ニュース
» 2014年06月03日 04時45分 UPDATE

WWDC 2014:次期OS Xは“Yosemite”、無料で今秋リリース

Appleは開発者向けイベント「WWDC 2014」で次期OS X「Yosemite」(ヨセミテ)の新機能を披露した。一般向けリリースは2014年秋。無料だ。

[後藤治,ITmedia]
og_osx_001.jpg WWDC 2014の基調講演で披露された“Yosemite”(ヨセミテ)の新機能

 Appleは6月2日(現地時間)、米サンフランシスコで開催中の開発者向けイベント「WWDC 2014」の基調講演にて、OS Xの次期バージョン“Yosemite”(OS X 10.10)の新機能を披露した。開発者向けのプレビューは即日公開、一般向けリリースは2014年秋の予定で、無料で提供される。また、一般ユーザー向けのβプログラムも夏に公開される予定だ。

 次期OS X“Yosemite”では、現行のMavericks(OS X 10.9)を踏襲しつつ、UIデザインの変更をはじめ、数々の使い勝手の向上が図られている。

 具体的には、iOS 7に近いフラットデザインになり、コンテンツに応じて背景を透過するタイトルバーや、ダークモードのメニューを追加しているのが1つ。

 また、一覧性を向上した「通知センター」、Wikipediaなどインターネット上の情報も検索対象としてプレビューできる「Spotlight検索」、iCloud上に保存したドキュメントをFinderでフォルダ表示し、iOSやWindowsからでもアクセスできる「iCloud Drive」、iCloudを経由して巨大なファイルを手軽に送れるようになった「Mail」、検索窓にSpotlightなどを統合し、パフォーマンスを強化した新しい「Safari」など、基本的な機能が強化された。

 さらに、OS Xの作業の続きをiOSで、あるいはその逆へシームレスに連携できる「Continuity」、近くにiPhoneがあればMacで簡単にテザリングできる「Instant Hotspot」、iOSとOS X間で利用可能になった「AirDrop」や「SMS」、iPhoneと連携し、Macをスピーカーフォンとして利用できる「電話機能」なども紹介されている。

og_osx_002.jpgog_osx_003.jpg 2013年10月にリリースされたMavericksはすでに半数以上のユーザーが利用している。いまだ14%にとどまるWindows 8とは歴然の差とアピールするティム・クックCEO

og_osx_004.jpgog_osx_005.jpg 次期OS Xの名前は「Yosemite」。Mavericksに続いて地名が採用される。同様に無料で提供される

og_osx_006.jpgog_osx_007.jpg 新しいデザインのアイコン。ゴミ箱もゴージャス(画面=左)。通知バーはウィジットの編集も可能に(画面=右)

og_osx_008.jpgog_osx_009.jpg ファイルの容量制限でアタッチメントファイルが送れない場合でもiCloud(5Gバイト)と連携するMailで巨大なファイルを送信可能になる(画面=左)。検索窓にSpotlightや各種共有サービスを統合した新Safari。WebGLやSPDYといった最新技術に対応し、パフォーマンスの高さもアピール(画面=右)

og_osx_010.jpgog_osx_011.jpg 同一ネットワークのMacとiOSデバイスを自動的に検出して相互に認識し、シームレスに連携するようになる(画面=左)。iPhoneと連携してMacで電話を取ったり、Macから電話をかけられるようになる。デモでは“新入社員”としてBeatsのドクター・ドレー氏が登場(画面=右)

 なお、基調講演でプレビューされたOS X Yosemiteの新機能は、Apple公式サイトに掲載されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-