ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「査定」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「査定」に関する情報が集まったページです。

旅行後払いの「TRAVEL Now」も話題:
「後払い」は“情弱向けサービス”なのか CASHの光本氏に直撃
広がりを見せる「後払い」系サービス。その1つ、旅行代金が後払いできる「TRAVEL Now」の運営会社CEOで、CASHも仕掛けた光本氏に是非を直撃した。(2019/7/18)

査定額がアップする「ビック買取マネー」スタート デジタル機器の買い取りを電子マネーで
現金で受け取るより査定額がアップします。(2019/7/17)

ビックカメラが「ビック買取マネー」開始 買い取りが“チャージ”に
ビックカメラが、買い取りカウンターを設ける全国のビックカメラグループ各店で独自の決済サービスを開始。買い取り時、現金の代わりに「買取マネー」を受け取ると、買い取り価格の5%増しでチャージされる。(2019/7/17)

ドローン:
全国の測量士と協業するドローンレーザー測量サービスを提供開始
ジャパン・インフラ・ウェイマークが、i-Constructionに対応した高性能ドローンレーザーを活用する測量サービスを開始。全国19カ所の企業と連携することで迅速な測量サービスをワンストップで提供、森林部や傾斜地、災害地などにおける地形測量やICT施工用3次元設計データの作成などへの活用が期待できる。(2019/7/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車を売るビジネスの本質 マツダの戦略
原理原則に戻ると自動車ビジネスもシンプルだ。商品とサービスに魅力があれば、新車を正価、つまり値引きせずに売れるから中古車の相場が上がり、その結果下取り価格が高いので、買い替え時により高いクルマが売れる。これが理想的サイクルだ。それを実現した例として、マツダの取り組みを歴史をひもといてみよう。(2019/7/8)

国別では米国と中国の出願件数が突出:
AI関連特許の出願件数が急増、制御やロボティクス分野に注目が集まる? 特許庁
特許庁は、AIに関連した発明の特許出願について調査結果を発表した。国内の特許出願件数は2014年以降急増し、2017年の出願件数は3065件。国別では、米国と中国の出願件数が突出して多かった。(2019/7/3)

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

USENHD、従業員の定年を「70歳」に延長 「社員のモチベーション向上に」
政府は希望者が70歳まで働ける機会を確保することを企業に努力義務とする方針です。(2019/6/19)

ASUS、最大で3万円のキャッシュバックがもらえる「夏のPC乗り換えキャンペーン」 8月31日まで
ASUS JAPANは、不要になったPCを下取りに出して対象PCを購入することでキャッシュバックがもらえる「夏のPC乗り換えキャンペーン」を開始した。(2019/6/17)

国産ウイスキーが主流:
取扱量が5年で激増 大黒屋で酒の売買が活発になったワケ
ブランド品やチケットの買い取り・販売をしている大黒屋。ここ5年で酒の買い取りと販売の取扱量が激増している。背景には何があるのか?(2019/6/17)

不用品と交換して商品を購入できる「モノ払い」登場
即時買取アプリ「CASH」を運営するバンクは、6月12日に新決済手段「モノ払い」をリリース。不要なアイテムを写真撮影し、査定結果を確認してオンラインショップの支払いにあてることができる。エボラブルアジアがリリースパートナーとなり、同社の総合旅行プラットフォーム「エアトリ」で国内航空券購入に利用可能だ。(2019/6/13)

オンラインストアの商品、“物々交換”で購入「モノ払い」、CASH運営元がリリース
手持ちの中古品の写真を撮って買い取り査定を受けると、その査定額をオンラインストアの決済手段として利用できる「モノ払い」を、中古品即時買い取りアプリ「CASH」を運営するベンチャー企業のバンクが提供する。(2019/6/13)

AI適用予測分析ツール「Prediction One」をソニーが無償提供、SRE AI Partnersは導入をサポート
ソニーは機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を、法人向けに無償提供する。SRE AI Partnersは、Prediction Oneに向けたサポートサービスを提供する。専門家やデータサイエンティストがいなくても、AIを容易に導入できる。(2019/6/13)

クラウドサービスではなくPC環境で動作:
機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を無償提供 ソニー
ソニーは機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を、法人向けに無償提供する。利用者にデータ処理に関する専門知識や経験がなくても、精度の高い予測が可能。(2019/6/13)

電気自動車:
トヨタの超小型EVは「オープン価格で販売」、電池活用まで事業を企画
トヨタ自動車は2019年6月7日、東京都内で会見を開き、電気自動車(EV)の普及戦略を説明した。超小型EVを活用した新たなビジネスモデルの構築や、さまざまなEVの低コストで効率的な開発とグローバル展開、電池の供給体制整備や電池の付加価値を最大限に生かすビジネスモデル構築などに取り組む。(2019/6/11)

夏のボーナスはいくら? 金額に満足できる? 若手エンジニアに聞いた結果は……
人材会社のタイズ(大阪市)、メーカー勤務の若手エンジニア(20〜30代)の夏季賞与額を調査。トップは「50万円以上60万円未満」(15.0%)だった。ただ、自身の働きぶりを自己査定した結果、「もっと多くもらってもいい」と考える人も存在。金額への満足度は24.0%にとどまっていた。(2019/6/7)

ソフマップが買い取りアプリ「ラクウル」を提供する狙いとは? 渡辺社長に聞く
ソフマップが、2018年7月からデジタル家電などを売却できる買い取りアプリ「ラクウル」を提供している。これまで店舗を中心にリユース事業を行ってきたソフマップが、なぜスマホ買い取りアプリに挑戦したのか? 渡辺武志社長に話を聞いた。(2019/6/7)

GAFAの不動産テック版「ZORC」とは何か?
ユニコーン企業が続々誕生しているのが米不動産テック業界。GAFAになぞらえ、業界上位のZillow、Opendoor、Redfin、Compassを合わせて「ZORC」と呼ばれている。ZORCとは何か。そして、ソフトバンクを後ろ盾に日本上陸はあるのか?(2019/6/5)

いま企業が押さえるべき「プライバシー」4つのチェックポイントとは?――ガートナー
ガートナー ジャパンは、「デジタル社会におけるプライバシー」について、企業が押さえるべきポイントを発表。企業は、2019年中にプライバシーに関するリテラシーを高め、備えに着手する必要があるという。具体的な取り組み指標として、プライバシーとセキュリティについての4つの質問を挙げる。(2019/6/4)

世界を「数字」で回してみよう(58) 働き方改革(17):
障害者雇用対策に見る、政府の覚悟と“数字の使い方”
今回は、働き方改革のうち「障害者の雇用」に焦点を当てます。障害者雇用にまつわる課題は根が深く、これまで取り上げてきた項目における課題とは、少し異質な気がしています。冷徹にコストのみで考えれば「雇用しない」という結論に至ってしまいがちですが、今回は、それにロジックで反論してみようと思います。(2019/6/3)

IoTセキュリティ:
大規模ソフトの99%に用いられるOSS「今は脆弱性なくても将来必ず見つかる」
日本シノプシスが各種産業におけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況を調査した「2019オープンソース・セキュリティ&リスク分析レポート」の結果について説明した。(2019/5/31)

旧プランでも入れる? 「docomo with」と併用できる?――ドコモの「スマホおかえしプログラム」 疑問点を解決しよう
端末を買いやすくする仕組みとして、ドコモが「月々サポート」に代わって投入する「スマホおかえしプログラム」。一体どのようなプログラムなのか、Q&A形式で解説していく。【画像差し替え】(2019/5/20)

ドコモ、スマホを「返却」すると分割代金を最大12回免除へ 分離プラン導入後も新モデルが割安に
NTTドコモが、新たなスマホの購入プラン「スマホおかえしプログラム」を発表。対象機種を36回の分割払いで購入後、端末を返却したユーザーは最大12回分の支払いが不要になる。「分離プラン」導入後も、割安でスマートフォンを購入できるようにする。(2019/5/16)

ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】
NTTドコモが、端末の36回分割払いを導入する。同時に、端末をドコモに返却することで36回中12回の支払いを免除するプログラムも導入する。(2019/5/16)

会社の不用品を簡単に一掃:
PR:支店引っ越しでも大活躍! 企業フリマアプリ「ReSACO」がオフィスを変える
知らず知らずのうちに溜まった会社の不用品。廃棄だってタダじゃない。そんな時に助けになるのが企業フリマアプリ「ReSACO(リサコ)」である。今回は30年ぶりとなる支店の引っ越しをした東港金属 東北支店に「ReSACO(リサコ)」を利用した感想を聞いた。(2019/5/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの決算 またもや下がった利益率の理由
売上高は増収だったが利益面の落ち込みが激しいマツダの決算。北米と中国市場の不振が響いた結果だ。今後に向けて、販売店改革とパワートレーンの刷新を進めるが、これが北米市場で実を結ぶかどうかが焦点となる。(2019/5/13)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「アベンジャーズ型」のデータ分析組織がうまくいかない理由
自社でデータ分析組織を立ち上げる企業が増えているが、なかなかうまくいかないという声も多い。日本企業が目指すべき組織の在り方とは?(2019/5/8)

英国では1億超の非課税枠 つみたてNISAの恒久化目指す 金融庁遠藤長官
金融庁主催の投資家向けイベント「つみたてNISAフェスティバル 2019」に登壇した金融庁の遠藤俊英長官が「つみたてNISA」の拡大に意欲。また運用型保険商品の透明性や、決済など機能別規制のあり方について話した。(2019/4/22)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(2):
PR:社給端末制限の緩和でコストをかけずに、安全かつ柔軟性のあるリモートワーク環境の提供を!
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は「社給端末制限」について再考し、クラウドをより良く活用するためのベストプラクティスを紹介します。(2019/4/18)

対策が急ピッチで進む:
日本は「マネロン天国」の汚名返上なるか 国際組織が今秋審査
犯罪収益の出所や所有者を分からなくするマネーロンダリング(資金洗浄)の対策に国内の金融機関が頭を悩ませている。国際組織「金融活動作業部会」(FATF、本部パリ)による立ち入り審査を今秋に控え「マネロン天国」の汚名を返上できるかの正念場にあるからだ。厳しい結果が出れば国際的な資金取引から締め出しを食らいかねない。顧客の格付けや現金の持ち込み送金を受け付けないなど、対策が急ピッチで進む。(2019/3/28)

全国でこんなに違う「敷金」「礼金」「更新料」 多い・少ないのはどこ?
更新料ないんだ……(都民の感想)。(2019/3/27)

世界を「数字」で回してみよう(57) 働き方改革(16):
デジタル時代の敬老精神 〜シニア活用の心構えとは
今回は「シニアの活用」についてです。やたらとずっと働きたがるシニアに働いてもらうことは、労働力の点から見ればよい施策のはずです。ただし、そこにはどうしても乗り越えなくてはならない壁が存在します。シニアの「ITリテラシー」です。(2019/3/27)

すむたすが不動産SaaS提供:
「3000万円で売り出す?」「2600万円で即現金?」 中古マンションの新手法
中古マンションの売却を不動産会社に相談しても、いつ売れるのかいくらで売れるのかは不透明だ。もし現金ですぐに買い取ってもらうならいくらになるのか? そんな情報を、すむたすが不動産仲介会社へ提供を開始した。(2019/3/25)

NTTドコモでのクラウドの使い方、教えます:
PR:ユーザー企業から学ぶ、厳格なセキュリティ基準をクリアしつつ、クラウド活用で組織を加速させる方法
クラウドの活用が進む中、ベストプラクティスをどう実践するか、ノウハウをどう共有し統制やコスト管理を図っていくかが新たな課題にありつつある。そこで参考にできるのがクラウドを先進的に利用してきたユーザー企業の経験やノウハウだ。研究段階を含めると2009年からAWSを活用してきたNTTドコモ。同社の経験とノウハウを自社に取り入れるには、どうしたらいいのだろうか。(2019/3/18)

オタクの終活 まんだらけのコレクター向け「生前見積」サービス、運用3年間の手応えは
まんだらけに企画意図や現状を聞きました。(2019/3/15)

23区外、地方都市も人気:
「不動産を売りたい街」ランキング、2位は世田谷 1位は千葉県内で高騰中の……?
リビン・テクノロジーズが「売りたい市区町村ランキング」を発表。売却の査定依頼が多かった不動産がある行政区を集計したもので、1位は千葉県船橋市。鹿児島市(6位)、東京都八王子市(8位)、埼玉県川口市(9位)、宇都宮市(10位)といった23区以外のエリアや地方都市もトップ10入りを果たした。(2019/3/14)

簡単に出品できた:
PR:企業用フリマアプリ「ReSACO」で、会社の椅子を売ってみた
会社の引越しやレイアウト変更などによって、オフィスの備品が不用になっていませんか? そんな悩みに手を差し伸べるサービスが登場しました。その名は「ReSACO(リサコ)」。このサービスを使って、実際に椅子を売ってみたところ……。(2019/3/5)

30代で800〜1000万円:
「給与の満足度が高い業界」ランキング、2位は医薬品業界 1位は……?
給与の満足度が高い業界は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが給与の満足度を調査したところ、2位は医薬品業界だった。1位は……(2019/2/26)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

組み込み採用事例:
車載向けAIベースSoCの開発に採用されたIP群
FABU Technologyは、車載アプリケーション向けのAIベースSoCを開発するため、シノプシスのDesignWare IP群を採用した。優れたAI処理性能を持つ同IP群は、車載規格に準拠し、機能安全性の査定にかかる期間を短縮する。(2019/2/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「Amazon限定」がガジェット周辺で増えつつある理由
最近はノートPCやディスプレイ、HDD、メモリカードなど、PC周辺機器においても「Amazon.co.jp限定」の製品は増えつつある。オリジナルの製品と仕様がほぼ変わらないこうした製品が増えるのはなぜか。メーカー、そしてユーザーにはどんなメリットがあるのだろうか。(2019/2/10)

B2Bリユース市場元年:
PR:会社の不用品、どうすればいいのか? 企業フリマ「ReSACO」が解決
オフィス移転やレイアウト変更などで、「机やイスがいらなくなった。どうしたらいいのか」と処理に悩んでいる担当者もいるのでは。そんな人にオススメのサービスが登場する。企業フリマの「ReSACO」だ。聞き慣れないこのサービス、どのようなものなのかというと……。(2019/2/6)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療分野にRPAは普及するか? 自動化技術が変える、医療事務の今と未来
医療費精算やレセプト請求のような定型的な医療事務作業は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をはじめとする自動化技術が大きな効果を発揮する可能性があります。(2019/2/4)

世界を「数字」で回してみよう(55) 働き方改革(14):
ブラック企業の作り方
今回取り上げるのは「ブラック企業」です。特にここ数年、企業の規模や有名無名に関係なく、“ブラック企業の実態”が報道でも取り上げられていますが、そもそもなぜ「ブラック企業」が存在してしまうのでしょうか。そして、ブラック企業を撲滅することはできるのでしょうか。(2019/1/30)

アニメ会社「リテイクが直らなかったら50%減額」 その発注書大丈夫? アニメ会社、日本動画協会、JAniCAに聞いた
どうなのでしょう。(2019/1/26)

即金買取アプリ「ゲオスグ」のAndroid版が開始、買取金額20%アップキャンペーンも
ゲオは、1月29日からゲームソフトとゲーム機本体をすぐに現金化できる即金買取アプリ「ゲオスグ」のAndroid版を提供開始。これに合わせ、2月11日まで買取金額20%アップキャンペーンを実施する。(2019/1/25)

予算達成で大きな報酬:
「40代の年収が高い企業」ランキング、日産、東芝、ソニーなど上位に 1位は外資系IT企業の……
40代の平均年収が高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表した。日産、東芝、ソニーなどが上位に入った。1位は……?(2019/1/11)

昇給率がいい、あの企業:
「30代の年収が高い企業」ランキング、NEC・東芝など上位に 1位はやっぱり……
30代の平均年収が高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表。NEC・東芝・三菱電機などの大手メーカーが上位に入った。1位は……?(2019/1/10)

あの大手コンサル:
「20代の年収が高い企業」ランキング、大手メーカー・金融が上位に 1位はどの会社?
グローバルウェイが、20代の「20代の平均年収が高い企業」ランキングを発表。日立製作所、トヨタ自動車、三菱UFJ銀行など、大手メーカー・金融が上位に入った。1位は……?(2019/1/9)

世界を「数字」で回してみよう(54) 働き方改革(13):
政府の地雷? 「若者人材育成」から読み解くひきこもり問題
今回のテーマは「働き方改革」の「若者人材育成」です。「若者人材育成」をよく読み解いてみると、その根っこには、深刻な“ひきこもり”問題が存在していることが分かります。(2018/12/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。