ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転勤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「転勤」に関する情報が集まったページです。

複数の拠点で生活する人は9%、理由2位は「親の介護」、1位は?
マイボイスコムは、「二地域居住・複数拠点生活」に関する調査を行った。主な住まいとは別に一定期間生活する場所があるか聞いたところ、「ある」と答えた人は9%だった。複数拠点生活をする理由を尋ねたところ……。(2021/10/8)

国境すら越え仕事ができる テレワーク可否は職場選びのポイントに
コロナ禍でテレワークの導入が進む中、ある調査では、転職を検討する際の条件に「リモートワークが重要」とした人が50%を超えた。国境すら越え仕事ができる時代。社員に新しい働き方を提供できない企業は、人材が流出し競争力を失いかねない。(2021/10/5)

Go AbekawaのGo Global!〜Mintzu Hnin Khat編(前):
先生は私のヒーロー その責任感、仕事の仕方、全てに憧れました
大学ではデータ分析やネットワークを学びました。でもPCを触ったことはありませんでした。(2021/10/5)

新「日常」の先 国境越えテレワーク
働き方や生活スタイルが一変した「新常態」はこの先どうなるのか。コロナは今後も社会に変化を求め続けるのか、企業の動向から展望した。(2021/10/4)

NTTグループ、リモートワーク基本に 転勤・単身赴任も撤廃 22年度中
NTT、リモートワークを基本に。国内で働く全グループ社員が対象だ。自宅からオフィスが遠くてもリモートで働けるため、転勤や単身赴任も不要になる。(2021/9/29)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

進む「脱・都心」:
社員に「自己犠牲による忠誠」を強いる時代の終焉 「5%」がもたらす変化とは
企業が社員に「自己犠牲」を強いる時代が終焉を迎えつつある。背景にあるのは、企業と働き手の間にあるパワーバランスの変化だ。筆者は「5%」という数字に目を付け、今後の変化を予想する。(2021/9/28)

クイズDEドラマ:
「お耳に合いましたら。」 美園ら3人組の離散決定ラストに言葉を失う視聴者「深夜に心がジェットコースター」「最後にとんでもないの来た」
とてもつらい。(2021/9/26)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

スピン経済の歩き方:
「中田翔システム」は企業の知恵なのか 問題社員は「新天地」に飛ばしてリセット
日本ハムから巨人に移籍した中田翔内野手にモヤモヤしている人も多いのでは。移籍後、すぐに一軍で活躍できたことに違和感を覚えたと思うが、こうした方法は会社でもできるのだろうか。結論から言うと「できる」。(2021/8/24)

コロナの影響を大きく受ける結果に:
21年上半期に「賃貸居住用物件で問い合わせが多かった条件・設備」1位は?
アットホームは、全国の加盟店を対象に「21年上半期 問い合わせが多かった条件・設備」の調査を実施しランキングを発表。賃貸居住用物件を探している人の中で多かった問い合わせ条件や設備について尋ねた。条件、設備で1位を獲得したのは?(2021/8/20)

世界各国の弁護士を活用する秘訣:
ポストコロナ時代に向け、グローバル企業が「今」取るべき人事労務戦略とは
長年にわたり海外で事業展開を行ってきた日本企業であっても、国境を越える人事労務案件に関し、グループガバナンスが十分に効いていない事例が散見される。ポストコロナ時代を見据え、今しておくべき準備とは?(2021/8/20)

「アルムナイ」を活用せよ:
「退職者ネットワーク」は人材不足のIT企業を救うのか? TISの取り組みは
企業の離職者やOB・OGの集まりを指す言葉「アルムナイ(alumni)」。海外ではアルムナイを貴重な人材として捉える意識が浸透しているという。日本ではまだ聞きなれない言葉だが、大手システムインテグレーターのTISでは、「アルムナイネットワーク」を作り、退職した人たちとつながりを持ち続ける取り組みを行っているという。話を聞いた。(2021/7/12)

大東建設が調査:
宮崎県の「住みここちランキング2021」発表 3位「日向市」、2位「宮崎市」、1位は?
宮崎県の「住みここちランキング2021」が発表された。日向市と宮崎市を抑えて1位になったのは?(2021/7/8)

夫の海外駐在に同行10年:
国外から“フルリモート勤務”の総務担当者 どうやって働いているのか
リモートワークが普及した一方、「出社せざるを得ない」とされる職種も少なくない。総務担当者はその代表例だ。しかし、一部ではフルリモートで働いている総務担当者もいる。どのように働いているのか。(2021/6/25)

コロナ禍特有の「コロハラ」「リモハラ」なども:
社内ハラスメント「対策していない・不十分」9割 被害・加害者ともに男性
「嫌がらせ・いじめ」などの意味を持つハラスメント。19年には育休から復帰した男性社員の関西転勤を不当だとSNS上に投稿した叫びが炎上したことも記憶に新しい。女性に対するマタハラや結婚をほのめかすようなマリッジハラスメントなどを耳にする機会は減ったような気がするが、一方でパワハラやモラハラは根強く残っているようだ。今は被害者も加害者も男性が多いことが調査から分かった。(2021/6/21)

どこかで折り合いを:
コロナ禍でも、諸外国に比べて日本の失業率が低い理由
新型コロナウイルスが原因で解雇や雇い止めされた人の累計が先日10万人を超えたと発表された。5月14日時点での累積値として解雇等見込み労働者数10万3593人、雇用調整の可能性がある事業所は12万9313カ所となっている。(2021/6/14)

経営者の方針でテレワーク不可な企業も:
「テレワーク導入せず」5割超 導入に反対する年代は?
政府が掲げる「出社7割減」達成にはほど遠い調査結果が出てしまった。週3日以上が在宅勤務とテレワーク中心の働き方ができている人はたったの14%にとどまる。日本企業でテレワークが定着しない理由とは?テレワーク率を高めるためにはどうすればいいのか、見ていきたい。(2021/6/11)

N-BOXで月2万9194円から 新車のサブスク、ホンダも開始「楽らくまるごとプラン」登場
コミコミで新車に、7年プランは契約後「無償譲渡」も。(2021/5/26)

テレワーク・オールウェイズ2021:
北海道にIT企業を! 「理想と異なる現実」から生まれた“サケモデル”戦略とは?
「ICT産業を北見市で作っていきたい」と意気込む北海道北見市。「理想と異なる現実」に直面してきた過去から生まれた、現在の取り組みを紹介する。(2021/5/26)

家族との別居解消にも:
通勤圏外でリモート勤務、三菱電機が導入 転勤・単身赴任しないでOK
三菱電機は、勤務する事業所の通勤圏外に居住し、リモートワークを中心とした業務を行う「遠隔勤務制度」のトライアル導入を始める。家族との別居解消や育児・介護への参画など、ライフスタイルに応じた働き方を実現するねらい。(2021/5/20)

産業動向:
AlbaLinkが住宅ローンの意識調査を実施、住宅ローンで後悔していない人は81.7%
AlbaLinkは、全国の男女377人を対象に、インターネットアンケートで、「住宅ローンついての意識調査」を行った。結果、住宅ローンで後悔していない人が全体の81.7%に上ることや住宅ローンで後悔しないためには「無理がなく堅実なローン返済計画を立てること」が重要なことが明らかになった。(2021/5/18)

前向きなのは20代:
「地方転職に興味あり」29.2%、「給与面」で不満の声も
新型コロナ感染症が広がる中で、地方で働くことに興味を持っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/16)

働き方の「今」を知る:
日本人は、自らブラックな労働環境を望んでいるといえなくもないワケ
長く続くコロナ禍。解雇などのニュースを目にすることも多いが、国際的に見ると日本は比較的低めに推移している。ただ、その代わりに失っているものも少なくないと筆者は指摘する。(2021/4/27)

プロジェクト:
積水ハウス不動産東京初のホテル事業、民泊運用型のホテルが谷中で開業
積水ハウス不動産東京は、初のホテル事業として、オレンジ・アンド・パートナーズやAirbnb Japan、エアトリステイとともに、東京都台東区谷中で、民泊運用型のホテル「YANAKA SOW」を2021年5月1日にオープンする。(2021/4/26)

研究開発の最前線:
「パナソニックの持つ多様性を価値に転換する」、新CTOの小川氏が会見
パナソニックの技術トップとして新たに執行役員 CTO、薬事担当に就任した小川立夫氏がオンライン会見を行った。今回の会見は、小川氏のパナソニックにおける経歴や技術開発についての考え方などを説明すもので、具体的な研究開発の方向性などについて踏み込むことはなかったが、その基盤となる考え方を示唆する内容となっていた。(2021/4/22)

テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【前編】
テレワークで活発化する「優秀な社員の引き抜き転職」 食い止める方法とは?
場所にとらわれない働き方を実現するテレワークの導入が拡大している。遠隔地の人材を採用できるメリットもあるが、同様に他社から自社の人材を引き抜かれるリスクも高まっている。企業はどのような対策ができるか。(2021/4/16)

非正規雇用をめぐる現状【後編】:
基本給、住宅手当、賞与……その処遇格差は合理的? 「同一労働同一賃金の裁判例」から学ぶ判断基準
賃金を構成する基本給、家族手当、住宅手当、賞与、退職金について、最高裁の判断が示された事例を紹介します。(2021/4/21)

震災で元妻と子を亡くした男が、10年ぶりに東北を訪れ…… 震災を経験した柴犬の漫画『柴ばあと豆柴太』に涙がにじむ
試し読みとして第11話を出張掲載しています。(2021/4/14)

「飼育放棄の約7割が“飼い主の高齢化”」「保護犬・猫を悪用したビジネスも」 ペットブームに潜む犬猫たちの現実
ペットを取り巻く現状を取材しました。(2021/3/20)

涙がにじみ、続きが読めない―― 震災の記憶を伝える漫画『柴ばあと豆柴太』 書店員が語る、忘れられないエピソード
被災地にゆかりのある書店員さんに取材しました。(2021/3/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(75):
新たな環境へ飛び込むの、不安だよね?
春は仕事の環境が変わりやすい季節です。入社や転職、役職変更など、新たな環境に身を置く人もいるでしょう。そんなとき、不安をはじめとしたネガティブな気持ちに引っ張られずに仕事をするためには、どうしたらいいのでしょうか?(2021/3/17)

3.11から10年――「動物たちを置いて逃げるしかなかった」 南三陸町が伝える震災の“記憶”と“未来”
もう10年、まだ10年。(2021/3/11)

職員室の「IT化」を阻むものは何? 元教員が考える課題と解決策
文部科学省の「GIGAスクール構想」と、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、教育現場のIT化が急速に進む……と思いきや、職員室(教員)のIT化は思ったように進んでいない部分もあります。2020年3月まで教員として学校に勤めていた筆者が、教員のIT化の課題と対応策について考察します。(2021/2/26)

これからの採用戦略を考える(1):
「厳選採用」時代、中途採用戦略の立て方とは? カギは雇用形態と成長フェーズ
コロナ禍により採用予算が削減されたことが要因で、多くの企業で余裕をもった人材採用が行えなくなった。「厳選採用」の傾向が続く中、できる限りミスマッチのない採用を行うために、ますます重要になっているのが「採用戦略」だ。(2021/2/19)

企業のゼロトラスト構築は急務か RSAが2021年のセキュリティ動向に関する21の予測を発表
RSAは、グローバルで実施した調査結果を基に2021年のサイバーセキュリティ動向を予測した。COVID-19の影響を大きく受けた今回の予測には、IDガバナンスの管理やゼロトラストセキュリティ、QRコード詐欺やBOPIS詐欺などが登場した。(2021/2/5)

キャリアニュース:
40代で未経験の仕事に転職した理由、1位は「やりたい仕事への挑戦」
「Biz Hits」が「40代の転職に関する意識調査」の結果を発表した。「未経験の仕事に転職した理由」の1位は「やりたい仕事、新しい仕事への挑戦」だった。転職後の収入は「下がった」が約半数で、8割近くが「転職してよかった」と回答した。(2021/1/21)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(1):
【新連載】アットホームラボ調査レポ「コロナ禍でどう変わった?2020年の不動産市況を振り返る」
本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。(2021/1/21)

今やらなければいけないことをやり続ければ、きっと明日は変わる:
PR:「自然の豊かさ」を超えたソフトパワーを長崎から
空気がきれいで、自然が豊かで、人が優しい。それはどこの地域も同じ。では、愛する故郷をもり立てるには、何を行い、何を伝えればいいのだろうか――。(2021/1/12)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント (2)家族手当や住宅手当、休暇など
人事担当者に求められる実務上の対応ポイントについて、各種手当や休暇などを見ていくことにしましょう。(2021/1/8)

調査で判明:
「首都圏に配属されたら地元に帰れない」 転勤のない企業を希望する学生がコロナ禍で増加?
就職情報大手の学情が学生を対象に「転勤」に関するアンケートを実施。コロナ禍で転勤に対する考え方はどう変化したのか。(2021/1/6)

PR:求職者のニーズは「柔軟な働き方に対応する会社」へ 優秀な人材から選ばれる企業になるためには?
(2020/12/18)

同一労働同一賃金、経営者・管理者の役割は? マックス対応か、ミニマム対応か
同一労働同一賃金については、人事担当者が対応すればよいと思われがちですが、経営者や管理者にとっても必要な役割があります。主に経営者には方針決定、管理者には会社方針に沿った実務運用という役割が求められます。(2020/12/16)

嗅覚と味覚のプロフェッショナル「官能検査員」ってどんなお仕事? 実際の試験にもチャレンジしてみました
「天然水の水道水割り」も嗅ぎ分けられる!?(2020/12/22)

同一労働同一賃金、「同一労働」の判断基準は? 対象となる雇用形態は?
働き方改革関連法の目玉である「同一労働同一賃金の導入」。「同一労働」はどのように判断されるのか? 3つの観点を紹介する。(2020/12/10)

「親切な人にみつけてもらってね」と動物を遺棄する行為は、一見優しそうに見えても犯罪者のせりふ―― ACジャパンの広告に「ホントにそうだと思います」と高橋名人も同意
「飽きたから捨てるとかありえない」(2020/12/6)

通年採用:
コロナの影響で中退してしまった学生を正社員として採用 ドラッグストアの「ゲンキー」
新型コロナウイルスの影響で、中途退学を余儀なくされた学生が増えている。福井県などで展開するドラッグストアのゲンキーは、そういった学生を正社員として採用する。(2020/12/4)

「うまくなじめない……」:
「オフィス縮小」即断、電話や掃除もオンライン化──“用意周到”だった企業が直面した盲点
人材系ベンチャーのLAPRASが、11月にオフィスを縮小移転した。これからはリモートワークをメインとし、「オフィスはおまけ」の位置付けだ。また、経費精算から電話まで業務に関わるあらゆるものをオンライン化している。その方向性は緊急事態宣言下の5月には決まっていたという。決断のスピードを支えたのは社員の役割が明確化されている組織体制や、ITツールに強い社員たち。しかし、課題がなかったわけではない。コミュニケーション量の低下による一体感が損なわれる事態も経験した。それらを乗り越えて、LAPRASが確立した新しいオフィスや総務の在り方とは。(2020/11/30)

持ち家と賃貸、結局どっちがいいの? それぞれのメリット・デメリットをFPが解説します
お得さだけではない、選ぶのに大切な基準を知ることが大切です。(2020/11/20)

仙台駅「鮭はらこめし」(1350円)〜常磐線の旅のお供にふさわしい郷土料理!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 宮城県・仙台駅「鮭はらこめし」です。(2020/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。