ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「転勤」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「転勤」に関する情報が集まったページです。

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パタハラ回避で50代が転勤? カネカ騒動が示した“辞令と家族”のリアル
カネカの「パタハラ」騒動は、SNSに書き込んだ側も炎上するなど、さまざまな見方が出ている。一方、本来は個人の成長にもつながる「転勤」がネガティブに捉えられた。育児だけでなく「介護」とも密接に関わる転勤。そのメリットを生かす経営が求められる。(2019/6/14)

ブラック企業から自分を守れ!:
非正規社員もボーナスがもらえる? 賞与と各種手当を取り戻す「正当な手順」
6月に入り夏のボーナスシーズンが到来。非正規社員にとってボーナスは縁遠い存在だったが、その常識を覆す判決が大阪高裁で下された。賞与や各種手当を取り戻す正当な方法と手順とは?(2019/6/10)

働き方改革:
官民で評価された新菱冷熱が進める独自の働き方改革
新菱冷熱工業の独自の取り組み「働き方さわやかProject」や女性が仕事をしやすい環境づくりが官民で評価されている。(2019/6/7)

カネカ、物議を醸した「育休復帰後に転勤宣告」ツイートに見解 「当社の対応に問題は無い」
「転勤の内示は、育休に対する見せしめではありません」とコメント。(2019/6/6)

会社の勧めで育休取得→職場復帰直後に転勤宣告されたというツイートが物議 カネカに「パタハラ」疑惑について聞いた
(2019/6/4)

これからのAIの話をしよう(恋愛編):
「結婚は“好き”だけじゃない」 母親の仲人経験を婚活アプリでAI化、22歳若手社長の挑戦
「行きたい店」で出会うマッチングアプリ「FANCY」。22歳若手社長は、仲人経験のある母親のノウハウをAI化したという。(2019/5/28)

IT業界は好調だが……:
新卒採用に「危機感がある」企業が9割超 最も苦戦している業界は?
ディスコが「2020年卒採用活動の感触等に関する緊急企業調査」を発表した。調査によると、9割以上の企業が20卒学生の採用に危機感を持っているという。(2019/5/27)

「劇場版おっさんずラブ」複雑な“五角関係”におわせる新ビジュアル&特報 林遣都が意味深な「結婚って……本気で言ってます?」
食い入るように見てしまった。(2019/5/27)

専門家のイロメガネ:
トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由
トヨタ自動車豊田章男社長の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいる。企業側の厳しい環境はわかるが、終身雇用の維持は日本企業の責任ではないのか? そう考える4つの理由をまとめる。(2019/5/21)

PR:IT×人事の技で最適人材の発掘を POSITIVEが導く未来型HR Tech
ITで人事の仕事を変えるサービス、HR Tech。中でもPOSITIVEは社内のあらゆる人事情報を集積・分析し、最適な運用や配置につなげられるという。(2019/5/14)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

LINE追う「+メッセージ」、企業との連携に活路 来店予約・金融手続きなど対応へ
携帯キャリア3社が、「+メッセージ」に企業の公式アカウントを設けると発表。ユーザーは同アプリ上で、飲食店の予約や口座振替の手続きなどが可能になる。「LINE」にはユーザー数で後れを取っていることから、企業との連携を充実させて巻き返しを図る。(2019/4/23)

ノルマのきつそうな会社は嫌:
20年卒学生はどんな会社で働きたい? 「やりたい仕事ができる」よりも……
マイナビが2020年卒業予定の学生に就職意識調査を実施した。「どんな会社で働きたいか」という項目では、これまで19年間トップだった「自分のやりたい仕事ができる会社」が2位に転落。1位になったのは……。(2019/4/15)

それを 踏むなんて とんでもない! かわいい雑貨ゆえの“思わぬ失敗談”にあるあるの嵐
こんなにかわいい君を踏むなんてできないっ……!(2019/4/11)

全国でこんなに違う「敷金」「礼金」「更新料」 多い・少ないのはどこ?
更新料ないんだ……(都民の感想)。(2019/3/27)

企業経営の最大・最高使命は?:
単身赴任は「当たり前」なのか?
企業経営の最大・最高使命は、企業に関わる全ての人々の永遠の幸せの追求・実現である。そして、経営者をはじめとした組織のリーダーが、とりわけ、その幸せの追求・実現に注力しなければならない人は「社員とその家族」だ。それもそのはず、社員満足度なくして顧客満足度などあり得ないからである。(経営学者・元法政大学大学院教授 人を大切にする経営学会会長 坂本光司)(2019/3/27)

閉店が相次いでるのに:
こんな時代に純喫茶の経営に乗り出した男の「なるほど」な勝算
コーヒーチェーンが増加するに従い、“昭和の純喫茶”が次々と姿を消している。こんな状況で純喫茶の経営に乗り出した男がいる。どんな勝算があるのだろうか。(2019/3/23)

代表権も再び取得:
「高級車の維持」などに1億円を流用した日本和装元社長、会長として辞任後3カ月で復帰
日本和装ホールディングスが、かつて私物のロールスロイスの維持費など計約1億1000万円を同社の資金から拠出し、責任を取って2018年10月に社長職、12月に代表取締役を辞任した吉田重久氏が代表取締役会長として復帰すると発表した。同社の担当者にその理由を聞いた。(2019/3/20)

エリートほど陥りやすい?:
中高年社員を確実に待ち受ける“絶望への落とし穴”とは 調査で解明
企業でささやかれる「働かない中高年」問題。その背景には個人ではなく構造的問題が。調査から迫ったパーソル総研研究員に直撃。(2019/3/6)

やっぱりお金が大事:
転職理由の「本音と建前」ランキング、それぞれ1位だったのは……?
エン・ジャパンの調査で、約半数の転職者が会社を辞める際に本当の転職理由を伝えていないことが判明。企業に伝える建前は「専門性を発揮したい」、本音は「上司と合わない」などが多かった。それぞれ1位だったのは……?(2019/3/1)

上手な引っ越しのポイントは?:
今年も“引っ越し難民”発生? 手間省く新サービスも続々登場
転勤や進学のために転居したくても、希望通りにできない「引っ越し難民」。業者の人手不足は深刻で、昨年に続き、引っ越し難民の発生が懸念されている。一方で、ウェブ上で予約が完結できたり、トラックをシェアしたりといった新たなサービスも生まれている。(油原聡子)(2019/3/1)

さらに活発化:
福岡、広島、宇都宮…… 地方に大手のマンション続々
大手デベロッパーが地方でのマンション開発事業を強化している。三菱地所と東京建物は福岡市内で、富裕層を対象としたタワーマンションを販売。好調な売れ行きを見せている。長谷工コーポレーションは中国・四国地方や北関東など未進出エリアに相次いで拠点を新設したほか、大京は地方中核都市の再開発事業に力を入れる。首都圏の都心部は地価の高騰によって、採算に合うマンション適地を取得するのが困難になっていることもあり、地方での事業をめぐる動きはさらに活発化しそうだ。(2019/2/27)

ダイバーシティって本当?:
「平成女子」の憂鬱 職場に取り憑く“昭和の亡霊”の正体とは?
平成元年生まれの働く女性に本音を直撃。国や企業が掲げる「女性活躍」の建前とは裏腹に、特に「男社会」な金融系の職場にはびこるひずみを問う。(2019/2/26)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AI導入はPDCAから“DGWA”サイクルへ
ビジネスの現場でよく聞く「PDCA」の4文字。AI導入においてはPDCAより適切な「DGWA」という新しい概念を提唱したいと思います。(2019/2/26)

前職時代は帰宅が早くても……でも今は(はぁと):
PR:転職で奥様もご機嫌に!――「ラクス」で働くエンジニアの“理不尽さ”がないホワイトライフ
地元で働きたい、一次請けで働きたい――幸せになりたくて転職を繰り返したエンジニアが最後に見つけたのは、真っ白な楽園でした。(2019/2/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
会社見学は社会人がやるからこそ気付くことが多い
学生には分からんと思うぜ。(2019/2/21)

「忍耐・協力・礼節」だけでは何も変わらない:
「組織の中で我慢」を強いる教育とは決別せよ
「固定担任制」廃止、宿題も廃止――。公立とは思えない改革を続けている麹町中学校の工藤勇一校長と、働き方改革の先頭を走るサイボウズの青野慶久社長に、これからのあるべき教育の姿や組織論を語ってもらった。(2019/2/18)

福利厚生も手厚い:
「医療系職種の年収」が高い企業、スギ薬局やクオールなど上位 1位は賞与が年3回の……
医療系職種で残業時間が少ない企業は――。(2019/2/14)

イノベーター列伝:
「最高のギフトを贈りたい」 パーティースタイリストという新領域を開拓――Tokyo Flamingo 久林紘子氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/2/14)

全作完結済み! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2019 
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第96回は、毎年恒例の特別企画。2018年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト5を紹介。(2019/2/10)

イケアで作る「賃貸・1K・一人暮らし」のインテリアって? ポイントは「フレキシブル」と「多機能」
こんなお部屋に住んでみたい。(2019/2/7)

移動者数全体は増加:
7744人で茨城が転出超過数トップ 総務省の18年調査
総務省は2018年の住民基本台帳人口移動報告結果を公表した。区町村間移動者数は535万9174人で、前年に比べて増加。都道府県別の転入超過数は東京都が、転出超過数は茨城県がトップだった。(2019/2/2)

考え抜いた「不惑」の意味:
兼高かおるさんが唱えた「42歳定年説」  だから私は19年勤めたテレビ局を辞めた
兼高かおるさんが提唱した「42歳定年説」に影響を受け、筆者は42歳11カ月で、19年間勤務した放送局を辞めた。(2019/1/25)

投資より圧倒的実需:
地方でのマンション展開活発化 「主戦場」首都圏の用地確保厳しく
大手デベロッパーが地方でのマンション開発事業を強化している。三菱地所と東京建物は福岡市内で、富裕層を対象としたタワーマンションを販売、好調な売れ行きを見せている。長谷工コーポレーションは中国・四国地方や北関東など未進出エリアに相次いで拠点を新設したほか、大京は地方中核都市の再開発事業に力を入れる。主戦場である首都圏は都心部での用地確保が難しくなっていることもあり、地方をめぐる動きはさらに活発化しそうだ。(2019/1/23)

昇給率がいい、あの企業:
「30代の年収が高い企業」ランキング、NEC・東芝など上位に 1位はやっぱり……
30代の平均年収が高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表。NEC・東芝・三菱電機などの大手メーカーが上位に入った。1位は……?(2019/1/10)

「他にお金を掛けたい」との声も:
結婚式挙げない人の半数以上は「資金不足」で仕方なく 結婚報告、4人に1人は“SNSに投稿”で済ます
結婚式場の口コミサイトなどを運営すウエディングパークは12月17日、結婚式を挙げなかった女性を対象に行った結婚式に関する調査結果を発表。結婚式を挙げなかった理由で最も多かったのは「資金がなかった」(54.2%)だった。(2018/12/17)

サイバーエージェントの「エステ制度」も人気:
女性が「働きやすい企業」ランキング、2位はかんぽ生命 1位は子育てしながら活躍できる……
グローバルウェイが、女性ビジネスパーソンが「働きやすい」と感じる企業を調査。産休・育休・時短勤務を取得しやすい企業が上位に多くランクインしていた。1位になった企業は……?(2018/12/12)

PR:いま、現場に求められるグループウェアとは? アナリストと国内ベンダーの対談から探る
(2018/12/6)

福利厚生に満足する声も:
販売系職種が「働きやすい企業」ランキング 1位は世界的なコーヒーチェーンの……
販売系職種が最も働きやすい企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが評価した結果、2位はジンズ。1位は……(2018/12/5)

「すむたす」のビジネスモデルとは:
マンション売却を1時間で査定、2日で入金 AIで“高速不動産取引”が可能に
不動産売買には時間がかかるイメージがつきまとう。普通、半年から1年かかるという家の売却を、1時間で査定、2日で入金まで可能にするサービスが登場した。わずか5つの情報を入力するだけで、AIが買い取り価格を提示するのだという。(2018/12/4)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
方向音痴からみた東京の景色
自信を持って歩けるのは知っている場所だけです。(2018/11/28)

PR:悩ましい人材配置をAIが提案! POSITIVEの「タレントアナライズ」機能
人材を適切に配置する業務は人事の大切な仕事だが、多数の従業員の能力や適性を把握して最適な人材を最適な部署に配置するのは簡単にはいかない。AI(人工知能)が従業員のデータをもとに適切な人材配置を提案してくれる機能を備えるのが、ISIDの「POSITIVE」だ。(2018/11/19)

企業側も対応に苦慮か:
派遣社員の8割が「同一労働同一賃金」の意味知らず 「自分に影響する」との実感乏しく
派遣社員の8割が「同一労働同一賃金」の意味を把握していないことがエン・ジャパンの調査で分かった。正社員との待遇差を解消する目的があるが、派遣社員は「自分に影響する」と実感できないケースが多いという。企業側も対応を煮詰められない状態になっているようだ。(2018/11/15)

交際が始まりやすい季節は?:
独身男女の7割は知り合って1年以内に「交際スタート」
結婚相手紹介サービスを手掛けるオーネット(東京都世田谷区)が独身男女を対象に「交際スタート」に関する調査を実施したところ、独身男女の7割は知り合って1年以内に交際を開始していることが分かった。(2018/11/8)

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

激変の新卒採用サバイバル:
超売り手市場なのに「事務職志望の女子学生」があぶれる理由
空前の売り手市場の中で7月の女子内定率が減少。銀行などで事務職採用が急減したのが原因。依然として事務職希望の女子大生が多いこともある。(2018/11/5)

クルーザーの維持費も:
日本和装、元社長が1億円超を私的流用 ロールスロイスの維持費・引っ越し代に使用
日本和装HDの吉田重久代表取締役が、同社の資金を私的に流用していたことが判明。合計金額は1億円超。私物のクルーザー船の維持費、私物のロールスロイスの維持費、私宅の転居代金と賃料などに使用していた。(2018/11/2)

熱きシニアたちの「転機」:
障がい者が働く大繁盛の「チョコ工房」設立した元銀行マンの決意
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。4回目は障がい者を雇用するチョコ工房「ショコラボ」を起業した元銀行員の伊藤紀幸さん(53)。2018年11月1日に7周年目を迎えるショコラボの伊藤さんに話を聞いた。(2018/11/1)

大学生にとって「恋愛はクソ」? 現役早稲田生の恋愛観
早稲田に恋は難しい……?(2018/10/31)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。