ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BPMN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BPMN」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

RPA導入ガイド(5):
【実録PoC】毎月数百件以上の文書スキャン業務はロボットで置き換え可能なのか
RPA(Robotic Process Automation)とは何かという基本的なことから、導入するためのノウハウまでを解説する連載。今回は、RPAの基本となる、RDA(Robotic Desktop Automation)のPoC(Proof of Concept:概念実証)について共有します。(2018/2/1)

RPA導入ガイド(2):
RPA製品を選定する際に持つべき2つの視点と業務プロセスの観点から考えるRPAの本質
RPA(Robotic Process Automation)とは何かという基本的なことから、導入するためのノウハウまでを解説する連載。今回は、RPA製品を選定する際に持つべき2つの視点を提示し、RPAの本質について考察してみます。(2017/10/5)

美人弁護士 有栖川塔子のIT事件簿(2):
そもそも要件定義って何なのよ
ITシステムの要件定義では、対象業務のフローや入出力を決める「業務要件」とシステムが持つべき機能を定める「機能要件」、システムの速度や容量、使い勝手やセキュリティなどを定義する「非機能要件」について、ユーザーとベンダで徹底的に議論することが大切です。(2013/11/22)

「モノ申す」自治体の情シス:
クラウドから始まった足立区のシステム最適化物語(後編)
プライベートクラウド基盤を独自に構築した足立区。基盤を稼働させた今も情報システム最適化の道のりは、まだ半ばだ。後編では業務アプリケーション最適化の取り組みやクラウド構築に伴うコスト効果などを紹介する。(2013/6/26)

レッドハット、JBoss Enteprise BRMS 5.3を発売 ビジネスルール管理と複合イベント処理を統合
ビジネスプロセスの管理と大量データから重要なビジネスイベントの発見を可能にするという。(2012/7/18)

クラウドガバナンス現在進行形【第5回】
クラウドの応答性能とサポート品質を客観的に比較するには
クラウドの利用に当たって、多くの企業利用者が応答性能とサポートに不安を抱いている。本稿では、応答性能とサポート品質を正しく把握する方法について検討する。(2012/1/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「イノベーティブ経営の実践に向け、人のつながりを把握せよ」――東京工業大学、飯島教授
組織内における人と人とのつながりは、組織の業績を大きく左右する。各種調査によってもこのことは実証されてきた。では、組織における人と人のつながりを陽表的に把握するためには、どのような手法が効果的なのか。その観点からここにきて注目を集めているのが、「DEMO」(Design and Engineering Methodology for Organization)である。(2011/3/25)

企業システムの常識をJBossで身につける(11):
「全体を見る」ためのビジネスプロセス・BPMの常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/9/2)

BPMの実行基盤を統一:
オラクル、業務プロセス管理ツールの新製品を発表
(2010/7/23)

Oracle、ソーシャル機能搭載製品を精力的にリリース
「Oracle Business Process Management Suite 11g」や「Agile Customer Needs Management」など、Oracleの最近のソフトウェア製品では、ソーシャルネットワーキングツールを製品機能に連係することが必須のようだ。(2010/6/22)

UMLツール紹介:IBM Rational Software Modeler編
EclipseベースのUMLツール「IBM Rational Software Modeler」の導入メリットとは?
モデル駆動型開発を推進する上では、モデリング環境と開発環境との高い親和性が求められる。今回はEclipseベースのモデリングツール「IBM Rational Software Modeler」の特徴的な機能を紹介する。(2009/12/16)

特集:業務フローリファクタリング(後編):
業務フローリファクタリングの具体的な実現法
今回は前編に引き続き、業務フローリファクタリングの具体的な方法を実例を交えて解説する。(2009/9/24)

UMLツール紹介:Enterprise Architect編
汎用的なモデリング機能を網羅するUMLツール「Enterprise Architect」
オブジェクト指向での開発を支援するモデリング表記方式である「UML」。本連載では、UMLモデリングを支援する主要なツールを紹介していく。今回はスパークスシステムズジャパンの「Enterprise Architect」を取り上げる。(2009/9/24)

XPDLで双方向にデータ移行:
BPMはラウンドトリップが必要、富士通と日揮情報システムが連携
(2009/9/17)

業務フローリファクタリング(前編):
業務フローリファクタリングで見える化を実現
ビジネスプロセスを見える化する「ビジネスプロセスモデリング」が注目されている。ビジネスプロセスモデリングを実現する方法として、業務フローリファクタリングが有効だ。今回は、業務フローリファクタリングの具体的な方法を実例を交えて解説する。(2009/8/31)

「BPMNの知識だけでは受からない」:
BPMの認定資格、入門編が10月に日本語で開始
(2009/4/24)

NEWS
日揮情報ソフトウェア、BPMN 1.1完全準拠のビジネスプロセスモデリングツールを無償配布
Microsoft Office VisioでBPMN 1.1完全準拠のビジネスプロセス図の作成を実現する。(2008/12/4)

「SAP NetWeaver Business Process Management」:
「SAP as a Service」で業務プロセス設計、SAPがBPM新製品
(2008/12/3)

情報マネジメント用語辞典:
フローチャート(ふろーちゃーと)
flowchart / 流れ図(2008/11/24)

情報システム用語事典:
アクティビティ図(あくてぃびてぃず)
activity diagram / アクティビティダイアグラム / 活動図(2008/10/9)

業務プロセス[見せる化]塾(1):
業務プロセスは「見せる化」しよう!
ビジネスプロセス・モデリングの効果の第1は、業務プロセスの見える化だ。ここでは“見える化”を1歩進めた“見せる化”のための記述ルールとその効果を解説する。(2008/10/7)

MSのソフトウェアモデリングプラットフォーム「Oslo」の原点
ノンプログラマーでも分散型アプリケーションを開発できるようにすることを目指したMicrosoftのデータ中心型プラットフォームのルーツは、人々にとって非常になじみ深いアプリケーションにある。(2008/9/10)

「intra-mart ver.7.0」のリリースを発表:
イントラマートの新バージョン、オープンソース製品を大幅採用
(2008/6/25)

情報マネジメント用語辞典:
EPC(いーぴーしー)
event-driven process chain / イベント駆動型プロセス連鎖 / イベントドリブン・プロセスチェーン(2008/5/22)

2009年から一般企業向けのSOA ByDesign技術を提供:
SAP、初のBPM製品「SAP NetWeaver BPM」を発表
(2008/5/7)

SAPPHIRE 08 Orlando Report:
SAP、次の一手は「戦略的アジリティ」
エンタープライズSOAに基づく製品投入に区切りをつけたSAPは、次なる手としてこの「戦略的アジリティ」の実現を掲げる。効率性を追求しながら、戦略と業務執行のギャップをインサイトと柔軟なプロセスの組み替えで埋めることで、企業は業績の最適化を図ることができるという。(2008/5/7)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるBPMS
(2008/3/21)

日産の情報システム革新「BEST戦略」 キーワードは「標準化」
1999年の経営危機から奇跡的な回復を遂げた日産自動車。それでも同社は改革の手綱をゆるめることはない。2006年からは情報システム部門を世界レベルにまで引き上げることを目指した「BEST戦略」に着手。その核となる施策は、情報システムの標準化だ。(2008/2/13)

トレンドフォーカス:
日本にも訪れた業務プロセス改革の動き
業績の最大化、継続的な成長――これらを手にするため業務プロセスの視点から改善活動を行うBPM。SOAとの親和性でも注目を浴びる。日本BPM協会は、2007年12月に「SOA普及推進研究部会」を立ち上げ、SOA普及活動を通じBPMを推進するという。(2008/1/24)

隠れた要求を見極める!(4):
ユーザーの「世界観」を見極めるためには
システムにかかわる各ステークホルダーの思いをくみ上げ、調整するには、それぞれが持つ「世界観」の相違を見極める必要がある。そのために役立つツール「CATWOE」(キャトゥ)の活用法を紹介する。(2008/1/10)

オンラインでBPMとSOAを習う 日揮情報が教育プログラムを提供
日揮情報ソフトウェアは、業務分析やプロセス改善設計などのスキルを身に付けるオンライントレーニングの日本語版の提供を開始した。(2008/1/10)

BPTrends(13):
BPMプロジェクト成功の鍵[5] - 分析・把握・発見
BPMプロジェクト実行フェイズの最初のステップは、プロセスの分析だ。分析のための分析に陥ることなく、ブレークスルーをもたらす改善策を導かなければならない。(2007/9/18)

M&A時代のビジネスガバナンス(3):
マニュアル統制の悪夢とBPMの利点を考える
前回はID管理には、アクセス権限の適切な設定を行う「アイデンティティ・プロビジョニング」と、設定されているアクセス権限を検証する「アイデンティティ監査」の2つの役割があることを紹介した。今回は、ITガバナンスの中でも特に「ビジネスプロセスマネジメント(BPM)」について説明する。(2007/8/21)

実践! UMLビジネスモデリング(4):
UMLとBPMN、それぞれのビジネスモデリング
前回はUMLのアクティビティ図でビジネスワークフローを表現する方法を説明したが、最近ではBPMNという表記法が使われることも多い。引き続き洋菓子店のケースを用いて、BPMNの使用例を示す。(2007/8/10)

BPTrends(3):
BPM市場のこれからを読む
米国では、一部先進企業がBPMに力を入れ始めており、それをサポートするベンダやコンサルタントにとってもビジネスとして成り立つようになってきた。BPTrendsのセリア・ウォルフとポール・ハーマンがBPM市場のこれからを読むを読み解く。(2007/6/18)

BPTrends(1):
ビジネスプロセスの標準規格
ビジネスプロセスに関する標準規格がさまざまな団体、企業から提唱されている。それらはどのような場面で使われるものなのだろうか? BPTrends編集責任者のポール・ハーモンが解説する。(2007/6/1)

マーズコーポレーション、日本版SOX法に対応した内部統制支援ツールを販売開始
マーズコーポレーションは、日本版SOX法に対応した内部統制支援ツール「ICONE」(アイシーワン)の販売を開始した。(2007/5/17)

特別企画:BPM Special BPM時代の到来--BPMで何が変わるのか?
BPMとは何か?──論者の数だけ考え方があるが、今回は企業の情報システム構築と経営管理の方法の変遷を踏まえて、BPMが必要になってきた背景と本質を解説する。(2007/5/14)

実践! UMLビジネスモデリング(1):
なぜ、ビジネスモデリングなのか?
ビジネスの世界で「見える化」という言葉を頻繁に耳にするようになった。一方、ソフトウェア開発の世界では、昔からプログラミングの前にビジュアルなスケッチを作ることが強く推奨されてきた。この交点にある「ビジネスモデリング」に関する基本的な考え方と具体的な取り組み方を、7回にわたって解説していく。(2007/4/23)

システム管理は業務プロセス包括の動き――チェンジビジョン「JUDE 5.0」を発表
NTTデータへの大量導入を始め、UMLを中心としたアプリケーション開発に根強いユーザーを持つJUDE。3.2を2月28日に、続いて5.0を5月に発売する。なお「4.xを飛ばしたのはJDKと同じコンセプト」(平鍋氏)とのこと。(2007/2/23)

Oracle、SOA製品をアップデート
「Oracle OpenWorld」カンファレンスの開幕初日、一連のSOA(サービス指向アーキテクチャ)関連製品を発表した。数々のオープンテクノロジーへのサポートが明らかとなっている。(2006/10/24)

Interview:
BPMのパイオニア、Fuegoの資産を受け継ぐBEA
BEAは、SOA実現に向けて、統合されたサービスプラットフォームとしてAquaLogicファミリーを売り込んでいる。その重要なコンポーネントの1つである旧FuegoのBPM製品が、いよいよ10月、初の日本語版として投入される。(2006/9/25)

ITアーキテクトを探して 第2章(1):
アーキテクトはコンポーネントをうまく使う
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)のITアーキテクトコミュニティではアーキテクチャのメタモデルの作成をはじめとした基盤作りに力を注いでいる。このような“大枠の整備”と並行して、現場のエンジニアは、ITアーキテクトとして何をどうすれば現場の問題点解消に貢献できるかを懸命に考えている。このような状況の下、本連載「ITアーキテクトを探して」も、ITアーキテクトの定義付けというレベル(第1章)から、ITアーキテクトが必要とする実践的な知恵を模索する第2章へと内容を刷新する。(2006/9/1)

情報システム用語事典:
XPDL(えっくすぴーでぃーえる)
XML-based Process Definition Language / XMLプロセス定義言語(2006/8/19)

情報システム用語事典:
事務フローチャート(じむふろーちゃーと)
office flow chart / process chart / フローチャート / 業務フローチャート / 経理フローチャート / プロセスチャート / 事務工程分析図表(2006/6/10)

「ITアーキテクト塾」レポート(1):
ビジネスモデリングと“見える化”のいま
@IT「ITアーキテクト」フォーラム主催の「ITアーキテクト塾」。第1回は、いま注目される「ビジネスプロセス・モデリング」について、特にBPMN(Business Process Modeling Notation)の観点から3人のトップITアーキテクトがその有効性を論議した。(2005/12/27)

スパークスシステムズ、XMLスキーマやWSDLに対応したモデリングツールの最新版
スパークスシステムズジャパンはUML 2.0に対応したモデリングツールの最新版「Enterprise Architect バージョン6.0」の販売を開始した。(2005/12/7)

ボーランド、Eclipse統合、モデル間変換などをサポートした「Together」新版
ボーランドは、Eclipseとの統合を図ったソフトウェアモデリングツールの新バージョン「Borland Together 2006 for Eclipse日本語版」を発表した。(2005/11/15)

BPMNを活用したビジネスプロセス・モデリング(6):
BPMNをもっと知りたい人のために
 連載もいよいよ最終回。BPMNをすでに活用している方にはBPMNの将来を予想するための情報を、BPMNを活用すべきか迷っている方にはその判断に役立つ情報を提供することを目的として、BPMNの課題と最新動向について紹介します。 (2005/9/28)

来たれSOA時代――UMLモデリング推進協議会とXMLコンソーシアムが協力
UMLモデリング推進協議会(UMTP)とXMLコンソーシアムは、BPMとSOAの実現に向けた研究、調査活動を共同で推進する。またXML技術者育成推進委員会とともにエンジニア育成に向けた認定制度を推進する。(2005/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。