマザーボードを戦いで使う(写真=右)

kn_moafianl_05.jpgkn_moafianl_01.jpgkn_moafianl_06.jpg オーバークロッカーと観光客の最も大きな違いはスーツケースの中身だろう……(写真=左)。いまはまだ、整然と並べられて静かに戦いを待つ(写真=中央)。そして、いったん戦いが始まると、瞬く間に混乱の極みに(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう