ニュース
» 2011年01月11日 14時22分 UPDATE

ケータイかざしてクラウド活用――NECとKDDIがRFID搭載端末を使ったクラウドサービスを発表

NECとKDDIが、RFID対応携帯電話を使ったクラウドサービスを3月から提供する。商品などのさまざまなものに付けられたRFIDタグを携帯で読み込み、モバイル網を介してID情報を一元管理できる。保守業務など外勤での作業支援に役立つとしている。

[ITmedia]

 NECとKDDIは1月11日、RFIDを搭載した携帯電話を使ったクラウドサービスを3月に開始すると発表した。NECがKDDIのネットワークをMVNOとして利用し、サービスの運用や販売を行う。

 同サービスは、携帯電話のRFID機能で読み取ったRFIDタグの情報を3G回線を通じて収集し、管理できるサービス。NECのRFID管理サービス基盤「BitGate」を利用して、さまざまな既存のアプリケーションサーバとID情報との連携を実現する。同サービスを導入し、商品や設備などの資産、社員証などさまざまなものにRFIDタグを組み込むことで、資産管理や保守業務、外勤の多い営業スタッフの業務支援などに役立てられるとしている。

photophoto

 NECとKDDIは、かねてからRFID対応携帯電話とモバイルクラウドサービス基盤の開発を共同で進めており、今回の業務提携に至った。NECはKDDIからRFID対応携帯電話と3G回線とを調達し、それらをBitgateとセットにしたRFID管理ソリューションを提供する。

photophoto

 両社は同サービスを「オープン・プラットフォーム」とし、SaaSベンダーやアプリケーション開発ベンダーが同サービスを使ったアプリケーションを開発できるようにする考え。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.