ニュース
» 2012年09月11日 22時12分 UPDATE

NTTドコモとリンク・プロセシング、スマートフォンを活用した決済ソリューションを提供

ドコモとリンク・プロセシングは、スマートフォンやタブレットを活用した法人向けのモバイル決済ソリューション提供に合意。簡単に持ち運べるため、レジカウンター以外の対面決済やポイントカードなどの発行が容易となる。

[エースラッシュ,ITmedia]
photo 「Anywhere」の利用イメージ

 NTTドコモとリンク・プロセシングは9月11日、スマートフォンを活用した法人企業向けの決済ソリューション提供についてに合意した。

 このソリューションはリンク・プロセシングが提供しているもので、スマートフォンやタブレットを活用してクレジットカードやポイントカード、プリペイドカードの決済や領収証発行などが行える。ドコモはAndroid OSを搭載スマートフォン/タブレットの利用拡大を目的に、飲食店やホテルでの対面決済をはじめ百貨店・商店街でのポイントカード・プリペイドカードの発行・決済、銀行・生損保などの外交員における業務改善や管理コスト軽減に向けた導入を推進する。

 決済システムは、スマートフォン決済サービスのAndroid版「Anywhere」をもとに開発。決済センターとのやりとりにはドコモのFOMA・Xi網を利用し、端末価格などで導入費用を抑えることが可能となった。利用料金は、初期費用としてセットアップ費用に1台あたり5000円、カードリーダー兼プリンターはオープン価格。システム利用料は取引件数あたり20円で、最低料金は月額1000円。その他、端末更新費用などが別途必要になる。

Photo 決済ソリューションの概要やAndroid版「Anywhere」でのクレジットカード決済概要

 対応機種は、2.3.5以降のAndroid OSとBluetooh機能を搭載し、ドコモより販売しているスマートフォンおよびタブレット。提供開始は11月を予定しており、無償でカードリーダー兼プリンター、スマートフォンなどサービスに必要なものを貸し出すトライアルサービスも予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.