ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BizTalk」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BizTalk」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Azureがベストになる条件とは?
それでもAWSではなくMicrosoft Azureを使うべき理由
AzureはAWSに大きく水をあけられていて、その差が縮む気配はない。あえて業界1位のAWSではなくAzureを選ぶ理由とは何か。Azureならではの優位点を検証する。(2016/8/26)

Computer Weekly:
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/17)

進化を続けるマイクロソフトのクラウド:
Windows Azureの“いま”を知る
マイクロソフトが展開するパブリッククラウド「Windows Azure」は、常に最新のテクノロジが惜しみなく投入され、日々進化を続けているクラウドサービスだ。多くの企業がクラウドの導入を進めている現在、Windows Azureはそうした企業のビジネス成長を加速させるプラットフォームとして、日々その存在感を増している。(2014/1/14)

無料で始める企業向けIaaSクラウド入門:
企業向けIaaSに求められる6つの要件と環境構築
IaaSの概要や企業向けIaaSに求められる6つの要件、無料試用版のある「Windows Azure仮想マシン」の環境を構築する手順、PowerShellを使った日本語化、RDBについて解説する。(2013/12/5)

MSDNユーザーへのAzure利用推進策も:
マイクロソフト、ALMツール「InRelease」を買収
マイクロソフトは、米国の開発者向けイベント「TechEd North America 2013」の基調講演で、クラウドOS戦略に向けた同社製品群の次版のリリース予告を続々と発表した。6月末の「Build 2013」ではいくつかのプレビューが披露される見込みだ。(2013/6/5)

導入事例:
第一生命、保険金・給付金支払査定ワークフローシステムを全面刷新
第一生命は顧客対応の向上やコスト削減などを目的に、保険金・給付金支払査定ワークフローシステムを刷新した。新システムにはマイクロソフト製品が全面的に用いられている。(2013/3/29)

Microsoftが月例セキュリティ情報を公開、既に攻撃発生の脆弱性も
6件のセキュリティ情報のうち4件が「緊急」レベル。中でも1件については、脆弱性を突いた「限定的な標的型攻撃」が確認されているという。(2012/4/11)

地域医療連携ソリューション紹介:日本マイクロソフト
汎用的なデータ連携基盤で地域医療連携の実現を目指す日本マイクロソフト
日本マイクロソフトは汎用ソフトウェア製品群によって、個別最適化された既存システムでは難しい情報連携の仕組みを提案することで地域医療連携を支援する。(2011/11/25)

医療IT最前線:
医師によるEUCの状況をレポート――iPadの活用もトレンドに
煩雑な資料作成に追われる医療従事者の業務を効率化するために、医療分野のITはどのようにあるべきなのか。その取り組みの一つとして、医療従事者たちが自ら医療IT環境を構築していく方法が注目されつつある。その最先端を進むグループの事例研究会を取材した。(2011/1/12)

ATLとWebコンポーネントの脆弱性は早急な対処を:
8月のMSパッチが公開、緊急5件を含む計9件
Microsoftは8月の月例セキュリティ情報を公開した。内訳は「緊急」が5件、「重要」が4件となる。(2009/8/12)

8月のMS月例アップデートは9件、Officeのゼロデイの脆弱性に対処
月例セキュリティ更新プログラムは日本時間8月12日に公開する。「緊急」レベルが5件、「重要」レベルが4件。(2009/8/7)

「ファイアウォールで止まる」:
Microsoft、SOA俗説の正体を暴く
Microsoftの開発プラットフォームおよびツール担当上級ディレクター、スティーブン・マーティン氏はSOAに関するさまざまな俗説について語った。「SOAは死んでいない、ファイアウォールで止まることもない」と強調した。(2009/2/6)

海外ダイジェスト(12月9日)
Sun Microsystemsが「MySQL 5.1」をリリース、MozillaがFirefox 2ユーザーに3へのアップグレードを呼び掛け、など。(2008/12/9)

導入コストの削減に期待:
COBOLをクラウドに入れるMicro Focus
COBOLはPythonやRubyなどの最新の言語と同様、クラウド向けのプログラミング環境の仲間入りをする。Micro Focusでは、企業がCOBOLベースのレガシーアプリケーションをクラウドに移行するのを支援する。まずはMicrosoftの「Windows Azure」に対応する。(2008/11/18)

MicrosoftがApacheConで相互運用性の取り組みをアピール
Microsoftのオープンソース戦略を率いるサム・ラムジー氏は、Apache Software Foundationの「ApacheCon」カンファレンスで、相互運用性とオープンソースソフトウェア分野における同社の取り組みについて語った。(2008/11/10)

Microsoft、新興企業を支援するプログラム「Microsoft BizSpark」を発表
条件をクリアした新興企業は、3年間無料でMicrosoftの提供する開発環境、運用環境を利用できる。(2008/11/6)

作業工数は従来比6割減――実証実験で抜群の結果を残したOpenXML
OpenXMLに用いた大規模システムの相互運用性実証実験が行われた。作業工数6割減という成果もさることながら、中小のISVが下請けでない形で案件に加わることができる可能性を示したという点で、今回の実証実験は大きな意味を持つ。(2008/7/31)

ビル・ゲイツ氏、TechEdで最後の基調講演
TechEdの基調講演は、ビル・ゲイツ氏にとっては会長として最後の講演となる。(2008/6/4)

MS、IE 8のβ2の公開時期や新プロジェクト「Velocity」などを発表
MSがIE 8のβ2のリリース時期、IBMとの技術提携、新プロジェクト「Velocity」、Microsoft Sync Frameworkのリリース時期など、複数の重要な発表を行った。(2008/6/4)

次世代の空港手荷物管理システム、NTTデータとMSがプロトタイプ構築
NTTデータの持つIDコマース基盤とマイクロソフトのBizTalk Server。両製品を合わせたRFID管理システムが研究モデルに適用された。(2008/4/24)

NEWS
NTTデータとMS、ベンダー規格にとらわれない次世代手荷物管理システムを共同構築
従来のRFID管理システムの課題をNTTデータとマイクロソフトの技術を使って解決する。(2008/4/24)

MSバルマー氏、Dynamicsアプリケーションへのコミットを再確認
米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、同社がDynamicsエンタープライズアプリケーションスイートの長期的な開発に固くコミットする方針である、とユーザーに訴えた。(2008/3/14)

MS月例パッチ公開、ExcelやOutlookの脆弱性に対処
3月は「緊急」レベルの脆弱性情報4件の公開。実際にターゲット型攻撃に利用されている脆弱性などに対処した。(2008/3/12)

日本HPとMS、金融機関向けソリューション「楓」を発売
日本HPとマイクロソフトが金融機関向けソリューションでタッグ。顧客チャネルをまとめ、すべてのワークフローを管理するソリューション「楓」を発売する。(2007/11/30)

CTC、Dynamics CRMを利用した統合型ソリューションを提供
CTCは、マイクロソフトのCRMアプリケーションを利用して、特定業種向けのCRMソリューション構築に取り組んでいく。(2007/11/7)

NEWS
CTCとマイクロソフト、CRMソリューション分野で協業
「Microsoft Dynamics CRM 3.0」をベースに開発したCRMおよびコンタクトセンターシステムの開発・構築を短期間で実現する独自のCRMソリューション「Powerful CRM」を販売開始(2007/11/6)

Google対Microsoft、SNS戦争の意味は?
MicrosoftとGoogleのFacebook争奪戦、そしてGoogleのOpenSocialは、Web広告収入をめぐる戦いに見えるかもしれない。だがわたしはそれ以上のものだと思っている。(2007/11/1)

MS、「Oslo」を擁してSOA分野の開拓を目指す
Microsoftは、SOAへの参入が遅かったものの、着々と歩みを進めているようだ。(2007/10/31)

マイクロソフト、「BizTalk Server」5世代目でRFID市場に本格参入
マイクロソフトは、RFID機能を搭載したビジネスプロセス管理および業務システム連携製品の最新版を発表し、日本におけるRFID市場に本格参入することを明らかにした。(2007/10/9)

Google Docsに対抗、MSが「Office Live Workspace」発表
MicrosoftがオンラインにWordやExcelの文書を保存、共有できる「Office Live Workspace」を発表。今後は「Live」「Online」の2つのサービスファミリーを提供していく。(2007/10/1)

Windows Server 2008の基礎知識:
第2回 Windows Server 2008とは何か?― 新しいサーバ・サービス
概要解説の第2回。今回はネットワークを保護するNAPや強化されたターミナル・サービスなど、新しいサーバ・サービスについて解説。(2007/9/27)

「Microsoft BizTalk Server 2006 R2」リリース
新しいバージョン「Branch Edition」も提供される。(2007/9/11)

JFEシステムズ、Dynamics CRMを活用したコンタクトセンターソリューションを提供
JFEシステムズは、マイクロソフトとの協業により、Dynamics CRMを活用したコンタクトセンターソリューションを提供する。(2007/8/20)

NEWS
JFEシステムズとMS、Dynamics CRMによるコンタクトセンターソリューション分野で協業
JFEシステムズの新CRMソリューション「CIRCULATE CRM」のベースプラットフォームに、Dynamics CRMを採用(2007/8/20)

NEWS
米マイクロソフト、ビジネスプロセスマネジメント製品の最新版を発表
Microsoft Worldwide Partner Conference 2007でMicrosoft BizTalk Serverの次期リリースを発表、サプライチェーンマネジメント強化を支援(2007/7/24)

MS、メディア企業向けのデジタルコンテンツ管理ソリューションをリリース
インターネットで配信するデジタルコンテンツを管理するためのメディア専門企業向けのソリューション「Interactive Media Manager」(IMM)が、Microsoftのコンサルティング部門と一部のシステムインテグレータを介して提供されている。(2007/7/9)

マイクロソフト、「Visual Studio 2008」を発表
Microsoftが次期版「Visual Studio」の正式名称を決定し、第2β版を間もなくリリースすると発表した。(2007/6/7)

The Rational Edge:
UMLを使ったビジネスモデリング(後編):そうだったのか! システムユースケース
The Rational Edgeより:IBM Rational Software Architectをはじめとする各種モデリングツールではユースケースのモデリングにどのUML図を使うのかなど、ビジネスユースケースとシステムユースケースの相違点と類似点について学ぶ。(2007/5/24)

MS月例パッチでゼロデイの脆弱性に対処、Vistaにも影響
Microsoftは5月のセキュリティ更新プログラムを公開。ゼロデイ攻撃が発生しているWindows DNSやWordの脆弱性、Windows Vistaにも影響するIEの脆弱性に対処した。(2007/5/9)

Microsoft、5月の月例パッチは7件
Microsoftは米国時間5月8日(日本時間9日)に、7件のセキュリティアップデートをリリースする予定だ。(2007/5/4)

Microsoft、BPMのためのアライアンス結成
Microsoft Business Process Allianceは、比較的安価なBPM技術の選択肢を企業に提供することを目的とする。(2007/2/28)

MS、2007年度に向けCommon Engineering Criteriaを更新
Microsoftのサーバ製品を対象とするプログラムCommon Engineering Criteria(CEC)が更新され、新たな基準が設けられたほか、対象製品も追加された。Windowsロゴプログラムと同様に、有用な設計ガイドラインに発展できるか、2007年度はCECにとって真価が問われる年となるだろう。(2006/11/7)

インフォテリア、ESBの進化形「ESP」をASTERIA WARPで実現
社外とのデータ連携を実現するESP。同社は、Web2.0として活性化が進むインターネットを介すデータ連携について、企業の取り組みとしてASTERIA WARPで解を示した。(2006/10/11)

MS、SOAの「現実的アプローチ」推進を表明
Microsoftは同社主催のSOAをテーマにしたカンファレンスで、顧客企業のSOA導入事例を紹介。まもなくリリース予定のOffice 2007などを利用した今後の取り組みを発表した。(2006/10/6)

InfoPathはなぜ苦戦したのか?――新バージョンが目指すもの
InfoPath 2007ではSharePointとの連携の強化やVisual Studioとの統合の改善が図られ、企業内開発者にとって同製品はこれまでよりも魅力的な製品となりそうだ。だが、同製品は今後も、フォームベースのアプリケーションを開発するための多数の選択肢の1つに留まるだろう。(2006/10/5)

MS、パートナープロダクトに対してMS製品への移行や新規対応を支援する技術支援プログラムを提供開始
マイクロソフトはパートナー各社のソフトウェアパッケージやソリューションに、同社の技術や製品を採用してもらうための大規模な技術支援プログラムを提供する。(2006/9/28)

Microsoftの新体制は今どうなっているのか?――ビジネス分野編
Microsoftは新年度とともに、7事業部から新しい首脳陣を配した5事業部編成へと移行した。新興事業の拡大を図ると同時に、従来事業に課した高いハードルを超えるための体制づくりが始まっている。(2006/9/8)

Dynamicsの2つの“波”、いいとこ取りの統合へ
Microsoft Business Solutions部門の新しいERP製品が2008年以降に登場する見通しだ。この製品は、同部門の4つの既存ERP製品で提供される機能を搭載するが、Dynamics AXに最も似たものになりそうだ。(2006/8/9)

Microsoft、「CRM Live」サービスを導入へ
MicrosoftはWindows LiveおよびOffice Liveサービスの一環として、「CRM Live」サービスを2007年4〜6月期に導入する計画。(2006/7/12)

無線ICタグに対応する次期BizTalk Server
2007年上半期にリリース予定のBizTalk Server 2006 R2では、EDI形式のビジネス文書、RFIDデバイス、およびWindows Communications Framework(WCF)のサポートが強化される。(2006/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。