ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アットホーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

“220人の会社に5年いて160人辞めた” ブラック企業の日々をゆるく描いた漫画が「うわぁ」となる
ブラック企業あるあるがたくさん。(2021/7/11)

アットホーム調べ:
名古屋市の賃貸物件で人気の駅 ファミリー向きの物件1位は「一社駅」 シングル向きの1位は?
アットホームが、賃貸居住用物件でPV数が多い駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 名古屋市編」を発表した。(2021/7/8)

写真付き報告書作成やオーナー報告が簡単にできる新サービス
アットホームは、エーエスシーが開発・運用する、スマートフォンやタブレット端末から写真付き管理報告書の作成やオーナーへの報告が簡単に行えるサービス「物件の報告」を、2021年6月1日より提供開始した。オンライン報告にも対応し、業務効率化を目指す。(2021/7/5)

東京、神奈川、埼玉、千葉の中古マンション価格動向調査 平均価格は前月比0.3%増
首都圏における中古マンションの価格動向。1 戸あたりの平均価格は東京都下、横浜市・川崎市は下落、他エリアは上昇した。(2021/6/28)

産業動向:
大阪市の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、総合1位は「大正」駅
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 大阪市編」を公表した。ランキングでは、総合順位とファミリー向き物件のカテゴリーで「大正」駅が1位にランクインし、家族世帯を中心に大正駅が人気なことが明らかになった。(2021/6/23)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(3):
50坪以下の貸店舗、募集物件数は“前年比+61.2%”と大幅増!飲食店可物件が増加〜東京〜
東京都などの緊急事態宣言は解除見通しながら、人の流れを抑える動きは依然続いています。対象地域の飲食店が嘆く姿を報道で目にしたり、繁華街で空き店舗を見掛けることも多いのではないでしょうか。そこで今回は、アットホームが先日公表した「50坪以下の貸店舗の募集動向」から、2020年下期(2020年10月〜2021年3月:以下、今期)の状況を詳しく見ていきます。(2021/6/18)

はなわ、佐賀から関東移住の新居ルームツアーに反響 “ばぁば”の同居も決まりファン安堵
佐賀県を離れるはなわファミリー。(2021/5/26)

産業動向:
東京23区の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、総合1位は「三軒茶屋」
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 東京23区編」を公表した。ランキングでは、総合順位とシングル向き物件のカテゴリーで「三軒茶屋」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に三軒茶屋駅が人気なことが裏付けられた。(2021/5/6)

産業動向:
4人家族が求める住宅の設備や仕様を調査、一人一部屋を望む人が73.1%
アットホームは、0〜19歳の子供2人と配偶者1人と暮らす30〜50代の既婚男女420人を対象に、4人家族が幸せに生活するために最低限必要な「家の広さ」「間取り」「最寄り駅までの徒歩分数」といった住まいの条件や「あったら幸せだと思う設備・仕様」について、インターネット上で調査を行った。結果、住宅の仕様で、一人一部屋を求める人が全体の73.1%を占めることが判明した。(2021/4/28)

コロナ禍で求める部屋の広さは変化したか? アットホーム調査
コロナ禍を迎え、希望する部屋の広さには変化があったのだろうか。最低限必要な広さと、最低限許容できる最寄り駅までの徒歩分数を、2017年の調査と比較したところ、広さはほぼ同じだった。(2021/4/26)

不動産市況:
アットホームが不動産会社に求めることを調査、重説と契約は「対面を望む」が半数以上
アットホームは、物件の購入検討もしくは賃貸を検討している18〜50歳の男女412人に、今後希望する住まいの探し方や不動産会社に求めることについての意識調査を行った。その結果、住宅の購入検討者と賃貸物件を探している対象者ともに、重要事項説明と契約は対面で行いたい人が全体の半数以上を占めることが明らかになった。(2021/4/16)

業界動向:
「アットホーム 空き家バンク」リニューアル、新コンテンツ追加
アットホームは、「全国版 空き家・空き地バンクサイト」の名称を「アットホーム 空き家バンク」に変更、サイトトップページのデザインをリニューアルした。(2021/4/14)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(2):
東京の小規模オフィス、コロナ禍で募集物件が140%超に急増。山手線南西部の増加が顕著
本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。今回は、東京都の主要20エリアにおける2020年下期(7〜12月)の小規模オフィスを対象にした賃料動向を分析していきます。(2021/3/15)

産業動向:
空き家バンクの参画自治体が500団体超え、アットホーム
アットホームは、運営するWebサイト「全国版 空き家・空き地バンクサイト」の参画自治体数が500団体を超えたことを発表した。2021年3月頃には、地域共創プロジェクトの紹介ページ開設を見込んでおり、同年4月頃にはWebサイト全体のリニューアルを予定している。(2021/3/8)

調査レポート:
2020年12月の中古マンションの動向、首都圏は都下と千葉県西部を除き平均価格が上昇
アットホームとアットホームラボは、中古マンションの価格動向を調査し、首都圏における中古マンションの平均価格が、2020年12月において、東京都下と千葉県西部以外は前年同月比で中古マンションの平均価格が上がったことを明らかにした。(2021/3/2)

アットホーム調べ:
ファミリー向きマンションの募集家賃が上昇したエリア 3位千葉県、2位名古屋市、1位は…
不動産情報サービスのアットホームが1月の全国主要都市「賃貸マンション・アパート」 募集家賃動向を発表した。(2021/2/27)

調査レポート:
2020年12月の新築戸建て住宅の動向を調査、首都圏では横浜と川崎を除き平均価格が上昇
アットホームとアットホームラボは、新築戸建て住宅の価格動向を調査し、首都圏の新築戸建て住宅の平均価格が、2020年12月において、横浜市と川崎市以外のエリアで前年同月と比較して上昇したことを明らかにした。(2021/2/26)

IOC注目「バーチャルスポーツ」……有馬温泉で仮想ロードレースも
コロナ禍の中、eスポーツに現実的な身体運動の要素を加えた「バーチャルスポーツ」が注目されている。国際オリンピック委員会も「五輪プログラムへの追加を検討する」との提言を発表した。(2021/2/22)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(1):
【新連載】アットホームラボ調査レポ「コロナ禍でどう変わった?2020年の不動産市況を振り返る」
本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。(2021/1/21)

不動産業界のプラットフォーマーが目指す業界DX支援はなぜ利他的なのか
取引先が多く、個々の企業のIT投資が難しい業界でDXを推進するには、取引先を巻き込んだ商流全体の再設計が必要だ。業界全体のDX支援が自社のDX推進、持続可能な成長につながるとする企業の取り組みをレポートする。(2020/12/21)

融資取引をペーパーレス化、印鑑レス、非対面で 日立が電子契約ソリューションを開始
日立は、金融機関の契約業務を電子化し、従来の対面による紙中心の事務手続きをWeb上で完結できる「金融機関向け電子契ソリューション」の販売を開始した。契約事務のペーパーレス化、印鑑レス化とともに、契約手続きに要する負荷軽減や業務効率化を支援する。(2020/12/15)

紙、電話、FAX撲滅なるか? アットホームに聞く不動産業界ペーパーレス化の現在地点
「正確な情報は地元の不動産屋に足を運ばなければ得られない」――。日本では長く当たり前とされてきたこの常識を変えるには何が必要か。紙、電話、FAXを前提としてきた地場の仲介業者の業務支援を基盤に業界全体のDXを仕掛ける企業の1社に話を聞いた。(2020/10/19)

最恐の四天王が抱えた秘密…それは全員「実家暮らし」 絶対いい奴らな魔王軍を描いた漫画に思わずニッコリ
四天王のプライベートに親近感。(2020/10/6)

出稿量ではなく事業成果にコミット:
成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売れるかという成果にコミットできないのが課題だった。これをデータサイエンスの力と成果報酬型モデルで解決する新しいテレビCM出稿サービスが誕生した。(2020/9/30)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(3):
【第3回】変わる不動産業界と不動産テックの未来
前回は、注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返りました。今回は、新型コロナウイルス感染拡大前後で、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)は進んでいるのか、不動産業界や不動産テック市場がどのように変化しているのか、今後どうなるのかなどを踏まえ、withコロナ時代における不動産テック市場について見ていきます。(2020/9/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
当事者意識が全ての原動力〜空き家問題を動かす〜
2033年に3軒に1軒は空き家になるとの予測もあり、隣は空き家という状況が、どの市町村でも見られる風景になる。今後さらに空き家率が上昇すると、生活インフラの維持・管理も難しくなる地域が増える。(2020/8/13)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(2):
【第2回】不動産業界のDXは、不動産業務支援の分野へ
前回は、戦後から消費者向け不動産ポータルサイトが誕生するまで、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の歴史を振り返りました。不動産業界のデジタル変革は、不動産の情報流通から不動産業務の支援へと広がっていったことが、お分かりいただけたことかと思います。第2回は、近年注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返ります。(2020/8/12)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(1):
【新連載】「不動産テック市場の行方」不動産業界のDXは35年前から始まった――
近年、急成長を遂げる“不動産テック市場”。非対面・非接触での営業や契約締結、VRでの物件内見、スマートロックなどの新しい不動産テックサービスが次々と登場し、不動産業界にもデジタル変革の波が押し寄せています。本連載では、不動産テック市場を俯瞰的に見ながら、延期が決定した東京五輪の影響やCOVID-19で意図せず普及が進む“リモートワーク”に伴う市場変化などを織り交ぜ、足元の不動産テック市場の現況と今後の見通しをアットホーム 原雅史氏がレポートしていきます。連載第1回では、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が約35年前から始まっていると言われていることを踏まえ、戦後を出発点にした不動産業界のDXがこれまでどのように発展してきたかを振り返ります。(2020/7/14)

「顔のラインがほっそり」 30キロ減したゆりやんレトリィバァ、一回りサイズダウンした見た目に注目集まる
シュッとしてる!(2020/7/8)

特集:開発者が足りない時代に開発力を上げるための企業戦略(1):
コロナ禍で企業はDXを避けられない状況に――生き残るための選択肢とは
経済産業省の「DXレポート」では、2025年にはIT人材が国内で約43万人不足し、企業に残されたレガシーシステムの老朽化によって膨大な経済的損失が生まれるという「2025年の崖」が大きな問題として挙がっている。このような時代に企業が生き残るためにすべきことは何か、開発者不足を補い、生産性を向上させるための具体的な施策とは何か、有識者の提言や先行企業の事例を基に現実解を探る特集。初回は、現在の課題と企業が生き残るための選択肢を整理する。(2020/6/30)

間取り「1K」がトップ:
幸せな生活を送るのに「家の広さ」は関係ない? 一人暮らしをしている20代の男女
現在、一人暮らしをしている社会人はどんなところに住んでいるのか。幸せな生活を送るために最小限必要だと思う間取りを聞いたところ……。(2020/6/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
副業の優等生、JR九州が放置した「傾斜マンション」の罪
JR九州が1995年に販売したマンションで杭工事の不具合があったと発表した。20年以上の間、住民からの訴えを否定し続けてきたのが実態だ。住民はJR九州のブランドを信頼して購入しただろう。真摯に対応するきっかけはこれまでにもたくさんあったはずだ。(2020/6/5)

首都圏の中古マンション、前月比で10.3%下落
アットホームは5月27日、首都圏の新築戸建・中古マンションの成約価格を発表した。新築戸建の価格は微減にとどまったが、中古マンションは大幅に落ち込んでいることが分かった。(2020/5/27)

#うちでもできたよテレワーク:
60人が自宅から「パプリカ」合奏、テレワークオーケストラの舞台裏 ばらばらの環境で統一感出せた理由
新日本フィルハーモニーが3月にYouTubeで公開した「テレワークでパプリカやってみた!」という動画が大きな反響を呼んだ。62人の楽員がそれぞれの自宅というばらばらの環境で、統一感のある音楽を仕上げられた裏側には、地道な作業の積み重ねがあった。(2020/4/28)

ちくわで禰豆子コス! 藤田ニコル、ロンブー、狩野英孝ら、家にあるものだけを使った「#おうちコスプレ」が話題に
ちくわがあってよかった。(2020/4/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自粛要請に振り回される「3密4業態」 ライブハウスやナイトクラブの“悲痛な声”に迫る
新型コロナの感染拡大で夜の飲食店などが苦境。現場からはどのような声が聞こえるのか。取材の結果は。(2020/4/14)

ドラマ「フルハウス」のキャスト陣が“外出自粛バージョン”のオープニング動画を制作 「安全を保ち、家にいよう」とメッセージ
ジェシーおいたんがInstagramで動画を公開。(2020/4/9)

『極主夫道』実写PV公開、元ヤクザを演じる津田健次郎に違和感ゼロの声多数 「これ以上に完璧な実写化見たことない」
津田さん迫真の演技が光っています。(2019/12/27)

終わって淋しい「凪のお暇」 号泣しなかった慎二と涙を見せたゴン、どっちも選ばなかった凪が大正解最終回
凪と慎二の関係は一貫して慎二の片想いだった。(2019/9/24)

不動産テックカンファレンス2019:
不動産大手2社が語るスタートアップとの“共創”方法、三井不動産と東急住宅リース
東急住宅リースと三井不動産は、不動産マッチアプリや業務支援系ソフトなどの不動産テックを開発するITベンダーとの業務連携や共同開発などの共創を推進している。今後さらに、その勢いを加速していく方針だ。(2019/9/11)

黒木華「凪のお暇」裏主役・慎二(高橋一生)はなぜ突如号泣したのか? 豆苗とぬか床が暴いた真実
慎二、突然の号泣。初めて見る“本当の顔”に凪はパニック。(2019/9/6)

CIM:
“3次元地盤モデル”を活用したアットホームの戸建て向け地盤情報サービス
アットホームと応用地質は、地盤情報を分かりやすく可視化するサービス「地盤情報レポート」を共同開発した。戸建て住宅の新築や建て替えの際に、これまでノウハウやツールが無かった沈下・液状化のリスクや補強工法などの地盤情報を購入希望者に提供し、安心・安全な不動産の取引きに役立てる。(2019/7/2)

「きびだんごはテイクアウトなら消費税8%」 「桃太郎」で軽減税率を説明する漫画が「勉強になる」と話題
笑えてためになる。(2019/3/6)

イノベーター列伝:
躍進の秘訣は7年越しのブランド愛――マンダム 陳 佩蓉氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2018/12/27)

PR:DMM社員の愛が深すぎてまさかのデビュー “他人のネタをこすりまくる”新人VTuber「銀めくる」がだいぶ攻めてる
オンラインくじサイト「DMMスクラッチ」がなぜか全力で生み出してしまったVTuberについて取材しました。(2018/12/25)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
“弱小”だった水族館の館長が「トヨタ本」から見つけた組織活性化のヒント
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/11/22)

IT用語解説系マンガ:食べ超(151):
不気味の谷がインターンを募集します
不気味の谷に咲く一輪の花、その愛らしい不気味さと不気味な香りを人は求めてやみません。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/11/21)

不動産サイトで「100円の家」が販売中!? → 誤植だと思ったらガチだった 背景には深刻な“空き家問題”
販売する不動産会社にお話を聞きました。(2018/10/16)

どんな指導をしているの?:
新入社員の離職防止に効果あり? 串カツ田中“新人だらけの店舗”に行ってみた
新入社員の定着率UPが課題だった串カツ田中は、正式配属前の新入社員を集める“実験店”をオープンした。効率的にスキルを習得させたり、同期意識を醸成したりするのが目的だが、どのように運営されているのだろうか。(2018/10/15)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
水族館の館長さんが『うんこ漢字ドリル』に感化されたら、こんな商品が生まれました
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。