調査リポート
» 2010年04月09日 14時33分 UPDATE

調査リポート:女性の8割、男性の6割が「スマートフォンを購入するつもりはない」

MMD研究所が、スマートフォンの購入意向に関する意識調査の結果を発表。さまざまな端末の登場で普及が見込まれるスマートフォンだが、この調査では女性の8割、男性の6割超が「購入するつもりはない」と回答している。

[ITmedia]

 MMD研究所は4月8日、「スマートフォンの購入意向に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は3月31日から4月5日まで、協賛モバイルメディア11サイトの協力を受けて実施したもので、有効回答数は2056人。

 同調査でiPhone、Xperiaなどのスマートフォンの購入意向について聞いたところ、男性では「買い替えで購入を検討している」が21.2%、「今使っている携帯に追加で購入を検討している」が8.3%と合わせて29.5%が、また女性では「買い替えで購入を検討している」が11.7%、「今使っている携帯に追加で購入を検討している」が4.6%と合わせて16.3%が、スマートフォンの購入を検討していることが分かった。

 一方で、男性の64.5%、女性の82%が「購入するつもりがない」と回答するなど、“スマートフォン元年”といわれる2010年も、現状では購入意向を示す人が半数を割っている。

Photo スマートフォンの購入意向

 男女別、年代別に見ると、40代以上男性では買い替え、買い増しを合わせたスマートフォン購入検討者は35.5%、40代以上女性では26.9%と、他の年代と比較してもっとも検討者が多かった。またすべての年代を通じて、女性よりも男性の方がスマートフォン購入の意向が高い傾向が見られた。

 スマートフォンの購入予定がないユーザーを対象に、購入しない理由について聞くと、「今の携帯電話が気に入っているから」が52.8%で最多となり、これに「スマートフォンが何なのかよく分からないから」が49.9%、「本体金額が高いから」が35.3%で続いた。「スマートフォンが何なのかよく分からないから」という回答は、男性では38.7%だったのに対して、女性では52.9%に達しており、全年代を通して女性の購入意向が男性と比べて低い理由の1つであると推測される。

Photo スマートフォンを購入しない理由

 スマートフォンの所有者と購入検討者に、購入や検討のきっかけを聞くと、「テレビの特集や広告を見て」が45.9%でもっとも多く、次いで「インターネット上での特集や広告を見て」が33.3%、「友人、知人が持っていたのを見て」が22.0%と並んだ。男女別に見ると、男性では「インターネット上での特集や広告を見て」が最多だったのに対して、女性では「テレビの特集や広告を見て」が最多となり、男女で差異が見られた。

 なお、スマートフォン所有者、購入検討者に、スマートフォンの魅力について聞くと、「インターネット機能」が73.7%、「アプリが豊富」が52.0%、「これからもっと高機能になりそうだから」が48.7%で上位を占めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.